2004/12/18

加藤いづみ『skinny』(1994)

 加藤いづみにとって1994年っていうのは、前年('93年)に突然訪れた "好きになって、よかった" による中ブレイクを、どう持続させるか、あるいは同曲で彼女に興味を持った人をどのようにして完全にこっち側に振り向かせるか‥‥という、恐らくこれまでの彼女の音楽人生の中で一番「戦った」1年だったんじゃないでしょうか。その結果、アルバム2枚(内1枚はベスト的内容)という、これまでで一番リリースの多かった1年だったように、あれから10年経った今、思うわけですよ。

 通算4作目となるこの「skinny」というアルバム。8曲しか入っていなってことでミニアルバムと捉えることもできますが、前述の "好きになって、よかった" 以降、そしてそれよりも前にリリースされながらもオリジナルアルバムに収録されていないシングル曲が幾つかあるにも関わらず、それらを排除してまで「オール新曲」によって構築された作品集。実験的とも挑発的とも取れますが、それ以上に「従来のファンにも、"好きになって〜" 以降のファンにも、『新しい加藤いづみ』を提示したい」という意思表明のように俺は受け取ったわけ。実際、それまでの3枚と比べると何となくだけど‥‥あぁ、何か新しいことに挑戦したいというか、更にワンランク上にステップアップしたいんだな、というような聴こえ方をしたんですね。

 聴き方によってはそれまでの延長線上にある作風だろうけど、1曲1曲と取り上げると意外とこれまでとはタッチが若干違ってきているように感じられるのね。例えばアルバム冒頭の "ハッピーエンド・カフェ" と、最後を締めくくる名曲(そして先行シングルでもある)"坂道"。この2曲は特にこれまでより更に上のステージに上がりたいという意思の表れじゃないかと思える程に、作り手側の気合いがビシビシ伝わってくるんですよ。で、個人的にはそれらが上手くいっているように感じられました。というか、シングル(実は前者は "坂道" のc/w曲でもあるんですが)を最初に聴いた時点で、思わず小さくガッツポーズをしちゃったくらい。それくらい会心の一撃だったんですよ。それもあってか、この年は彼女のライヴ、結構行ったもんなぁ。「地球を救え!」の武道館ライヴもこの年でしたっけ? あれも何とかチケット取って行ったよなぁ‥‥とか。このアルバムを聴くと、いろいろ思い出すことが多いですね。

 残念ながらそういった作り手側の意思は完全に聴き手に伝わらず、このアルバムも思った以上のセールスを記録できませんでしたが、個人的には2nd「星になった涙」に匹敵するくらいの作品集です。決して派手なスタイルでもないし、癖のある歌声が人によっては苦手意識に作用するかもしれないけど、やはりこの人は俺にとって「一番大好きな女性シンガー」ですから。贔屓目を抜きにしてもね‥‥いや実際には抜きにすることなんて出来ないんですが(笑)。



▼加藤いづみ『skinny』
amazon

投稿: 2004 12 18 03:15 午前 [1994年の作品, 「10年前」, 加藤いづみ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/12/15

 電気グルーヴ『DRAGON』(1994)

 電気グルーヴを代表する1枚といっていいでしょう。これも1994年リリース。ホント、世界的に時代が動いた1年だったんですね、1994年は。

 前作「VITAMIN」でその後の「化け」の片鱗はあったものの、この「DRAGON」で一気に化けちゃいましたね。そして電気はその後「ORANGE」を経て、「A」にたどり着くんですから。全ての始まりであり、そして終着点でもある。そういう意味でも興味深い作品。それまでテクノとかに興味なくて、単純に「電気面白いよねー」と無邪気に笑ってた連中の顔を引きつらせる程の殺傷力。ド頭の “ムジナ” でまずいきなりヤラレちゃいますからね。カッコ良すぎ。海外にはエイフェックス・ツインやUNDERWORLD、ORBITALがいたけど、俺らには電気がいる!ってくらいに、これは日本が世界に誇れるテクノ作品の代表的な1枚ですよ。

 勿論どの曲も素晴らしく、インスト~歌あり~インストと、交互に配置される構成もさすがで、これまでの「歌モノ電気」を気に入っていた人も飽きさせない流れ。そしてこのアルバム、最後の最後に訪れる名曲中の名曲、"虹"。これがあることで、更にこのアルバムは名作度を高めているわけです。ホント、この曲がフロアでかかった瞬間に、未だに鳥肌立つもの。そして五島良子の声‥‥これも曲の演出に一役買っているんだよね。泣ける。泣きながら踊る。そして訪れる多幸感‥‥あれだ、もうこの曲はUNDERWORLDにおける "Born Slippy" と一緒だ。つうか我々日本人にとっての "Born Slippy"。それがこの "虹" なわけですよ。もうね、この曲1曲だけで数時間語れるし、これだけでいくらでも泣ける。俺にとってはそれくらいの名曲。

