2017/04/05

AEROSMITH『TOYS IN THE ATTIC』(1975)

Geffen Records移籍以降の全スタジオ作品は紹介しておきながら、70年代のアルバムは2nd『GET YOUR WINGS』(1974年)止まりだったことに改めて気づいた今日この頃。スティーヴン・タイラーのソロ来日公演も近づいておりますし、ここらでひとつAEROSMITHの全アルバムレビューを完成させたほうがいいのではないかという気がしております。

ということで、手始めに1975年の出世作『TOYS IN THE ATTIC』から取り上げていきましょう。本作はAEROSMITH通算3作目のオリジナルアルバムで、「Sweet Emotion」(全米36位)、「Walk This Way」(全米10位)というヒットシングルを生み出しています。また、本作のヒットに導かれるように、1stアルバムからのシングル「Dream On」も再発されて全米6位というヒット曲になりました。

ミディアムテンポのヘヴィでサイケなロックンロールが中心だった前作『GET YOUR WINGS』から一変、本作では非常に軽やかかつハードなロックンロールを聞かせてくれます。オープニングのアップチューン「Toys In The Attic」の時点で、その違いは一聴瞭然。続く「Uncle Salty」は前作の流れにあるサイケデリックな香りのするロックナンバーですが、前作までとは違って“もったり”感が消え、より軽やかさが増している。それは3曲目「Adam's Apple」にも言えることで、この2曲は前作に入っていても不思議じゃないのにどこか違う次元に思えてしまう。プロデューサーも前作から引き続きジャック・ダグラスが務めているのに、どこか違って聞こえるのだから不思議なものです。

そして、本作がこれまでとは大きく違っていることを決定付けるのが「Walk This Way」「Sweet Emotion」、さらに「You See Me Crying」といった楽曲群です。「Walk This Way」でのファンキーなプレイ&サウンドは、のちのエアロにとって重要な要素になり、80年代にはヒップホップとの邂逅へと導く礎となります。「Sweet Emotion」でのサイケデリックな味付けは前作とはまた違ったものがあり、サイケさの中にも重心の低いゴリゴリしたサウンドが存在しており、バンドの体質がここまで変化したかと驚かされます。さらに「You See Me Crying」のような美しいピアノバラードが加わったことは、このバンドの楽曲の幅を一気に広げていくひとつのきっかけになるわけです。とはいえ、この曲を作った頃にはその20数年後に他人が書いたバラードで全米1位を獲得するとは、夢にも思ってないでしょうけどね。

この他にも軽快なブギー「Big Ten Inch Records」、イントロのアルペジオが印象的なポップロック「No More No More」、次作への片鱗を感じさせるヘヴィな「Round And Round」と楽曲のバラエティさが一気に加速していることが伺えます。完全に確変したことが伺えるし、そりゃヒットするわなと思わずにはいられない傑作。ここからエアロにとって最初の快進撃がスタートするわけです。



▼AEROSMITH『TOYS IN THE ATTIC』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2017 04 05 12:00 午前 [1975年の作品, Aerosmith] | 固定リンク

2004/12/06

QUEEN『A NIGHT AT THE OPERA』(1975)

 「とみ宮」時代に執筆しておきながら、アップするチャンスがないまま現在に至る、というレビューが幾つかあるんですね。そして、「とみ宮」終了後に次サイト‥‥まだこういう形で再開しようと決める前に、とりあえず書いていたレビューも少々あるんですわ。で、そういう浮かばれないレビューを紹介しようじゃないか、と。特にQUEEN、AEROSMITH、THE WiLDHEARTS関係のレビューに多いんですわ。

 そのままアップできるものはそのまま、中には時間が経ち過ぎて多少手を加えたくなるものもあるので、そういうのは書き直したりして。そんな感じで時々アップしてこうかと思います。

