2019年2月11日 (月)

THE KNACK『GET THE KNACK』(1979)

1979年6月にリリースされた、THE KNACKの記念すべきデビューアルバム。「My Sharona」(全米1位)、「Good Girls Don't」(同11位)のヒットも手伝い、アルバム自体も全米1位を記録。200万枚以上を売り上げる代表作となりました。

1978年結成というど新人の彼らが、なぜデビューまもなくして「My Sharona」というメガヒットを生み出すことができたのか。当時小学生だった自分には知る由もありません。ルックスが良いわけでもないですしね。そう考えると、単純に曲の良さ・強さにより、ラジオを中心に広まっていったと考えるのが正しいのでしょう。実際、クセになる曲ですしね。

バンド自体はニューウェイヴの流れから誕生したのでしょうけど、ここで展開されるサウンドはパワーポップと呼ばれるジャンルそのもの。4ピース編成(ギター×2、ベース、ドラム)で奏でられるシンプルなスタイルは、アルバムジャケットのアートワークも手伝って、どこか“次世代のビートルズ”を思わせるものがあったのかもしれません。同時代に活躍し、同じビートルズの影響下にあるCHEAP TRICKは文字通りアイドル的色合いもありましたが、THE KNACKに関してはそういった要素は皆無(苦笑)。ですが、曲のキャッチーさに関しては負けていないわけです。

ハードロックほど歪み切らないギターサウンドと気持ち良いハーモニーを軸に、このアルバムはドライブ感の強いアップチューン「Let Me Out」で幕を開けます。この曲のカッコ良さといったら……正直、自分は「My Sharona」よりも上だと思っています。その後もアップダウンを繰り返しながら、極上のポップチューンを聴かせてくれる。「She's So Selfish」のクールさ、「Maybe Tonight」の切なさったら、もうね。たまりませんよ(笑)。

アルバム後半にはバディ・ホリーのカバー「Heartbeat」も収録されており、このアレンジも素直にカッコいいもの。「Lucinda」で聴けるR&B調アレンジも意外性があって良いし、全12曲本当に無駄がないんですよね。

思えばあの頃はTHE CARSやDEVO、BLONDIEといったバンドがウケていたわけで、その流れにありつつもうちょっとベーシックなロックバンド(なおかつ曲がキャッチー)というのもあって、受け入れられたのかな……のわりにバカ売れしたのはこの1枚で、あとはひたすら下降する一方でしたが(苦笑)。いや、その後も良いアルバム、結構あるんですけどね。『SERIOUS FUN』(1991年)とか『ZOOM』(1998年)とか。

個人的には、2005年のフジロックで彼らを観られた(しかもドラムがMR. BIGのパット・トーピー!)のが一生の思い出。ナマで「My Sharona」を聴けたわけですし。その5年後、フロントマンのダグ・フィーガー(Vo, G)は亡くなってしまうので、あれが最初で最後のチャンスだったんですよね……。



▼THE KNACK『GET THE KNACK』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3


投稿: 2019 02 11 12:00 午前 [1979年の作品, Knack, the] | 固定リンク

2019年2月10日 (日)

CHEAP TRICK『DREAM POLICE』(1979)

1979年9月発売の、CHEAP TRICK通算4作目のオリジナルアルバム。当初は同年前半にリリースされる予定でしたが、日本から遅れて発売されたライブアルバム『AT BUDOKAN』(1978年)の大ヒットにより発売延期となっていました。しかし、『AT BUDOKAN』から良い流れを受けて、本作も全米6位という好成績を残すことができたので、結果オーライと言えるでしょう。

初期3作(1st『CHEAP TRICK』、2nd『IN COLOR』、3rd『HEAVEN TONIGHT』)でバンドとしてのカラーを完全に固めた彼らは、『AT BUDOKAN』でライブバンドとしての強みをアピール(なおかつ、初期楽曲の良さも同時アピール)することに成功。続く4作目ではそこから一歩踏み込んで、スタジオ作品として優れたアルバム作りに取り組みます。

『IN COLOR』以降の作品を手がけるトム・ワーマン(MOTLEY CRUEPOISONKIXなど)が再度プロデュースを担当した本作は、曲によってオルガンやピアノ、ストリングスなどをフィーチャーし、1曲1曲の完成度を高めることに挑みます。