 何度も言うけど、決してこの「DRAGON」は "虹" のためだけのアルバムではないのよ。全てが素晴らしくてカッコいい。そして最後の最後に "虹" が配置されているからこそ、この作品集は我々にとって掛け替えのない1枚になった。そういうことなんですよ。



▼電気グルーヴ『DRAGON』
amazon

投稿: 2004 12 15 12:30 午後 [1994年の作品, 「10年前」, 電気グルーヴ] | 固定リンク

2004/12/03

奥田民生『愛のために』(1994)

 ユニコーンを最後に観たのは1993年の武道館だったかな‥‥その年の夏、富士急にて数バンドによるイベントを行い、実質それが最後のライヴになってしまったわけで、その後いきなり「解散しました」の告知があったんだよね‥‥同年秋頃かな。んで年末にベスト盤が出て。それから約1年、奥田民生は隠居しちゃうんだよね。テレビのバラエティー番組にバスフィッシングのために登場したりはしてたけど。

 この "愛のために" という曲がリリースされたのが、1994年秋。正にユニコーン解散から1年経った後のこと。当時スタートしたばかりの音楽番組「HEY! HEY! HEY!」のエンディングテーマに起用されたこともあり、またテレビ出演時のバックメンバーに先にユニコーンを脱退した川西さんの姿があったり等、いろいろと驚かされつつも、曲自体が非常にキャッチーなロックナンバーで、尚かつ「ユニコーンの奥田民生」をいい意味で引き継いでいるイメージもあったからか、いきなり100万枚近くものセールスを記録しちゃって。当然これが民生最大のヒット曲になってしまったわけですが。

 その後の彼の活動経緯は既にご存じの通り。今年でソロデビュー10周年。マニアックで渋い方向にだんだんと流れているようで、時々ポツリと "愛のために" 級のポップなメジャーナンバーを持ってくる("イージュー☆ライダー" とか "さすらい" とかね)憎い奴‥‥それが奥田民生に対する、俺の印象。ま、だからこそ信用でき、そして愛されているんだけどね。このまま変わらず(そして今以上更にマイペースで)20周年まで突っ走ってください。そして‥‥またいつか、「ソロ活動、解散!」とか言ってバンド活動なんかもやってみてください。あなたならやりかねないと思うけどな。



▼奥田民生『29』("愛のために" 収録)(amazon

投稿: 2004 12 03 12:01 午前 [1994年の作品, 「10年前」, 奥田民生] | 固定リンク

2004/12/02

THE YELLOW MONKEY『JAGUAR HARD PAIN』(1994)

 2004年もあと1ヶ月を切ってしまったので、1994年ネタもあと30日くらいしか扱えないわけですか‥‥そろそろ洋楽以外にも気になる作品を取り上げてみますか。

 1994年の日本の音楽シーンってどうだったか、皆さん覚えてます? コーネリアスが1stアルバムリリースしたり小沢健二が「LIFE」をリリースしたり、奥田民生が "愛のために" でソロデビューしたりMr.Childrenがアルバム「Atomic Heart」をリリースして "innocent world" でレコード大賞を獲得してしまったり。LUNA SEAが "ROSIER" で大ブレイクしてGLAYが "RAIN" でメジャーデビューして。そんな1年なんですよね。

 でこの年、個人的に印象に残ってるアルバムのひとつに、THE YELLOW MONKEYの3rdアルバム「JAGUAR HARD PAIN」というコンセプトアルバムがあるんですね。イエモン自体はデビュー時から追っていて、非常に気に入っていたバンドのひとつだったわけですが、このアルバムが俺的には決定打となりましたね。コンセプトアルバムといわれてるけど、過去2枚のアルバムよりもポップ且つコンパクトな曲が多いんですよね。歌詞は勿論初期の彼等らしい独特(文学で、エログロで、そしてロケンロー)な世界観を持った唯一無二のもので、聴き手を選ぶかもしれません。が、だからこそ俺は惹かれたんですよ。いや、惹かれたというよりも、ジェラシーを感じましたね。

