2018年11月21日 (水)

QUEEN『SHEER HEART ATTACK』(1974)

QUEENが1974年11月(日本では同年12月)にリリースした通算3作目のスタジオアルバム。『QUEEN II』(1974年)から8ヶ月という短いスパンで発表され、前作のスマッシュヒット(全英5位)も後押し、また先行シングル「Killer Queen」の大ヒット(全英2位)もあって、イギリスで最高2位まで上昇する代表作となりました。本作からはこのほかにも「Now I'm Here」(全英11位)のヒット曲も生まれ、アメリカでもアルバムは最高12位を記録(シングル「Killer Queen」も全米12位のヒット曲に)。本作を携え、1975年春には初の来日公演も実現しています。

前作ではプログレッシヴなハードロックをよりコンセプチュアルに煮詰め、また多重録音による“QUEENらしさ”を確立させることで、1stアルバム『QUEEN』(1973年)にあった“先人たちの亜流”的な評価を払拭することに成功。しかし、バンドは『QUEEN II』を同じことを続けるのではなく、その個性をさらに独特なものへと昇華させます。

スタジオ録音らしい多重録音は本作でも健在ですが、今作ではそこにより強いライブ感が加わり、ロックバンドとしてのストロングスタイルと、本来持ち合わせているポップセンス、そしてクラシックなど古典音楽への傾倒など、さまざまな音楽要素がバランスよく混在。オープニングの「Brighton Rock」や「Now I'm Here」ではドライブ感のあるハードロックサウンドを聴かせつつ、前者ではブライアン・メイ(G, Vo)がディレイを多用した津軽じょんがら風ギターソロを披露しています。

かと思えば、フレディ・マーキュリー(Vo, Piano)による英国出身らしいクラマラスなポップソング「Killer Queen」もある。さらに、ロジャー・テイラー(Dr, Vo)作の「Tenement Funster」、フレディ作「Flick Of The Wrist」「Lily Of The Valley」と組曲のような構成で、前作で得た武器を最大限に生かしている。

アルバム後半でもより際立つ個性を見せており、フレディ作のドラマチックな「In The Lap Of The Gods」、METALLICAものちにカバーしている高速ハードロック「Stone Cold Crazy」、ブライアン作のピアノバラード「Drea Friends」からジョン・ディーコン(B)作のキャッチーな「Misfire」、フレディ作の軽やかなロックンロール「Bring Back That Leroy Brown」と1〜2分程度の短尺曲が立て続けに並び、ブライアンが自らボーカルを担当するスローナンバー「She Makes Me (Stormtrooper in Stilettoes)」から「In The Lap Of the Gods... Revisited」というコンセプチュアルな展開で締めくくり。約40分、あっという間に聴き終えてしまう1枚なのですよ。

どの曲も非常に個性豊かで素晴らしく、まさに“これぞQUEEN”と呼べるものばかり。我々の知るQUEENはここでまず完成されたと言っても過言ではありません。

そして、ジョン・ディーコン作の楽曲が初めて収録されていることにも注目しておかなければなりません。4人の優れたソングライターの才能がここで開花したという点でも、本作は真の意味でのデビューアルバムと言えるのではないでしょうか。

本作がなかったら、代表曲「Bohemian Rhapsody」を含む次作『A NIGHT AT THE OPERA』(1975年)は生まれなかったはずですから。個人的にもアルバム単位で3本指に入るくらい好きな1枚です。



▼QUEEN『SHEER HEART ATTACK』
(amazon:日本盤CD / 日本盤2CD / 海外盤CD / 海外盤2CD / MP3


投稿: 2018 11 21 12:00 午前 [1974年の作品, Queen] | 固定リンク

2018年11月 5日 (月)

QUEEN『QUEEN II』(1974)