シングルカットされた「Dream Police」はストリングスを導入した、伸びやかかつスリリングなアレンジを堪能できますし、かと思えば「Gonna Raise Hell」では初期の彼らが持つヘヴィさを10分近いセッションの中に凝縮させることに成功。「Voices」のように美しいバラードもあれば、ビートルズの名フレーズまで登場するゴキゲンなロックンロール「The House Is Rockin' (With Domestic Problems)」も飛び出すし、トム・ピーターソン(B)がボーカルを務める「I Know What I Want」、サイケデリックなミディアムスローチューン「Need Your Love」もある。甘くとろけるようなキャッチーさの中に時折見え隠れする凶暴さ、狂気性にドキッとさせられる、一筋縄でいかない感じがいかにもCHEAP TRICKらしい1枚です。

初期3作と比較してバンドとしてのタフさが確実に増している。そこを良しとするか否かで本作の評価はガラリと変わりそうな気がします。1作目や2作目が好きというリスナーは、もしかしたら本作で展開されるハードロック寄りの世界観は気に入らないかもしれませんし。逆に、ハードロック寄りのリスナーは初期3作に対して持っていたチープさがこの『DREAM POLICE』で解消される。聴き手の立場によって、そのへんの捉え方は変わってくるのでしょうね。

パワーポップと呼ぶにはハードロックすぎるのは確かにあると思います。が、彼らの歴史を語るうえでは欠かせない1枚なのも間違いない事実。本作以前と本作以降でいろんな流れが変わるという意味でも、分岐点となる重要作と言えるでしょう。



▼CHEAP TRICK『DREAM POLICE』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3


投稿: 2019 02 10 12:00 午前 [1979年の作品, Cheap Trick] | 固定リンク

2018年12月 5日 (水)

JUDAS PRIEST『UNLEASHED IN THE EAST』(1979)

1979年秋にリリースされたJUDAS PRIEST初のライブアルバム。同年2月に行われた2度目の日本公演から、今は亡き東京厚生年金会館と中野サンプラザの公演から抜粋された9曲が収録されています。

日本盤は当初、9曲入りLPに4曲入りEPを付けた2枚組仕様で発表されましたが、2001年の世界共通リマスター盤リリース時からEP収録の4曲がボーナストラックとして追加され、現在は13曲入り/60分強のライブ作品として流通しています。また、日本盤のみ『PRIEST IN THE EAST』というタイトルでしたが、この2001年の共通りマスター盤から海外盤と同じ『UNLEASHED IN THE EAST』に変更されています。

ファンならご存知のとおり、この2度目の来日時はロブ・ハルフォードが滞在していたホテルの空調で喉をやられ、決してベストとは言い難いボーカルパフォーマンスだったそうです。それもあり、後日スタジオにて一部のボーカルパートのみ再録音されています。なので、純粋なライブ作品とは言い難いですが、KISSしかり今となってはライブアルバムにもあとから手を加えることは日常茶飯事となりつつあるので、“作品として”楽しむぶんには全然問題ないのではないかと思います(さすがにライブ中に事前録音したボーカルパートを流すのはご法度ですが)。

選曲的には5thアルバム『KILLING MACHINE』(1978年)リリース直後とあって、それまでのアルバム(1974年の1stアルバム『ROCKA ROLLA』は除く)からのベスト選曲となっています。オープニングは4thアルバム『STAINED CLASS』のトップナンバー「Exciter」。ライブならではの生々しい演奏と、変なエフェクトが加わった観客の声(?)との対比が微妙ではありますが、スタジオテイクよりもカッコいいと思うのは僕だけでしょうか。

圧巻はアナログB面(M-6〜9の4曲)のうち、2ndアルバム『SAD WINGS OF DESTINY』(1976年)からの3曲、「Victims Of Changes」「Genocide」「Tyrant」でしょうか。特に「Victims Of Changes」の緊張感あるテイクはのちのベストアルバムにも流用されるほどで、この曲が初期の代表曲のひとつとして数えられる理由がここで理解できるはずです。

80年代以降のヴィメタル化した『SCREAMING FOR VENGEANCE』(1982年)以降のライブと、比較すると旧時代然とした楽曲スタイルやサウンドに面を食うかもしれません。特に先日の来日公演を体験した若いリスナーには、このアルバムで展開されている世界観は古臭く感じることは間違いないと思います。が、あの日のライブでも演奏されていた「Running Wild」や「Sinner」「The Ripper」「The Green Manalishi (With The Two Prong Crown)」「Hell Bent For Leather」というキラーチューンが、初期の若々しいプレイと歌声で収められているので、今とはまた違った若き日のプリーストの姿を追体験できるのではないかと。70年代のスタジオ作品に手を出す前に、軽い予習として本作から入っているのは全然アリだと思います。