 というわけで、最初はQUEENのこの名盤から……。

 QUEENが1975年にリリースした通算4作目のオリジナルアルバム。日本では『オペラ座の夜』という邦題で馴染みがあるかと思います。一般的にQUEENのオリジナルアルバムでまず最初に手が伸びそうなのが、この辺のアルバムなのかな? 最近では某ドラマの影響で「I Was Born To Love You」がもてはやされてますが、やはりQUEENといえば「Bohemian Rhapsody」だ、というのは今も昔も変わらないですよね。良くも悪くも、QUEENというバンドのパブリック・イメージを決定づけた1曲。その名曲中の名曲を含むオリジナル作という以上に、その音楽的キャパシティの広さ、クオリティの高さにただただ息を呑むばかり……そんなアルバムです。

 1曲1曲を取り出せば、ホントにいろんなタイプの楽曲が存在するんですよ。ストレートなハードロックだったり、アコースティックバラードだったり、ポール・マッカートニーを彷彿させるポップナンバーだったり、ボードビルっぽいオシャレな曲だったり、オペラを彷彿させる8分以上ある大作だったり……メンバー4人が皆、独立したソングライターというのもあるし、ベースのジョン・ディーコンを除く3人がリードボーカルを取れるという強みもある。そういう意味では非常にBEATLESやKISS的なんだけど、音楽的には本当に幅広い、いや、広過ぎる。ロックに拘らない貪欲なミュージシャンシップとでもいいましょうか。それが時として仇になる場合もあるんですが、ハマッてしまえばもうこっちのもの。二度と抜けられないんですよね、この世界から‥‥

 ストレートなハードロック色が強かったファースト、トータル性を重視したコンセプトアルバムだったセカンド、そこから更に一歩踏み込んだサード……ときて、この4作目でQUEENはひとつの完成型を生み出すわけです。いや、それまでの完成型であるにも関わらず、更に高みを目指そうとしてるんじゃないか。改めて個々の楽曲を聴くと、そう思えてなりません。だってアルバム1枚を通して表現してきた世界観を、1曲の中に全て詰め込むことに成功してるんですから。

 個人的には『「Bohemian Rhapsody」が入ってるオリジナル作』というよりも、『「You're My Best Friend」と「Love Of My Life」が入ってるアルバム』という認識の方が強いかな。だって「Bohemian Rhapsody」はベストやライヴ盤買えば、必ずといっていい程入ってるしね。ま、それら全部をまとめて聴けて、更に「Death On Two Legs」や「I'm In Love With My Car」といったハードロック・チューン、「The Prophet's Song」といった壮大なオペラチューンも聴ける。というか、散漫なようで非常に練られていて、アルバムとしてすんなり聴けちゃう1枚なんですよね。曲間が殆どない箇所が多いから、アナログだったらどこからどこまでが1曲なのか判らないこともあったんじゃないかしら?

 とにかく。オープニングからラストのイギリス国歌「God Save The Queen」まで、じっくり味わってください。こんな優雅なアルバム、今の時代には殆どお目にかかれないでしょうからね。



▼QUEEN『A NIGHT AT THE OPERA』(amazon

投稿: 2004 12 06 03:40 午前 [1975年の作品, Queen] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/09/05

とみぃ洋楽100番勝負(17)

●第17回:「Bohemian Rhapsody」 QUEEN('75)

 これまたベタですが。QUEENとの出逢いはMTVで観た "Radio Ga Ga" や "I Want To Break Free" のPV。ポップだし面白いとは思ったけど、決して「ロック」的なカタルシスは感じなかったのね。その後、"One Vision" って曲で初めてリアルタイムでQUEENのカッコ良さに気づいて、「KIND OF MAGIC」ってアルバムにやられて。多分、このアルバムから入ったから、俺は'70年代の王道ハードロック路線も、'80年代の王道ポップ路線も、同時に好きになれたんだと思う。

 で、当時の新作を聴いてQUEENに興味を持った俺は、当然過去の作品に遡るわけですよ、レンタル屋に行って。ひとつ前のアルバム「THE WORKS」には前述の2曲も入ってるし確かに馴染みはあったんだけど、俺はここで「GREATEST HITS」を手にしたわけ。当然でしょうね、普通はベスト盤に手が伸びるもの。

 ご存知の通り、この "Bohemian Rhapsody" は「GREATEST HITS」の1曲目に収録されてるんですね。で、当然のようにその世界観にやられてしまうわけ。この6分近くある長尺の1曲の中に、ロックの「起承転結」全てが凝縮されてるだけでなく、他ジャンル‥‥クラシックやオペラといった、およそロックとは結びつかないようなジャンルまでも取り込んでるわけですよ。もうね、ロックを大して知らない俺は感動しちゃったわけですよ、「これは新しい!」って。既に10年も前の曲なのにね、その時点で。