 このアルバムを経て、まるで憑き物が落ちたかのようにどんどんとポップ且つメジャーになっていったイエモン。勿論その後の作品も大好きですよ。けど、この頃のツアーを思い出すと、正直今でも鳥肌立ちますね。個人的にはこの作品と「SICKS」が彼等のベストだと思ってます。



▼THE YELLOW MONKEY『JAGUAR HARD PAIN』
amazon

投稿: 2004 12 02 12:05 午前 [1994年の作品, YELLOW MONKEY, THE, 「10年前」] | 固定リンク

2004/10/28

PANTERA『FAR BEYOND DRIVEN』(1994)

 '90年代に入って、アメリカじゃグランジが爆発して、いきなりNIRVANAやPEARL JAMみたいなバンドが売れて、メインストリームと化し、それまでのメインストリームを担ってきたバンド‥‥BON JOVIとかMOTLEY CRUEみたいなバンドが落ち目扱いされてる時期があったのね。確かに全盛期の何分の一、あるいは十分の一程のセールスしか挙げられない時期がこの頃で。それでもBON JOVIなんて毎回ミリオンは達成してたんだけどね。

 '94年春。所謂メタル界のその後を占う2枚のアルバムがほぼ同時期にリリースされて。ひとつは「1位を取る事を宿命づけられた旧世代」、もうひとつは「1位なんて取れるはずないけどまぁ旬だし暴れちゃえ的新世代」。

 ヴィンス・ニール脱退から2年後に6作目のアルバム「MOTLEY CRUE」をリリースしたMOTLEY CRUE。ボーカルチェンジやリリース間隔(「DR.FEELGOOD」から4年半、「DECADE OF DECADENCE」からも2年半)が災いしてか、初登場6位。50万枚に達するのがやっとという記録。

 けどこれ、名盤だよね。隠れた名盤。「とみ宮」時代にもレビュー書いたけど(丁度1年前に書いてるのか)、やっぱりさ‥‥遅過ぎたよね。もう1年早かったらね‥‥何かが変わったと思うんだけど。

 でもこれ。今聴いても全然色褪せてないよね。MOTLEY版「THE WALL」だな。



▼MOTLEY CRUE『MOTLEY CRUE』(amazon


 そして、そのMOTLEYが後追いするように影響を受けた、'90年代版メタルといえるPANTERA。彼等のメジャー3作目となる『FAR BEYOND DRIVEN』は全米チャート初登場1位を記録。METALLICA以来の快挙といえるかも。

 けどこれ。決して1位を取るような内容だと思えなくてね。個人的にはPANTERAのアルバムの中で一番聴く頻度が低い1枚。まぁバンドの勢いとかは一番感じるんだけど、どうにもやりたいこととやってることの間に微妙なズレがあるように思えてね。あと、必要以上にハードコアになりすぎて、無理にメロウな面をそぎ落としてるようにも感じられるし。メロウなのはカバーであるラストの "Planet Caravan" のみってのもね。なんていうか、バランス悪いよね、PANTERAにしては。

 勿論、当時これが1位を取ったってことは、如何に彼等が求められていたかを象徴する出来事だとは思うんですが‥‥何かね。



▼PANTERA『FAR BEYOND DRIVEN』(amazon


 この辺からかな‥‥メタルを積極的に聴かなくなったのは‥‥一部を除いてね。

投稿: 2004 10 28 12:20 午前 [1994年の作品, Motley Crue, Pantera, 「10年前」] | 固定リンク

2004/10/26

FRANK BLACK『TEENAGER OF THE YEAR』(1994)

 今年は再結成PIXIESで我々の度肝を抜いた、フランク・ブラック。ま、PIXIESではブラック・フランシスなんだけど。正直どっちでもいいや。

 で、そんな彼が'94年にリリースしたソロ2作目「TEENAGER OF THE YEAR」。はっきり言って、名盤。ソロ1枚目が個人的にしっくり来なかったこともあり、これには思わずガッツポーズ取ったね、当時。だってタイトルからしてズルいじゃん。「TEENAGER OF THE YEAR」だよ!? それでこのジャケットだぜ‥‥ふざけるにも程がある。

 いや、嘘ですよ。正直もうPIXIESみたいなのを彼には求めてなかったし(当時はBREEDERSもいたしな、俺的には)だからこそPIXIES存続中に制作されたソロ1枚目はどうにもこうにも‥‥ね?