▼JUDAS PRIEST『UNLEASHED IN THE EAST』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3


投稿: 2018 12 05 12:00 午前 [1979年の作品, Judas Priest] | 固定リンク

2018年10月24日 (水)

QUEEN『LIVE KILLERS』(1979)

1979年6月に発売された、QUEENキャリア初となるライブアルバム。前年11月に発売された7thスタジオアルバム『JAZZ』を携えたワールドツアーの中から、1979年1〜3月のヨーロッパ公演からピックアップされた音源が収録されているとのこと。CD/アナログともに2枚組で、トータル90分という当時としてはかなりのボリュームですが、実際のライブではさらに4曲演奏されており、それらが収録時間の都合でカットされています(カットされたのは「If You Can't Beat Them」「Fat Bottomed Girls」「Somebody To Love」「It's Late」とのこと)。また、このアルバムが発売される直前の4月には、QUEENは日本武道館公演を含むジャパンツアーも敢行しています。

パンクの余波が意識されたであろう『NEWS OF THE WORLD』(1977年)と大衆的ポップさが花開く『THE GAME』(1980年)の間、つまり両作の橋渡し的作品となった『JAZZ』のツアーというタイミング的にはちょっと過渡期なのかな?と思われる時期かもしれませんが、視点を変えると「生々しいロックバンド感」が色濃く表現されたツアーはこのへんが最後だったのかなと。奇しくも70年代最後の年、パンクからニューウェイヴ、そしてヘヴィメタルという新しい波が訪れる前の絶妙な時期。その後、ポップの権化へと進化するQUEENが時代の変わり目に最後の爪痕を残した。そんなふうにも受け取れる内容かもしれません。

なにしろこの作品、音がそこまで良くない。ただ、この荒さが当時のバンドのテンションと相まって、ロックバンドの初期衝動的な生々しさにつながっている。当時のセットリスト(アップテンポにロックアレンジされた「We Will Rock You」から「Let Me Entertain You」「Death On Two Legs」へと続く構成)をベストな状態で表現した、結果オーライな音質・状態だと思うのですが……完璧主義のQUEENの皆さんはお気に召さないようで(そして、その言葉を真に受けて本作の評価を低くしている一部のファンにも)。

そりゃあ『LIVE AT WEMBLEY '86』(1992年)と比べればその質は雲泥の差ですが、逆に『LIVE AT WEMBLEY '86』にはないもの、『LIVE AT WEMBLEY '86』期のQUEENには表現できないものがここには詰め込まれているのも、また事実。ここ数年、本作よりも前に録音されたアーカイヴ音源が発表されていますが、1979年という時代だからこそのアイデア、演奏力、録音クオリティあってこその奇跡の結集がこの『LIVE KILLERS』だと思うのですよ。

フレディ・マーキュリー(Vo, Piano)の完全に成熟しきる前の歌声、思った以上にアグレッシヴなブライアン・メイ(G, Vo)のギタープレイ、実はめちゃめちゃ安定感があって作り込まれたフレーズを紡ぐジョン・ディーコン(B)のベース、そして若さありきの(ちょっとだけ不安定な)ロジャー・テイラー(Dr, Vo)のドラミング。そのすべてが奇跡的に絡み合ってこその『LIVE KILLERS』。確かに初めて聴いたQUEENのライブアルバムは『LIVE MAGIC』(1986年)でしたし、『LIVE AT WEMBLEY '86』は記録としても素晴らしいですが、僕にとってはそれらと同じくらい、いや、『LIVE AT WEMBLEY '86』と『LIVE KILLERS』はQUEENというバンドを言い表す上で必要不可欠なライブ作品なんです。どちらも同じくらい重要で大切。だって、その両方が僕の好きなQUEENなんですから。



▼QUEEN『LIVE KILLERS』
(amazon:国内盤2CD / 海外盤2CD / MP3

投稿: 2018 10 24 12:00 午前 [1979年の作品, Queen] | 固定リンク

2018年5月19日 (土)

KISS『DYNASTY』(1979)

昨日のQUEENで「70年代末からのディスコブーム」について少々触れましたが、この波はロックバンドにも大きな影響を与えました。QUEENの大ヒットの前にも、THE ROLLING STONESが1978年に「Miss You」という全米No.1ヒットを生み出しており、それに続いて1979年にはKISSが「I Was Made For Lovin' You」というヒット曲(全米11位)を発表しております。