1974年3月にイギリスでリリースされた、QUEENの2ndアルバム。アメリカでは本国から1ヶ月遅れの同年4月、日本では3ヶ月遅れの6月に発売されています。

デビューアルバム『QUEEN』(1973年)はレコーディングからリリースまでに1年以上の遅れが生じ、発売された1973年夏にはすでに彼らの中では“古い”ものとなっていました。それもあってか、QUEENは1stアルバム発売直後の1973年8月からこの2ndアルバムのレコーディングを開始。結局、本作も完成からリリースまでに7ヶ月を要する結果となりましたが、「Seven Seas Of Rhye」のシングルヒット(全英10位)も手伝い、アルバム自体も全英5位まで上昇。大ブレイクの地盤を作ることになります。

このアルバムは“White Side”と題されたアナログA面(M-1「Prosession」からM-5「The Loser In The End」まで)と、“Black Side”と称するアナログB面(M-6「Ogre Battle」からM-11「Seven Seas Of Rhye」まで)で構成されたコンセプトアルバムの一種。“White Side”はブライアン・メイ(G, Vo)の楽曲が中心で(5曲中4曲がブライアンの手によるもの。残り1曲「The Loser In The End」のみがロジャー・テイラー作)、“Black Side”はすべてフレディ・マーキュリー(Vo, Piano)による楽曲とカラー分けがされており、前作『QUEEN』にあったプログレッシヴなハードロック色をより推し進めたものになっています。

また、楽曲自体も1曲1曲が単独で成り立つというよりは数曲からなる組曲的作風が強調され、その後のQUEENの諸作品に通ずるスタイルがここで早くも確立されています。

ボーカル面でも、“White Side”では「Some Day One Day」をブライアンが、「The Loser In The End」をロジャーがそれぞれ単独で歌唱しており、“Black Side”では「The March Of The Black Queen」にてフレディとロジャーのデュエットを聴くことができます。このへんでも、次作以降の布石ができあがったと言えるでしょう。

内容に関してはもはや何も言うことはない、ってくらいに完璧な仕上がり。デビューアルバムで試みたことの完成形がここで展開されており、それでいて新たな可能性も見え始めている。本作を基盤に、QUEENは次作以降音楽的拡散を続けていくわけです。

“White Side”の「Father To Son」、“Black Side”の「Ogre Battle」と両サイドを代表する楽曲がそれぞれ冒頭(“White Side”はインスト小楽曲「Procession」に続いてですが)に置かれているという点も、本作を語る上では非常に重要なことかもしれません。かのアクセル・ローズ(GUNS N' ROSES)は「俺が死んだらこのアルバムを棺桶に入れてくれ」と言ったそうですが、それくらいあの人にも衝撃や大きな影響を与えた作品。曲単位ではなく、あくまでアルバム通してじっくり味わってほしい、そんな1枚です。



▼QUEEN『QUEEN II』
(amazon:国内盤CD / 国内盤2CD / 海外盤CD / 海外盤2CD / MP3

投稿: 2018 11 05 12:00 午前 [1974年の作品, Queen] | 固定リンク

2018年10月26日 (金)

KISS『HOTTER THAN HELL』(1974)

デビューアルバム『KISS』(1974年)から8ヶ月という短いスパンで発表された、1974年10月発売のKISSの2ndアルバム。前作同様ケニー・カーナー&リッチー・ワイズがプロデュースを手がけているのですが、全体的に軽快な作風だった前作よりも重みのあるサウンドに仕上げられています。

前作はポップでキャッチーなロックンロールがベースにある楽曲が多かったものの、本作はよりタフでハードなノリの楽曲が増えています。エース・フレーリー(G, Vo)作の「Parasite」やジーン・シモンズ(Vo, B)による「Goin' Blind」「Watchin' You」などがその最もたる例と言えるでしょう。

また、全体を通してジーンが10曲中5曲でリードボーカルをとっていることも、ヘヴィさに多少なりとも影響しているのかもしれません。ポール・スタンレー(Vo, G)は以外にも3曲(「Got To Choose」「Hotter Than Hell」「Comin' Home」)しか歌っておらず、残り2曲(「Mainline」「Strange Ways」)はピーター・クリス(Dr, Vo)がリードを担当。以降の作品にも言えますが、ジーンが歌う曲が多いアルバムって作風的に重くなりがちなので、本作はそういった意味ではその先駆け的1枚かもしれませんね。