 いろいろ新境地と呼べる点も多く、まぁ相変わらず1分台〜3分台の曲がわんさか並んでる辺りは、さすがというか。しかもこのアルバム、全22曲、62分もの大作だからね。アナログだったら間違いなく2枚組だなこれ。更に当時の日本盤って2枚組仕様で、ディスク2として6曲入りの8センチシングルが付いてたんだよね。トータル28曲、全79分‥‥あー、CD1枚に入り切らないからか?(いや、ギリギリ入りそうだけど)マニックスですらなし得なかった偉業をフランク・ブラックが、しかもこのジャケットで実現してしまうとは‥‥しかも名盤‥‥恐れ入りました。

 さっきから改めてこのアルバムを聴き返してるんだけど、6曲目の "Speedy Marie" の中盤、ベースだけになるパートとか聴いちゃうと‥‥これがキム・ディールのゴリゴリベースだったらなぁ‥‥とか、いろいろ考えちゃうね。って当時もそんなこと考えてたよな、俺‥‥思考回路、成長無しかよ。

 カート・コバーンの死後すぐにリリースされたこのアルバム。勿論フランクはカートの死以前にこのアルバムを完成させてたし、その作品作りにカートのことが影響することはなかっただろうけど‥‥PIXIESみたいなバンドをやりたくてカートが始めたNIRVANA‥‥もしカートが生きることを選んでこの作品と出逢っていたなら‥‥また何かが変わったのかもしれないね。



▼FRANK BLACK『TEENAGER OF THE YEAR』
amazon

投稿: 2004 10 26 12:00 午後 [1994年の作品, Frank Black, Pixies, 「10年前」] | 固定リンク

2004/10/25

RIDE『CARNIVAL OF LIGHT』(1994)

 既に土曜のラジオ(#16)で告知した通り、次回#17の特集は「1994」です。1994年にリリースされたヒット作/話題作/隠れた名盤等を紹介しつつ、この年の主な出来事(主に音楽関係)について語っていく、というような内容になるかと思います。

 で、以前の日記で紹介したように、この年にリリースされた主な作品を探しているんですが、あそこに挙がった以外にも「これが抜けてるよ!」ってのがあったら教えていただきたいのです。

 昨日は新たにこれらの作品が1994年製であることに気づき、そればかり聴いてました。

* RIDE「CARNIVAL OF LIGHT」
* SONIC YOUTH「EXPERIMENTAL JET SET, TRASH & NO STAR」
* SUEDE「DOG MAN STAR」

 RIDEはホントよく聴いたし好きだったなぁ。初来日から毎回行ったもの。"Like A Daydream" 辺りから聴き始めたファンとしては、3rdの「CARNIVAL OF LIGHT」ってリリース当時は「??」なアルバムだったんだけど、今聴くと凄く良いんだよな‥‥この頃からマークよりもアンディが主導権握り始めたんだっけ? アルバムクレジット見ると、前半がマーク作メイン、後半がアンディ作メインだし。結局このバンドの場合、確たるリーダーが最初から存在しなかったがために、ああいう結果に終わってしまったのかなぁ、と。ま、だからといって今更正式に再結成して欲しいとも思いませんが。



▼RIDE『CARNIVAL OF LIGHT』(amazon


 アンディ・ベルは現在OASISでベーシストとして活躍中。マーク・ガードナーもANIMALHOUSE解散後、ソロとして活躍、つい最近来日したよね。そして最も新しいところでは、MEISTERっていうthe brilliant greenのギター松井のソロプロジェクトで数曲歌ってるようですし。アニメ「BECK」のエンディングテーマがその曲ですが‥‥これ、CCCDなのな‥‥くそぉ‥‥他にもBOO RADLEYSやREEFのメンバーらが参加してる、すっげー面白そうな1枚なのに‥‥


▼meister「I met the music [CCCD]」(amazon

投稿: 2004 10 25 07:12 午前 [1994年の作品, Ride, 「10年前」] | 固定リンク

2004/10/12

続・10 YEARS

 '94年ビルボード年間アルバムチャートは以下の通り。

NO.1:ACE OF BASE「THE SIGN」
NO.2:MARIAH CAREY「MUSIC BOX」('93年リリース)
NO.3:SNOOP DOGGY DOG「DOGGY STYLE」
NO.4:O.S.T.「THE LION KING」
NO.5:COUNTING CROWES「AUGUST AND EVERYTHING AFTER」
NO.6:PEARL JAM「VS」('93)
NO.7:TONI BRAXTON「TONI BRAXTON」 ('93)
NO.8:JANET JACKSON「JANET」('93)
NO.9:MEAT LOAF「BAT OUT OF HELL II : BACK INTO HELL」('93)
NO.10:MICHAEL BOLTON「THE ONE THING」