ということで、今回紹介するのはそのKISSのヒット曲が収録された1979年5月発売の7thアルバム『DYNASTY』(邦題『地獄からの脱出』)です。

1977年の『LOVE GUN』以来の新作となった本作は、間にライブアルバム『ALIVE II』(1977年)、ベストアルバム『DOUBLE PLATINUM』(1978年)、そしてメンバー4人のソロアルバム4作品を挟んで発表された2年ぶりのオリジナルアルバム。ヴィニー・ポンシアを迎えて制作され、全米9位を記録するヒット作となりました。

ディスコビートを導入したのは「I Was Made For Lovin' You」のほか、ピーター・クリスが歌う「Dirty Livin'」の2曲のみ。ポール・スタンレーが歌うミディアムテンポの「Sure Know Something」「Magic Touch」もソウルテイスト強めで、黒っぽさという点においては先の2曲の枠に入るものかもしれません。

が、それ以外の楽曲はKISSらしいポップなロックンロール満載の通常運転モード。アルバム2曲目にTHE ROLLING STONESの「2,000 Man」カバーが飛び出したり(ボーカルはエース・フレーリー)、いかにもジーン・シモンズらしい「Charisma」「X-Ray Eyes」、エース・フレーリーの頑張りが生かされた「Hard Times」「Save Your Love」といったナンバーを楽しむことができます。

こうやって振り返ると、流行に乗ったのはポールひとりだったことが伺えます。あ、ピーターもか。でもピーター、このアルバムでは自身が歌う「Dirty Livin'」以外ではドラムを叩いておらず、代わりにアントン・フィグが参加しています。結局本作をもってバンドを脱退するわけですが(1980年発売の次作『UNMASKED』にもドラマーとしてクレジットされていますが正しくは不参加。こちらもアントン・フィグがすべてプレイしています)、結局はソロアルバムが大きな引き金になってしまったんでしょうね。

また、エースVo曲が3曲も含まれているという点も非常に興味深いところ。エースは続く『UNMASKED』でも3曲歌ってますが、結局ピーターが歌わないなら……ってことなんでしょうか。そんなエースも、数作後にはバンドを離れるわけですが。

ディスコに走ったりピーターがあまり参加していなかったりとネガティブ要素が強い印象がありますが楽曲自体は“らしさ”満載なので、偏見なしに聴いてもらいたい1枚です。



▼KISS『DYNASTY』
(amazon:日本盤CD / 海外盤CD / MP3

投稿: 2018 05 19 12:00 午前 [1979年の作品, KISS] | 固定リンク

2017年7月28日 (金)

AEROSMITH『NIGHT IN THE RUTS』(1979)

1979年晩秋に発表された、AEROSMITH通算6作目のスタジオアルバム。前作『DRAW THE LINE』(1977年)から2年ぶりの新作となりますが、その間には初の2枚組ライブアルバム『LIVE! BOOTLEG』(1978年)のリリースもあったので、意外と久しぶりという感じはないかもしれませんが、この2年というのはこのバンドにとって生死を分ける重大なタイミングでした。

ご存知のとおり、この頃のAEROSMITHはメンバーの多数がドラッグまみれ。これによりメンバーの人間関係も悪化していくわけです。また、ドラッグの悪影響により、レコーディングも思うようには進まない状況に。スティーヴン・タイラー(Vo)が思うように歌えなかったり歌詞が書けなかったりで、レコーディングは長期化。ジョー・ペリー(G, Vo)もスティーヴンとの関係悪化のため、スティーヴンがスタジオにいない間にギターをレコーディングし、自分の仕事が終わればすぐにスタジオを後にするという、バンドとしての機能がほぼ停止した状態の中無理やり制作が続けられました。

また、前作までの黄金期を支えたジャック・ダグラスと決別し、新たにゲイリー・ライオンズをプロデューサーに迎えて制作。心機一転を狙ったのでしょうが、アルバムはこれも思うように機能していないように感じる仕上がりです。

1曲1曲はなかなかの出来だと思うのですが、全9曲中3曲がカバーというのはいただけない。間違いなくスティーヴンが歌詞を書けなかった、あるいはタイラー/ペリーのソングライティングチームが破綻したことが大きく影響していると思われます。

本作から唯一シングルカットされたのが、THE SHANGRI-LASのカバー「Remember (Walking In The Sand)」。原曲まんまですが、これはこれで悪くない。「Reefer Head Woman」は1940年代にTHE BUSTER BENNETT TRIOが発表したブルースソング、「Think About It」はジミー・ペイジ在籍時のTHE YARDBIRDSのカバーとなります。