それもあるのでしょうか、本作は90年代に入ってからグランジ/ヘヴィロック系バンドから高く評価されていたような印象があります。「Let Me Go, Rock 'n' Roll」みたいにKISSのパブリックイメージまんまな楽曲もあるものの、本作でやっぱり印象に残るのは先の「Parasite」や「Goin' Blind」「Hotter Than Hell」「Watchin' You」だったりするのですから。グランジのルーツなんていうのも頷ける話です。

とはいえ、KISS史の中では本作ってそこまで人気の高い1枚とはいえず、人気曲の多いデビューアルバムや、「Rock And Roll All Nite」を生み出した次作『DRESSED TO KILL』(1975年)と比較すると地味と言わざるを得ません。まあ、地味だからこそ玄人好みするというのもありますけどね。

あと、本作は現在の“耳”で聴くと非常にこもった音質に感じられます。『KISS』も『DRESSED TO KILL』も、もうちょっと抜けがよいだけに、それらに挟まれた本作は余計にこもった感が強い気がしてしまうんです。ダークさ、ヘヴィさを演出するという点においては、そこが功を奏している気がしないでもないですが……もうちょっとクリアな音で鳴らされたとき、この楽曲群のイメージがどう変わるのかも興味深いところです。



▼KISS『HOTTER THAN HELL』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3

投稿: 2018 10 26 12:00 午前 [1974年の作品, KISS] | 固定リンク

2018年3月 2日 (金)

DEEP PURPLE『BURN』(1974)

DEEP PURPLEが1974年初頭にリリースした、通算8作目のスタジオアルバム。イアン・ギラン(Vo)、ロジャー・グローヴァー(B)の脱退を経て、新たにデヴィッド・カヴァーデイル(Vo)とグレン・ヒューズ(B, Vo)を迎えた、俗にいう第3期編成として初めて制作されたのが本作です。本国イギリスでは最高3位、アメリカでも最高9位まで上昇するヒット作となり、「Might Just Take Your Life」(全英55位、全米91位)、「Burn」(全米105位)という、小さいながらもシングルヒットも生まれました。

第3期パープル最大の武器は、イアン・ギラン以上に歌えるシンガーが2人も加入したということ。当時無名の新人だったブルージーな声の持ち主カヴァーデイル、そしてプログレ色の強いファンクロックバンドTRAPEZEとしてある程度知られていたソウルフルな歌声のグレンの加入は、バンドの音楽性にも大きな影響を及ぼします。

アルバムタイトルトラック「Burn」こそバッハなどクラシックの手法(コード進行など)を用いたリッチー・ブラックモア(G)の王道スタイルですが、続く「Might Just Take Your Life」のR&Bからの影響を感じさせる曲調、アップテンポのハードロックスタイルながらも2人のシンガーの歌声が絡み合うことでソウルフルさを増す「Lay Down, Stay Down」、ブルースフィーリングにあふれたファンクロック「Sail Away」と、ギラン時代の第2期パープルと比べるとかなり“黒く”なっていることに気づかされます。

アルバム後半もとにかく聴きどころ満載で、ファンキーなギターリフとパーカッシブなリズムが気持ちいい「You Fool No One」、従来のパープルらしさで成り立っているはずなのに歌い手が変わるとここまで雰囲気が変わるかという「What’s Going On Here」、リッチーは初期RAINBOWで、カヴァーデイルもWHITESNAKEでカバーしたプログレッシヴなブルース「Mistreated」、エンディングにふさわしいインスト「”A”200」と全8曲、するっと聴けてしまいます。

本作はどうしてもタイトルトラックの名リフおよびクラシカルなプレイが注目されがちですが、本作のキモはそこではなく、むしろ2曲目以降であることを、声を大にして伝えたい。みんな1曲目の印象で聴こうとするから、以降の曲調の違いに落胆するわけですもんね。

あと、日本のHR/HMファン的にはタイトル曲が某メタル誌の名前に用いられたこともあって、いろいろ複雑な思いを抱えている人もいるのかなと……リフを聴くと、ラジオCMや『PURE ROCK』でのテレビCMを思い出して苦笑いしてしまったり(思いアラフォー以上の世代の話ですが。苦笑)

まあ、冗談はともかく。リッチーがパープル在籍時、最後に本気を出したアルバム。その気合いの入りっぷりをご堪能あれ。あと、カヴァーデイルは近年、本作収録曲の多くをカバーした『THE PURPLE ALBUM』(2015年)とか出しちゃってるけど、まずはこっちから聴くことをオススメします。



▼DEEP PURPLE『BURN』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3

投稿: 2018 03 02 12:00 午前 [1974年の作品, Deep Purple, Whitesnake] | 固定リンク

2018年2月 2日 (金)

KISS『KISS』(1974)

アメリカ本国で1974年2月に発売された、KISSの記念すべきデビューアルバム。もともとKISSはポール・スタンレー(Vo, G)とジーン・シモンズ(Vo, G)が在籍したWICKED LESTERというバンドが前身としてあり、そこにエース・フレーリー(G, Vo)、ピーター・クリス(Dr, Vo)という“歌えるプレイヤー”を迎えたことで完成。『WITH THE BEATLES』をパロッたデビューアルバムのジャケットからもわかるように、“ハードロック版ビートルズ”をどこかで目指していたところがあったんでしょうね。

今でこそハードロックの権化だとかグランジの元祖だとかいろいろ言われていますが、このアルバムで展開されているのは若干ハードだけど軽やかなロックンロール。ジョン・レノンポール・マッカートニーのように、大半の楽曲でポール・スタンレーとジーン・シモンズがメインボーカルを務め、2人のツインボーカルがあったり4人のハーモニーがあったり、さらにピーター・クリスもいい味わいの歌声を聴かせてくれたりと、それ以前のハードロックバンドでは考えられないフレキシブルなボーカルスタイルを見せてくれます(初期の時点ではエースはまだ歌ってないわけですね)。

それにしても、こうやって曲目を眺めてみると「Strutter」「Firehouse」「Cold Gin」「Deuce」「Black Diamond」などなど、今でもライブで披露される機会の多い楽曲ばかり。つまり、KISSにとっては変わらぬ原点なわけですね、このアルバムは。もちろん、その都度その都度で軸になるアルバムというのは他にも生まれてはいますが、最終的にはここにたどり着く、そういう帰着点でもある。それはKISSというロックバンドにとってだけでなく、多くのロックバンドにとっても原点回帰的重要さを持つ1枚と言えるかもしれません。それくらい、「演奏がシンプルでカッコイイ」「メロディとハーモニーがキャッチー」「キャラの立つ歌声」など参考になるポイントが多いのですから。

ちなみに本作には「Love Theme From Kiss」というインストナンバーもあれば、それに続くハードブギー「1000,000 Years」もあり(後半のギターソロのカッコ良さといったら!)、そこから強弱がしっかりしたアレンジの「Black Diamond」(かつてYOSHIKIもクラシックアレンジでカバーしましたが、完全にX JAPAN「紅」などの雛形となった1曲ですよね)へと続く最高の流れが終盤に待ち構えています。軽やかな前半とは一線を画するヘヴィな後半は一聴の価値が大アリ。たった35分という短い時間の中にロックバンドのカッコ良さが凝縮された本作を聴かずして、KISSの魅力は語れません。

AEROSMITHがルーツロックからの影響を色濃く表したデビュー作だったのに対し、KISSはポップさをとことん追求しているあたり、両者のカラーの違いが1stアルバムの時点で浮き彫りになっているのも面白いところです。



▼KISS『KISS』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3

投稿: 2018 02 02 12:00 午前 [1974年の作品, KISS] | 固定リンク

2004年3月 3日 (水)

AEROSMITH『GET YOUR WINGS』(1974)

AEROSMITHが1974年に発表したセカンドアルバム。ファーストからのシングル「Dream On」が全米チャート・トップ100に入る小ヒットを記録したことから、レコード会社はセカンドアルバムを勝負作と考え、プロデューサーに当時アリス・クーパーの諸作品で既に成功していたボブ・エズリンを起用。ボブはKISSやPINK FLOYD等で知られている通り、緻密に作り込まれた作品を得意とする人。しかし当時のエアロは「よりシンプルに、よりストレートにロックした」作品を目指していたため、意見の食い違いが生じ、結局バンド側の意向を汲んだボブが身を引き、代わりにジャック・ダグラスを紹介。ここでの出会いが、後の名盤連発へと繋がるのでした。

■全曲解説■

●M-1. Same Old Song And Dance
アルバムからのシングルとなった、小気味良いシャッフルナンバー。軽快そうな印象なんだけど、意外とリズムが重い。そう、これがファーストとの大きな違い。ストレートで軽い印象があったファーストと比べ、全体的にどんより且つドッシリしてるリズムがこのアルバムの肝だと思ってます。勿論それだけじゃないですけどね。ポップで親しみやすいメロディを持ちながらも、演奏は結構重いという、後の彼らのプロトタイプとなった1曲かも。途中から被さるブラスもいい味出してますしね。

●M-2. Lord Of The Thighs
イントロでのヘヴィで、いろんなエフェクトをかけたギターと、ピアノの音色が印象的なミドルチューン。とにかくヘヴィ。スティーヴン・タイラーの、低音から高音へとどんどんキーが高くなっていくメロディの流れが絶妙。とにかくただひたすらカッコいい1曲。『GET A GRIP』ツアーまではよく演奏されてましたが‥‥また聴きたいですね。

●M-3. Spaced
一聴して地味な印象が強い曲だけど、メロディやコード進行、中盤での展開には非凡で光るものが感じられる不思議な曲。ちょっとソウルっぽい印象もありますよね。ギターサウンドも面白い音色を使っていて、本当にライヴを意識した作品なのかどうかはちょっと疑問。だって所々、ボブ・エズリンっぽいアイディア満載だし。アドバイスくらいはしたのかな?

●M-4. Woman Of The World
これまた重いリズムを持ったヘヴィーロック。イントロでのアコギのアルペジオや、ミドルテンポで始まって、途中でアップテンポにシフトチェンジして、また元に戻るという展開が面白い(ちょっとFACESの「Stay With Me」っぽい?)1曲で、とにかくギターのフレーズ/重ね方が凝ってる。ライヴでは殆ど演奏される機会がないだろけど、今だからこそやって欲しい、意外性の1曲。

●M-5. S.O.S. (Too Bad)
イントロのリフがカッコいい、ソウルフルなロックチューン。『LIVE BOOTLEG』での名演が有名だけど、このスタジオバージョンもただただカッコいい。やはりこのアルバムって、ギターのアンサンブルに時間をかけてるんだよね。リフやバッキングひとつ取っても、とにかくひとつの曲にいろんなフレーズが出てくる。シンプルを目指したはずなんだけど、実はかなりプログレッシヴな曲が多いのもこのアルバムの特徴。そんな中でこの曲は一番シンプルなんだよね(唯一の2分台ってこともあるしね)。一度でいいからライヴで聴いてみたい1曲。

●M-6. Train Kept A Rollin'
もはや説明はいらないでしょう。原曲以上に「エアロのバージョン」で有名になってしまったこの曲、元は1950年代のロカビリー・ナンバーなんですが、その後60年代にYARDBIRDSがカバー。このエアロ・バージョンはそのYARDBIRDSのバージョンを参考にしたと言われています。ライヴでのストレートなバージョンと違って、このスタジオテイクは2部構成。前半はミドルテンポのヘヴィなアレンジになっていて、これはこれでカッコいいのね。で、一旦終わったと思わせてからスタートする疑似ライヴテイク。こちらが現在でも演奏されているライヴバージョンの元。もはやロックンロールのスタンダードのひとつですね。このリフ、絶対に弾きたくなるもんね。

●M-7. Seasons Of Wither
アコギのアルペジオが印象的な、一風変わったバラード調ナンバー。バラードといっても「Dream On」とは対照的な、穏やかな流れで、途中で劇的に盛り上がるでもなく、どことなくサイケな雰囲気でゆったりと最後まで流れていくといった印象。俺、この曲がかなり好きでして。隠れた名曲揃いのセカンドの中でも一番好きな曲かも。ライヴ受けは悪そうだけどね。

●M-8. Pandra's Box
アルバムラストを飾るのは、ROLLING STONESの「Crazy Mama」を彷彿させる、ミドルヘヴィなロックンロール。やはりこの曲もリズムとリフが要。けど、ストーンズみたいにカラッとならず、どこかジメッとしててひねくれた印象が強いのが、エアロらしいというか、既にサードへの伏線を見せているんだよね。そういえばこの曲、珍しくクレジットにジョーイ・クレイマー(Dr)の名前が。リズム面でのアイディアが採用されてのことでしょうか。この曲でもピアノとかブラスが大活躍してて、とにかくゴージャス。

■総評■
ファーストが「ガレージロック」風な色合いが強いブルーズロックだとしたら、このセカンドは「サイケ」風ヘヴィロックンロールといった感じでしょうか。エアロの作品の諸作品の中でも特に地味な印象が強いこのアルバム、実は隠れた名盤としてフェイバリットに挙げる人が意外と多いのも事実。実際、俺にとってこの『GET YOUR WINGS』って、ストーンズにおける『BLACK AND BLUE』みたいな1枚なんだよね。実は凄いことやってるんだけど、全然そういうふうには聴こえない、非常に損な役回りの1枚。みんな騙されるなよ!?

「よりシンプルに、よりストレートにロックした」作品を目指したはずが、いざ完成してみれば、ライヴで再現できないくらいギターを重ねてみたり、転調/展開が多い曲調だったり、メンバー5人以外のサポートメンバー(ピアノやブラス隊)を積極的に導入してみたりと、考えようによっては続く3作目への伏線が見え隠れし、そういう意味では「サードへのプロトタイプ的」作品と呼べなくもないですね。けど、決定的な違いはリズム感。とにかく重い。この重さは後に『ROCKS』というアルバムで再び再現されるのですが、本当にこれがあのファーストを作ったのと同じバンドか?と疑ってしまう程の成長が伺えます。エアロに手を出す時、まぁまず最初に聴くべき作品ではないものの、深く付き合ってしまうとたまらなく魅力的に思える、そんなアルバムです。



▼AEROSMITH『GET YOUR WINGS』
(amazon:国内盤CD海外盤CD

投稿: 2004 03 03 12:00 午前 [1974年の作品, Aerosmith] | 固定リンク

2003年5月 3日 (土)

KRAFTWERK『AUTOBAHN』(1974)

ドイツのエレクトロ・ポップ/テクノ・ポップ・ユニット、KRAFTWERKが1974年にリリースした4枚目のアルバムであり、彼等を全世界的に有名な存在へと導いた名作でもあるこの1枚。早くも来年でリリース20周年ですよ。っていうか、リリース当時は当然赤ん坊だった俺、そんなこと知る由もなく‥‥実際に彼等の名前を知ったのは'86年の「ELECTRIC CAFE」から。そしてこのアルバムに出会ったのはそれから約5年も後の話。何故このアルバムに手を伸ばしたかというと、単純にその頃プログレやその流れにある音楽に興味を持ったから。そしてもうひとつ‥‥翌'92年に自分が実際にホンモノの「アウトバーン」を通ることになったから。ま、こっちの方が理由としては大きいわけですが‥‥

話を元に戻しまして‥‥当然'74年なんて時代には「テクノ」なんて呼び名はなく、まだYMOのメンバーもそれぞれ別個でプロミュージシャンの道を歩み始めたか始めないかの頃。そんな時代に遙か遠くドイツの地では4人の若者が時代の最先端を行く技術を使って、全く新しい音楽を作り出した。それがこのアルバム‥‥タイトルからも判る通り、実際にドイツを通っている高速道路「アウトバーン(AUTOBAHN)」をイメージした、所謂コンセプトアルバムのような作品で、タイトルトラックとなる "Autobahn" は22分にも及ぶ大作。アナログ盤ではこれで片面1曲でしたからね。初めて聴いた頃('91年頃)、自分自身の中でも「これはテクノなのか、プログレなのか?」とかなりジャンル分けが難しいなぁと感じたアルバムでした。が、今となってみれば、そんなジャンル分けこそどうでも良くて、本当に時代の先端を行っていた凄いアルバムだなぁと感心するばかり。実際、リリースから約20年経った今聴いても、サウンド的には多少の古さを感じさせる箇所はあるものの、それでも新鮮に接することのできる1枚ではないかと思います。