 俺、カラオケに行って気分がいいと必ずこの曲を歌うんですよ、ひとりで。中盤のオペラパートもアホみたいにひとりで全部こなして。ホント、ただのアホですよ。つーことは、それを披露した時に居合わせたあなたは、俺が気を許した「仲間」のひとりってわけですよ。ま、最近では滅多に披露しませんけどね(疲れるし)。

 一度だけ、この曲をライヴで聴いたことがあるんですよ。あ、QUEENは当然生で観たことないので、カバーなわけですが。昔「LIVE UFO」ってイベントがあったでしょ、ミスチルと桑田が過去の洋楽名曲をカバーする、あれ。俺、2回くらい観に行ったんですが、そこで桜井が歌うわけですよ、この曲を‥‥正直、「勝った!」って思ったね。年季が違うもん、この曲に関しては(この曲だけな!)。

 ‥‥嘘です。多分負けてます。いや、負けということにしといてあげるよ!(何故そんなに強気!?)



▼QUEEN「GREATEST HITS」(amazon

投稿: 2004 09 05 12:00 午前 [1975年の作品, Queen, 「100番勝負」] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/05/19

LOU REED『METAL MACHINE MUSIC』(1975)

なんつーかね、すっげーイライラしてるんですよ。「何に?」だって!? あれですよ、「FUJI ROCK FESTIVA04」に出演が決まった、ルー・リードに対するみんなのリアクションにですよ! ホント、なんかね‥‥久し振りにネット上の(一部の)音楽ファンを見てて、悲しくなった‥‥というか、ぶっちゃけ頭にきたね。本気で。

誰々がよくて、ルー・リードはトリの器じゃない、とかさ。トリにはもっとメジャー級を持ってこいとかさ。「○○(ヒットチャート上でも成功を収めている若手バンド)の方がいい」とかさ‥‥バカじゃねーの??

なんかね、もうそういう人っていくら「フジロックには誰が来ても行く!」とか言ってても、結局は「ひとつふたつは超売れっ子を観て帰らないと満足しない!」っていうような感じなんでしょうね。まぁさ、そんなもんだとは判っていてもね‥‥ルー・リードが貶されてるのを見ると、さすがにさ‥‥何がロックファンだよ!?って話ですよ。

久し振りにフォント弄りする程怒り狂っている俺ですが‥‥そんな今の心境にピッタリのアルバムを今日は紹介します。ルー・リードといえばこれ!とは決して言い難い1枚ですが、間違いなくその後の歴史を変えた作品ですよね。

今から30年近く前にリリースされた、この暴力的な2枚組アルバム(アナログでは2枚組ですが、CDでは1枚に全部収まってます)。俺がその存在を知ったのは、多分'90年代に入ってから。SONIC YOUTHの「GOO」というアルバムで彼らにハマり、その後彼らの作品を遡って聴いていくと、また彼らのことをいろいろ調べていくと、必ずといっていい程、『ルー・リードの「METAL MACHINE MUSIC」を発端に~』という壁にぶつかるわけ。当時、デヴィッド・ボウイ経由でTHE VELVET UNDERGROUNDやルー・リードのソロ作品は通過していたんですが、このアルバムのことは知らなかったのね。で、調べてみるとアナログ盤も暫く廃盤、CD化は未だされていないという話で‥‥噂が噂を呼んで俺の周りでも「どんなにスゲーアルバムなんだろう?」とにわかに盛り上がってね。

'91年初頭。多分六本木の「WAVE」だったと思うけど、そこで白っぽいジャケットにゴスメイクのルー・リードが写った、如何にもブートっぽい1枚のCDを見つけて。そのタイトルが「METAL MACHINE MUSIC」‥‥へっ、これが!? けど、俺が以前雑誌で目にした黒っぽいジャケットとは違うじゃない!? けど店頭のポップ(店員の手書きによる推薦文)には「奇跡のCD化!」とか書いてあるし‥‥う~ん、これ買おうかどうか‥‥確か3,000円近くしたんですよ、当時このアルバム(これ、EU盤のみのCD化だったこともあって、余計に高かったんですよね)。まだ浪人生で金のなかった当時の俺は、結局同じ頃にリリースされたばかりのデヴィッド・リー・ロスの新譜を買って帰ったんだよねぇ(だって、ジェイソン・ベッカーがギター弾いてるんだもん!)。