で、気になるオリジナル曲ですが、前作『DRAW THE LINE』や前々作『ROCKS』(1976年)にあったような“ヒリヒリした緊張感”が若干弱いかなと。タイラー/ペリー名義による「Chiquita」「Three Mile Smile」「Bone To Bone (Coney Island White Fish Boy)」あたりには前作までの片鱗を感じますが、今でもライブで披露される機会が多めの「No Surprize」はこれまでだったらアルバムのオープニングを飾るような1曲ではないよなと。このあたりにも、当時の彼らのちぐはぐさ/混乱ぶりが感じられます。結局、曲順があんまり良くないのかな。

結局本作制作途中でジョーがバンドを脱退。ソングライティングの共作者としておなじみのリッチー・スパや後に正式加入するジミー・クレスポが穴埋めをして完成までたどり着くのでした。ちなみに、先の「Three Mile Smile」でリードギターを手がけたのがジミー・クレスポ。なんだ、ジョーじゃないのかよ、と。

本作は全米14位、100万枚を売り上げますが、スティーヴンのドラッグ癖は治ることなく、『DRAW THE LINE』までギリギリのバランスを保っていたバンドはジョー脱退を機に、崩壊のスピードを速めていくのです。



▼AEROSMITH『NIGHT IN THE RUTS』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3

投稿: 2017 07 28 12:00 午前 [1979年の作品, Aerosmith] | 固定リンク

2017年6月 5日 (月)

DEF LEPPARD『THE DEF LEPPARD E.P.』(1979)

DEF LEPPARDがメジャーデビュー前の1979年1月、自主レーベルから発表した3曲入りEP(レコーディングは前年1978年11月に実施)。当時のメンバーはジョー・エリオット(Vo)、ピート・ウィリス(G)、スティーヴ・クラーク(G)、リック・サヴェージ(B)の4人で、ドラムにはセッションメンバーとしてフランク・ヌーンが参加。本作完成後に当時15歳だったリック・アレンが加わり、メジャーデビュー時のメンバーが揃うことになります。

本作に収録されているのは「Ride Into The Sun」「Getcha Rocks Off」(以上A面)、「The Overture」(B面)の3曲で、「Getcha Rocks Off」と「The Overture」はのちの1stアルバム『ON THROUGH THE NIGHT』(1980年)で再レコーディング(その際、「Getcha Rocks Off」は「Rocks Off」、「The Overture」は「Overture」と改題)。「Ride Into The Sun」も4thアルバム『HYSTERIA』(1987年)からのシングルでカップリング曲として再録音され、のちにコンピレーションアルバム『RETRO ACTIVE』(1993年)に収録されているので、楽曲自体はこれまでも聴くことはできました(オリジナルの「Getcha Rocks Off」のみ、METALLICAのラール・ウルリッヒ企画によるNWOBHMコンピ『NEW WAVE OF BRITISH HEAVY METAL '79 REVISITED』でCD化済み)。

しかし、当時アナログ盤で限定リリースされた本作。その後もファンの間では高値で取引されていましたが、2017年4月のレコードストアデイでアナログ盤が限定再発され、より手軽に楽しむことができるようになりました。

セルフプロデュースということもあり、そのサウンドの荒々しさはのちの『ON THROUGH THE NIGHT』以上。初めて『ON THROUGH THE NIGHT』を聴いたときも、以降の『PYROMANIA』(1983年)や『HYSTERIA』と比較すればラフ以外の何物でもありませんでしたが、この『THE DEF LEPPARD E.P.』 収録の3曲はそれ以上。HR/HMというよりもガレージバンドの勢いといいましょうか、とにかく「ここから何かが始まり、ハジけようとしている」感がひしひしと感じられます。

本作を聴いてしまうと、「Ride Into The Sun」ものちの再録音バージョンよりもカッコ良く聞こえるし、『ON THROUGH THE NIGHT』中でもかなりアグレッシヴだと思っていた「Rocks Off」も原曲の「Getcha Rocks Off」のほうがよりパンキッシュだし。かと思えば、「The Overture」の時点でその後のプログレッシヴな作風の片鱗を見せていたのだと改めて驚かされたり。ここから始まったというよりも、「開始前夜」という表現のほうがぴったりな1枚ではないでしょうか。



▼DEF LEPPARD『THE DEF LEPPARD E.P.』
(amazon:海外盤アナログ / MP3

投稿: 2017 06 05 12:00 午前 [1979年の作品, Def Leppard] | 固定リンク

2004年10月14日 (木)

とみぃ洋楽100番勝負(56)

●第56回:「DREAM POLICE」 CHEAP TRICK ('79)

 '70年代に大ヒットを飛ばして、その後'80年代突入と共に泣かず飛ばすの状態に陥り、挙げ句の果てにメンバーチェンジ、更に下火に‥‥なんていうケース、結構あるんだよね。エアロがそうだったし、KISSもある意味そうかもしれない。そして‥‥このCHEAP TRICKも。ベーシスト以外のメンバーチェンジはなかったものの、やはり「オリジナルの四人」はBEATLESやKISS同様、キャラがハッキリしてた分、痛かったと思うのね。

 そんな彼等が再びオリジナルの4人で復活し、大ヒットを飛ばした'88年。初めてまともに彼等と接することになって。勿論それまでにもMTVでその時その時にリリースされてきたPVと向き合ってきたし、「トップガン」や「オーバー・ザ・トップ」といった映画のサントラに彼等やソロ等での楽曲が収録されていたので、何となく「チートリ」というものを理解していたはずだけど‥‥

 けど。本質は全然違ったんだよね。

 「ベストヒットUSA」の『Star of the week』っていう、ひとつのアーティストにスポットを当てる特集コーナーに、当時全米ナンバ−1ヒットを飛ばし勢いに乗っていたチートリが取り上げられて。プレスリーのカバーだった新曲 "Don't Be Cruel" の後に、往年の大ヒット曲だという "Dream Police" のPV(というか、当時はまだプロモーション・フィルムだな)が流れて‥‥

 何だこれ、全然違うじゃん。むしろこっちの方が全然カッコいいじゃんか!

 その後、雑誌等で復活作の大半の楽曲が、ヒットを飛ばすために用意された外部ライターによる楽曲であることを知るわけですよ。成る程ね、あれは彼等にとって、いろんな意味での『切り札』だったんだな、と後になって思うわけです。全ては『そこ』に戻るために必要な手段だったんだな、と。エアロと一緒だよ、って。

 チートリはホント奥が深いバンドだよ。KISS同様、BEATLESからの影響が強いバンドであると同時に、ロイ・ウッドやE.L.O.等、ありとあらゆるロック/ポップ・アーティストからの影響が垣間みれて、それを彼等なりにしっかり消化してひとつの「CHEAP TRICK」というブランドを作っているんだから‥‥だから、未だにビリー・コーガン等といった今を代表するアーティスト達から支持されてるんだろうね、KISS同様。キャラだけでなく、芯がしっかりしてるから忘れ去られることがないんだな、と。ホント素晴らしいバンドですよ。



▼CHEAP TRICK「DREAM POLICE」 (amazon

投稿: 2004 10 14 12:00 午前 [1979年の作品, Cheap Trick, 「100番勝負」] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2003年5月28日 (水)

AC/DC『HIGHWAY TO HELL』(1979)

AC/DCが1979年夏にリリースした名作『HIGHWAY TO HELL』。現在も活躍する彼等ですが、このアルバムでのメンバー構成はボーカル以外は一緒なんですよ……そう、このアルバムをリリースした翌年、ここで歌っているシンガー、ボン・スコットは亡くなってしまうんですね。そういう意味ではこれが遺作となってしまうわけですが、全然そんな予兆を感じさせない、本当に活き活きしたリフロックを連発しています。

FREEの名曲「All Right Now」にも通ずるポピュラリティを持ったミドル・ポップチューン「Highway To Hell」からスタートするこのアルバム。それ以前のアルバムと比べると明らかにメロディの質が変わってきています。まず、聴きやすい・判りやすいメロディが増えたこと。いや、それまでの楽曲も判りやすかったんですが、それ以上に親しみやすいメロディが多いんですね、このアルバム。それでいてロックンロールの本質的な面も失っていない。更に何よりもサウンド面でかなり向上している。これはプロデューサーが変わったことも大きく影響してるんでしょう(このアルバムから、後にDEF LEPPARDやブライアン・アダムス等で有名になるジョン・マット・ラングが手掛けるようになります)。ギターサウンドもさることながら、リズムトラックの生々しさが凄いんですよね。まぁ「その後のAC/DCらしさ」という点では次作『BACK IN BLACK」』の方がより優れているわけですが、初期AC/DCの集大成、そしてその後の彼等を占うという意味ではこの『HIGHWAY TO HELL』もかなり優れた作品だと思っています。個人的には一番好きなアルバムなんですよね。

近年のライヴでも演奏される機会があった「Girls Got Rhythm」や「Shot Down In Flames」といったストレートなロックチューンといい、如何にも彼等らしいハイテンションな「Walk All Over You」や「Beating Around The Bush」といい、ポップな「Highway To Hell」や「Get It Hot」といい、お得意のスローブギー「Night Prowler」といい、とにかく1曲1曲が粒ぞろいでバラエティ豊か。ロケンローだとかハードロックだとか、そういった陳腐な枠分けで片づけたくはないですよね。本当にいい楽曲、いいアルバム。

最近、DATSUNSやJETといった同郷及びその近隣諸国から登場したバンドが「AC/DCフォロワー」として脚光を浴びていますが、もしこれを読んでいる若い子達でまだAC/DCの音に触れたことがないのなら、まずはこのアルバムから聴いてほしいなぁと思います。個人的にはこれと一緒に次作『BACK IN BLACK』も聴いてほしいんですけどね。この連作、ただボーカルが変わったというだけではなく、バンド内に大きな革命が起きたことも伺い知ることができますからね。

あと、よくそれらのバンドのシンガーが「AC/DCみたい」と表現されることが多いですけど、それはこのアルバムで歌うボン・スコットを指してるんですよね。決して今のシンガー、ブライアン・ジョンソンのことではなく。DATSUNSにしろJETにしろ、非常にボン・スコットっぽいんですよね。どこがどう違うのか……っていうのも2枚のアルバムを聴き比べると自ずと見えてきますしね。とにかく文句なしの名盤なんで、機会があったら是非一度。



▼AC/DC『HIGHWAY TO HELL』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2003 05 28 05:22 午前 [1979年の作品, AC/DC] | 固定リンク

2002年12月24日 (火)

THE CLASH『LONDON CALLING』(1979)

人間、誰しも必ず死ぬときが訪れる。ただそれが人よりも早いか遅いかだけで、誰にでも平等に死はやってくる。けど‥‥死んじゃいけない人ってのがいるんだよ。死にそうだけど、絶対に死なない、格好悪く無様に生き続けることで、我々に勇気や希望を与えるタイプの人間が。ジョン・レノンもジョージ・ハリスンもいない今、誰がここまでキース・リチャーズが長生きすると予想できた? キースなんて正しくあのまま生き続けてロックンロールし続けることで、我々に夢や希望や勇気を与え続けてくれるんだよ。

少なくとも、ジョー・ストラマーという男もこのタイプに属する人間だったと思う。確かにTHE CLASH解散後の彼は、どこかパッとしなかったかもしれない。それはTHE CLASHというバンドが如何に偉大だったかを物語る、ちょっとした「現実」なんだけど。それでもジョーは、格好悪くても頑張り通した。音楽以外の活動も通して、我々に「パンク以後」の世界を見せ続けてくれた。それがあの'70年代末期のロンドンに憧れた人間にとって、どんなに悲しくなるものであっても‥‥

けど、'90年代末のジョーは‥‥少なくともここ日本ではこれまでと違った目で見られていたはず。それはフジロックを通して、等身大の「ジョー・ストラマー」という男と直に接する機会があったから。ステージに立つ側の人間なのに、天神山や苗場に自らキャンピングし、時には出演アーティスト達と、それ以外の時は我々観客側の人間と一緒に酒を飲み、語り、騒いだりした。THE CLASH時代を知らない若い人達にとっては、こっちのジョーの方が思い出深いんじゃないかな?

そんなジョーも'99年の苗場1回目のフジロック最終日、準トリとしてグリーンステージに上がったことがある。これが俺にとっての「アーティスト:ジョー・ストラマー」初体験。THE CLASH再結成を常に拒んできた男が見せた意地。今の彼と過去の彼、そしてこれからの彼(当時、まだTHE MESCALEROSとしての音源はリリースされていなかった)を見せるに十分な時間と空間だった。惜しげもなく連発されるTHE CLASHナンバーに鳥肌を立て、一緒に歌い踊り、そして泣いた。今でもこの年のフジロックといえば、俺にとってはRAGE AGAINST THE MACHINEやBLURの名と共にジョーの名前を挙げるだろう。

THE CLASHが'79年にリリースしたサードアルバムがこの「LONDON CALLING」というアルバム。CD主流の今となっては無意味かもしれないが、アナログ時代はこのアルバム、2枚組だった。何故か俺、このアナログ盤を持ってる。唯一持ってるTHE CLASHのアナログ盤がこの2枚組。今ではもうカビが生えてしまって聴くに耐えない代物だけど、ずっとそのまま取っておいてある。当然、俺が初めて聴いたTHE CLASHのアルバムもこれだった。三大ロンドン・パンクバンド(SEX PISTOLS、THE DAMNED、THE CLASH)のひとつとして認識していた彼等だけど、最初に聴いたのがこのアルバムだった為、当時かなり肩透かしを食らったのをよく覚えている。これってパンク!? ジャケットは最高にカッコイイけど、パンクっぽい速い曲はないのにロカビリーとかレゲエとか入ってるじゃんか? これだったら俺、DAMNEDの方が全然パンクだと思うけどなぁ!?‥‥と、10代の俺にはTHE CLASHの良さは全然判らなかった。ただ、ロック/ポップソングとして"London Calling"は常に好きな曲だったけど‥‥

自分がTHE CLASH再評価をするようになったのは、ハタチを過ぎてから‥‥MANIC STREET PREACHERSとの出逢いが大きかった。「現代のTHE CLASH」と呼ばれることの多かったマニックス。インディー時代の初期THE CLASHを彷彿させる疾走感あるパンクナンバーだけでなく、ファーストアルバムのバラエティー豊かさなどは正しくこの「LONDON CALLING」というアルバムをなぞったものだったのではないだろうか? 音楽性に若干の違いはあれど、THE CLASHとマニックスがやってきたことは、常に「REBEL MUSIC」だった。2分前後の、勢いだけのパンクソング。それも確かにパンクなのかもしれない。けど、パンク精神を持った音楽は世界中にある。レゲエやスカ、ヒップホップにグランジやテクノ‥‥それら全てがパンク精神の下に創造されているのなら、それらは間違いなく「REBEL MUSIC」なんだから。そう気づくのに、俺は何年もかかってしまった。見た目や形に囚われた10代を卒業して、俺はいろんな音楽を聴くようになった。THE CLASHが影響を受けたような音楽であり、それこそブルーズやジャズ、ファンクやR&B、ラテン音楽等‥‥

ジョーはデビューシングルの中で「1977年にはエルヴィスもBEATLESもSTONESもいらない」("1977"。"White Riot"のC/W曲)と歌った。しかし、彼等はデビューから2年後、そのBEATLESやROLLING STONESをも超越するようなアルバムを作った。それがこれ。俺が観たフジロックでも演奏された頭2曲"London Calling"と"Brand New Cadillac"の強烈さ。それはパンクロックなんて狭い括りで語ってしまうから無理があるのであって、これらは正しく王道ロックと呼ぶに相応しい必殺チューンなのだ。ポップなロックチューンあり、レゲエやスカやダブあり、カントリーやラテン、R&Bもある。所謂パンクチューンはここにはない。そう、当時の彼等は「パンクバンド」であることを足枷に感じ、あくまで「ロックバンド」として在ろうとしていたのだった。けど、そんなことはどうだっていい。ここに収められているサウンド・歌詞共に最終的にはパンク精神の下に作られた「REBEL MUSIC」だったんだから。

初期に"What's My Name"(1st「THE CLASH」収録)をカバーしたマニックスも、後にこの「LONDON CALLING」から"Train In Vain"をカバーしている。そして結果的には最後の来日となってしまった今年9月の朝霧JAMでのTHE MESCALEROSは、THE CLASHナンバーを極力減らし、今のジョー・ストラマーを、そしてバンドとしてのTHE MESCALEROSを力強く提示してくれた。けど‥‥やはり"I Fought The Law"のイントロを聴くと、どうしても発狂しそうになり、ステージ前まで全力で走ってしまった俺。やっぱり俺はTHE CLASHが好きだ。

正直、そんなジョーが亡くなったと知った時、どうしてもTHE CLASHが聴きたくなかった。けど、今はこうやって大音量でこのアルバムを聴いている。"I'm Not Down" ~ "Revolution Rock ~ "Train In Vain"‥‥街はクリスマスで賑わってるけど、今日はひとり家でこのアルバムを大音量で聴きながら酒でも飲みたい‥‥そんな気分だ。これをアップしたらガンガンに飲もう。もう聴けない、聴きたくないなんてセンチなこと言ってないで、去年のジョーイ・ラモーンを送り出した苗場の時みたいに、大騒ぎしてジョーを天に送ってやろうと思う。

May rest in peace, Joe.



▼THE CLASH『LONDON CALLING』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2002 12 24 12:00 午前 [1979年の作品, Clash, the] | 固定リンク