実際、昨年末に来日した際にこのアルバムからそのタイトルトラックのショートバージョンを演奏したのですが‥‥若干今風のアレンジを加えつつも、基本構成は当時のまま。けど、やはり古さとかは全然感じなかったですよ。逆にね、これまでKRAFTWERKに触れてこなかった音楽ファンがこれを聴いても「面白い!」と純粋に楽しめるんじゃないでしょうかね。

単調な電子音によるリズムに合わせ起伏を持った展開をしていくタイトルトラックの素晴らしさもさることながら、久し振りに聴いて感動したのはアナログでいうB面の方ですよ。組曲となった4曲から構成されていて、重厚なイメージでエレクトロニカ的な匂いさえ漂わせる "Kometenmelodie 1" から、メロディアスでポップなシンセサウンドが耳に残る "Kometenmelodie 2" への流れも気持ちいいし、環境音楽的な電子音による "Mitternacht" から、生音(ピアノやリコーダー)を重視した癒し系サウンドを持つ "Morgenspaziergang" への流れも圧巻。所謂歌モノ的要素はほぼ皆無だし、パートによってはかなり気難しそうな印象を与えるサウンドを発してるんだけど、全体的には非常にポップな作りで、その後彼等が「テクノ・ポップ/エレ・ポップの元祖」と呼ばれるようになった理由がこの1枚からも十分に伺えることでしょう。

現代の耳で聴いてしまえば、全体的に使われているサウンドはひとつひとつを取り出してみれば非常にチープだし、ぶっちゃけ現代のテクノと呼ばれるジャンルの音楽よりもよっぽど無機質で高揚することもないようなものなのに、何故か心地よい。それってやはりその根底にあるメロディ(シンセのメインリフ等)が非常にポップで、尚かつ長尺な楽曲や組曲で構成されていながらも非常にポップ‥‥とにかく全てにおいてポップだからというのが大きいのでしょうね。

このアルバム、当時は母国ドイツのみならず、イギリスやアメリカでもチャートのトップ5入りをする大ヒットを記録しているんですね。恐らくその後ヘヴィメタルバンドのSCORPIONSが大ブレイクするまで、最もアメリカで成功したドイツのバンドだったんじゃないでしょうか?

で、最初の話題に戻りますが‥‥'92年2月、俺は初めてドイツの地に足を踏み入れ、そのアウトバーンを通ったわけですよ。これといった物珍しいものはなく、単なる高速道路なわけですが‥‥何故かひとり興奮していたのを今でも覚えています。当然、日本から持っていったこのアルバムのカセットをウォークマンで聴きながら通過しましたよ。バカバカしいかもしれないけどホントの話。けどさ、やっぱりそういうのって大切じゃない?(って思ってるのは俺だけ??)

よくBEATLESとかROLLING STONESとか、あるいはLED ZEPPELINやDOORSといった'60~'70年代に活躍した歴史的なバンドの作品を、初めて聴いてから何年か、何十年か経ってから聴くと、初めて聴いた時とは違った印象を受けるとか今まで気づかなかったところに気づくなんて声を聞くと思うんですが、それは何もロックバンドに限ったことではなく、このKRAFTWERKにも言えることなんじゃないでしょうか? 事実、俺は初めて聴いてから12年近く経った今聴いても、このアルバムは新鮮だし当時気づかなかったところに気づいたりして、あの頃以上に楽しめますよ。これから聴いてみようって人で、もしこのアルバムが気に入ったなら‥‥数年後、あるいは10年後にまた引っ張り出して聴いてみてください。自分が歳を重ねた結果なのか、単純にいろんな音楽を聴いてきた結果なのかは判りませんが、全く違った楽しみ方が出来るはずですから‥‥



▼KRAFTWERK『AUTOBAHN』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2003 05 03 03:47 午前 [1974年の作品, Kraftwerk] | 固定リンク