それから1年半近く経って、ルー・リードの旧譜(BMG/Arista盤)が日本で一斉に再発されてね。そこにはこの「METAL MACHINE MUSIC」も含まれていて。しかもオリジナル・ジャケットで! 当然買うわけですよ。

買ってから12年近く経つわけですが‥‥未だに通して聴いたのは数回のみというこのアルバム。ハッキリいって、万人にお勧めする内容ではありません。上に挙げたようにSONIC YOUTHだとか、所謂ノイズ系/インダストリアル系のルーツとして名前が挙がる1枚ですが、普通にロックアルバムと思って手を出すと痛い目をみます。

アナログ時代は2枚組、片面15~7分×4面。CDだと62分に渡る、全編エレクトリック・ノイズ。ギターのフィードバック音だったり電子ノイズだったり‥‥そういったサウンドとも呼べないようなサウンドが、延々続くわけです。勿論そこにはルー・リードの歌なんて一切ない。リズムもなければメロディもない。かろうじて、ノイズとノイズがぶつかることによって生じる奇跡的なハーモニーがあるだけ。いや、それだって通常のハーモニーとは異なる種類のもの。音楽における三要素‥‥リズム・メロディ・ハーモニー‥‥これらがないと受け付けられない、って人には絶対にお勧めしない作品。それがこのアルバムなのです。

けど‥‥今久し振りに引っ張り出して、爆音で聴いてるんだけど‥‥スッゲー気持ちいい。何だろう、ムシャクシャしてた荒れた心が癒されるっていうの? いや、違うか‥‥けど聴いてて無心になれるし、本当に気持ちよくなってくるのは確か。人によって「どこからどう聴いてもただのノイズじゃん」と切り捨てられるだろうし、実際そう感じる人が大半だと思うけど、何故か今日の俺にはしっくりくるアルバム。

一時期、BOREDOMSとかあの辺のジャンク・ミュージックというか、そういうノイジーなバンドが一部で流行ったことがあったけど、あれを聴くとやっぱりこのアルバムがあったからこそなのかな‥‥なんて思えるし、その後のシューゲイザーとかグランジとかにもこういう側面があったし、それこそ最近のRADIOHEADなんかにも通ずるものを感じ取ったり‥‥勿論、単なるこじつけと言われればそれまでだけど、やっぱりただのノイズアルバムでは済まされないんだよね、これ。

リリースから30年近く経った現在においても、ルー・リードは何故このアルバムを作ったのか、その理由を明確にしていません。きっと死ぬまでその理由は白状しないと思うけど。これが特異な作品だとは頭で判っていてもね‥‥オマエの好きなロックがどないなもんじゃ!?って思うわけですよ。ホント、今日だけは言わせて。明日からまたいつも通りの更新に戻るから。

「けっ、ルー・リードかよ‥‥○○の方が良かったなぁ」とか言った奴ら。


お前等全員死刑。



▼LOU REED『METAL MACHINE MUSIC』
(amazon:海外盤CD

投稿: 2004 05 19 03:29 午前 [1975年の作品, Lou Reed] | 固定リンク

2004/05/04

KISS『ALIVE!』(1975)

もうね、何というか‥‥エンターテイメントを追求したロックンロールのひとつのあり方を、50歳過ぎてまで(!)限界ギリギリまで我々に提供し続けてくれているKISSをね、どこかバカにしながらも(だって解散ツアーと銘打って何年続けるんだよ!?って素直に思うじゃないのみんな)やはり尊敬の目で見つめてしまう別格。俺が保育園に通ってた頃からずっと現役なわけよ!? AEROSMITHにしろ、ROLLING STONESにしろ、そのやり方に違いこそあれど、30年以上に渡りロックンロールし続けているってのは、本当に凄いことだと思うわけです。

実際に観た人も多いかと思いますが、数日前(2004年5月2日)にNHKにて'77年の初来日時のライヴが放送されました。勿論これは当時放送された番組をそのまま放送したもので(古くなった映像や音声を多少修正したようですが)、初めて「全盛期のKISSライヴ」を観たっていう若い世代も多いかと思いますが、実は俺、これを観るのはもう何十回目、いや、何百回目なんですよね‥‥

高校の頃、修学旅行で行った京都で、友達がこの番組のブートビデオを買ったんですよ。そいつ、俺とKISSやAEROSMITHのコピーバンドをやってたもんで、それを帰宅してから一緒に観まくったものです。真似もしたよなー、うん。奴がエース・フレーリーのコピーを散々やって、俺は無理矢理(当時)殆ど弾けなかったギターを弾かされてねぇ、しかもポール・スタンレーのパートを散々ね。"Destroit Rock City" の、あのツインリードのパートとかも、間違ってエースのパートを覚えてきて怒られたりしてね。ノーメイク時代のビデオ('80年代前半)や'88年の武道館公演の某衛星放送のやつとか散々観てたはずなのに‥‥

でね、やっぱり衝撃でしたよ。演奏は確実に'80年代以降の方が技術的に上なのに、それをも上回る勢いと、神がかったオーラというか‥‥メイクをしてる/してないでここまで違うのかな‥‥いや、演奏スタイルも'70年代の方がもっとオーソドックスなハードロックというかシンプルなロックンロールだよな、'80年代以降の楽曲や良くも悪くもLAメタル以降だしな、とか、いろいろ考えたりして。

その後、上京してから西新宿のブート屋でこの放送の「完全版」と銘打たれたビデオを購入してね。放送されなかった曲を含めたライヴ当日の完全版だそうで、確かにカメラアングルも違うし変な字幕も入らないし。映像の荒さは仕方ないんだけど、やっぱり凄いな‥‥比べ物にならないくらいに。

KISSのライヴを初めて観たのはそれから数年後、'95年1月のノーメイク時代。どうかな‥‥と思ったんだけど、やっぱり面白かった。KISSはKISSのまま。'97年にはメイク&オリジナルメンバーでの来日で、ドーム公演だったもののやっぱり凄かったし、その後ももう1回観たのかな‥‥もはやポールとジーン・シモンズだけだろうが、全然問題なし。KISSが自分達の原点に立ち返って、何をすべきか、どうやってすべきかってのを理解した時点で、勝ち試合がこの先も続いて行くことは決まったようなもの。後は「老い」とどう向き合っていくか‥‥それだけでしょうね。

このライヴアルバム「ALIVE!」は先の初来日の2年前、'75年のライヴを完全収録した2枚組。初期3作からの選曲なので当然 "Detroit Rock City" も "Love Gun" も入ってないわけだけど、ここには「ポップでシンプルでヘヴィなロックンロール」を信条としたKISSの原点が詰まっていて、ビジュアル重視な彼らだけど「如何にロックンロール・バンドとして優れているか?」を伺い知るには恰好の教科書だと個人的には思ってます。

曲の良さは言うまでもなく、やはりライヴならではの迫力/圧倒感はスタジオ盤からは伝わってこないもの‥‥特に初期のKISSのスタジオ音源はスカスカなものが殆どですからね(その辺を補強するために、続くスタジオ作「DESTROYER」では名プロデューサー、ボブ・エズリンを迎えることになります)。圧巻なのはディスク2ですかね。エンディングの "Black Diamond" に向けて盛り上がる構成は、本当に凄いの一言。ロック好きでこれを聴いてないって人はモグリですよ!

KISSはアルバムも沢山出てるし、同時にベスト盤も数種出てる。だから「どれから聴いていいか判らない」って人が多いのも事実。だったらまず、このライヴアルバムから聴いてみては如何でしょうか? 知ってる曲は半分にも満たないかもしれないけど、ロックファンを自認するあなたなら、絶対に聴いて興奮するし、気に入るはずだから。騙されたと思って!



▼KISS『ALIVE!』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2004 05 04 04:12 午前 [1975年の作品, KISS] | 固定リンク