 んで、シングル年間チャートは以下の通り。

No.1:ACE OF BASE / The Sign
No.2:ALL 4 ONE / I Swear
No.3:BOYZ II MEN / I'll Make Love To You
No.4:CELINE DION / The Power Of Love
No.5:MARIAH CAREY / Hero
No.6:LISA LOBE & NINE STORIES / Stay
No.7:TONI BRAXTON / Breathe Again
No.8:BRYAN ADAMS, ROD STEWART, STING / All For Love
No.9:ACE OF BASE / All That She Wants
No.10:ACE OF BASE / Don't Turn Around

 文字通り、'94年のアメリカはACE OF BASEの年だったと。グランジもパンクもブッチぎっての1位ですからねぇ。そんな時代だったのか‥‥

投稿: 2004 10 12 02:04 午前 [1994年の作品, 「10年前」] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

10 YEARS 〜1994〜

 ラジオの特集用ネタで、10年前‥‥1994年を代表するようなアルバムを調べてるんですが、主立ったところは以下のような感じでよろしいですかね?

・ALICE IN CHAINS「JAR OF FLIES」
・BEASTIE BOYS「ILL COMMUNICATION」
・BECK「MELLOW GOLD」
・BLUR「PARKLIFE」
・GREEN DAY「DOOKIE」
・JIMMY PAGE & ROBERT PLANT「NO QUARTER」
・MANIC STREET PREACHERS「THE HOLY BIBLE」
・NINE INCH NAILS「THE DOWNWARD SPIRAL」
・NIRVANA「MTV UNPLUGGED」
・OASIS「DEFINITELY MAYBE」
・THE OFFSPRING「SMASH」
・PANTERA「FAR BEYOND DRIVEN」
・PEARL JAM「VITALOGY」
・PINK FLOYD「THE DIVISION BELL」
・PRIMAL SCREAM「GIVE OUT BUT DON'T GIVE UP」
・R.E.M.「MONSTER」
・ROLLING STONES「VOODOO LOUNGE」
・SOUNDGARDEN「SUPERUNKNOWN」
・THE STONE ROSES「SECOND COMING」
・STONE TEMPLE PILOTS「PURPLE」
・UNDERWORLD「DOBNOBASEWITHMYHEADMAN」
・WEEZER「WEEZER」

 以上。自分が普段聴く範疇内に限って選んでみたんですが、他にも「あれが抜けてるじゃん!」「オイオイ、あれ忘れてるよ!」ってのがあったら、ドンドン教えてください。

 勿論、全部が全部ラジオでかけられるわけじゃないですが(あまりの多さだったら、複数回に分けて‥‥例えばUS編/UK編みたいに‥‥放送したいと思います)自分の記憶が抜けてる部分、当時自分が通ってない方面等、教えていただけると幸いです。

 ちなみに1994年の主立った出来事というと‥‥

・カート・コバーン自殺
・ウッドストック'94開催
・ブリットポップ勃発
・USパンク大ブレイク
・映画「フォレスト・ガンプ」大ヒット

 ちなみにさっきからずっと、「WOODSTOCK '94」ライヴ盤聴いてます。COLLECTIVE SOULとかCANDLEBOXもこの年か‥‥

(追記)
 mixiの方で貰った情報で、以下のアルバムも1994年製とのこと。

・DINOSAUR JR「WITHOUT A SOUND」
・JIESUS LIZARD「DOWN」
・HELMET「BETTY」
・PAVEMENT「CROOKED RAIN」
・VELVET CRUSH「TEENAGE SYMPHONIS TO GOD」
・HOLE「LIVE THROUGH THIS」
・G.LOVE & SPECIAL SOUCE「G LOVE & SPECIAL SOUCE」
・JON SPENCER BLUES EXPLOSION「ORANGE」
・SHED SEVEN「CHANGE GIVER」
・RADIOHEAD「MY IRON LUNG」EP
・PRODIGY「MUSIC FOR THE JILTED GENERATION」

 そして同年に行われたロラパルーザ'94出演者は以下の通り。

■Main Stage:
・Smashing Pumpkins
・Beastie Boys
・Green Day
・A Tribe Called Quest
・The Breeders
・L7
・Nick Cave and the Bad Seeds
・Boredoms

■Side Stage:
・Stereolab
・Charlie Hunter Trio
・Shonen Knife
・Lambchop
・Guided By Voices
・The Flaming Lips
・Verve
・Boo Radleys
・Cypress Hill
・Black Crowes

投稿: 2004 10 12 01:20 午前 [1994年の作品, 「10年前」] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック