« MR.CHILDREN TOUR '99 "DISCOVERY" @国立代々木競技場第一体育館(1999年5月5日) | トップページ | BUCKCHERRY『BUCKCHERRY』(1999) »

1999/05/11

DEF LEPPARD『PYROMANIA』(1983)

このコーナー始まって以来初の旧譜じゃないかなぁ? とにかく、最初にここで昔の名盤を取り上げるなら、自分にとって大切なアルバムにしようと思ってたのは確か。が、まさかこのアルバムを取り上げるとは‥‥正直、夢にも思わなかった。(笑)何故これを取り上げたか‥‥勿論、好きだから。そして‥‥6/2にいよいよ3年振りのアルバム「EUPHORIA」が発売されるから。何でもこの新作は「PYROMANIA」「HYSTERIA」に続く3部作(あれ、「ADRENALIZE」や「SLANG」の存在は!?)の完結編となるそうで、内容的にも前作「SLANG」のような実験作ではなく、比較的「HYSTERIA」に近い作風になるらしいです‥‥これはこれで嬉しい事です。先日、TVにてジョー・エリオットの最新インタビューを見ましたが、そこでも「今、こういうメロディアスな曲が求められている」って言ってたし。もっと早く気づけってぇの。(笑)3年前にこれをやって欲しかったわ‥‥って、まだ新作からの楽曲は1曲たりとも聴いてはいないのだけどね。(笑)

さて‥‥DEF LEPPARD。ここにいらっしゃる方々の中で、このバンドを聴いてるって方、いないだろうなぁ‥‥(笑)それを承知で無理を通すわたくし、ともかずなのですが。(爆)彼等のイメージって皆さんからすると、どういったものなのでしょうか? ただのハードロック・バンド? ハードロックにもなりきれないポップバンド? 考えた事もない?‥‥まぁ人それぞれでしょうが。何故このアルバムが僕にとってとても大切か‥‥実はこのアルバムがリリースされたのが1983年。この頃、小6だったのですが、本格的に洋楽に目覚め、ラジオで聴いて気に入り、小遣いで買ったシングル盤が彼等の "Photograph" という曲だったのです。当時、確かビルボードのシングルチャートの12位くらまで上がったと記憶してます。それをラジオの「アメリカ・トップ40」で聴いて気に入り‥‥最初に買った洋楽シングルがDEF LEPPARDのものだったのです。そして当然、アルバムも欲しくなりました。何故ならその後、この "Photograph" が収録されたアルバム「PYROMANIA」からは多くのヒットシングルを送り出したからです。 "Rock Of Ages" や "Foolin'" など‥‥結局シングル買うよりもアルバム買った方が早かったのかも。(笑)

が、アルバムを購入したのは、それからもっと後の中学入学後でした。既にアルバムからは "Rock Rock (Till You Drop)" や "Too Late For Love" までもがイギリスでシングルカットされていたのでした。もうこうなるとアルバム10曲中、シングル曲が5曲。半分が知ってる曲‥‥昔はこういうのがとても嬉しかった記憶があります。今なら知らない曲が多い方が、アルバムとしては嬉しいのですが、洋楽を聴き始めの頃ってやっぱり知ってる曲が多いアルバムの方が、聴く頻度が高かったし。

いざアルバムを聴くと、実は結構ハードなバンドなんだということに初めて気がついた。(笑)それは "Comin' Under Fire" や "Die Hard The Hunter"、"Billy's Got A Gun" といったハード&ヘヴィ・ナンバーがまず耳に残ったから。そして、最初は "Photograph" などのシングル曲が好きだったのだけど、アルバムを何度も聴く内に次第に先に挙げた曲のようなヘヴィ系の曲の方が好きになっていった。もっとも、今聴くとどの曲もメロディがしっかりしていて、かなりポップなのだけどね。

上京した1990年、アナログLPを持っているにも関わらず、結局CDでも買い揃えてしまったこの「PYROMANIA」。何度聴いた事か‥‥恐らく僕の洋楽/邦楽人生の中で5本の指に入るだけの回数は聴いてると思うのですが‥‥殆どの曲がそらで唄えるし。当時も話題になっていたと思うのだけど、このコーラスの重ね方ってQUEEN以来の衝撃でしたよね? まぁコーラスという点では次の「HYSTERIA」の方が凄いことやってるのですが。(何せコーラスに100チャンネル以上を使った曲もあるとかで‥‥)

ライヴはこの頃、まだ見れませんでした。最初に彼等を見れたのは93年の現メンバーでの初来日(アルバム「ADRENALIZE」での来日)ででした。東京公演は結局全部行ったんじゃなかったかな? 何故なら‥‥91年1月8日に‥‥このバンドのギタリスト、スティーヴ・クラークが亡くなったから。本当なら88年の来日時に無理すれば行けたのだけど、確か中間テストかなんかと重なって断念したんだよねぇ‥‥本当に後悔したもん。「やっぱり行っておけばよかった」って。

おっと、今回は湿っぽい話をするつもりはないです。とにかく、メロディアスなロックが好きな方で、ハードロックとかそういうのにこだわらずに何でも聴けるよって方に是非このアルバムを聴いてもらいたいのです。このアルバム、ある意味旬なので‥‥OFFSPRINGの "Pretty Fly" のイントロに何やら英語じゃない言語でカウントみたいのをとってる男性の声がありますよね? あれってこのDEF LEPPARDの、このアルバムに収録されてる "Rock Of Ages" のイントロ部分をそのまま使用してるんですよ! そう、きっとOFFSPRINGのメンバーも子供の頃、この曲に夢中だったんだろうね? そういう意味でも(笑)多くの若い音楽ファンに聴いてもらいたいです。あ、思い出した。ミスチルのドラム、Jenも中学生の頃、よくこのアルバムの曲をコピーしたって言ってたなぁ?(笑)

P.S. しかし‥‥こんな文でいいのか?(笑)伝わるのか‥‥まぁ、たまにはこういうのもいいか?(笑)



▼DEF LEPPARD『PYROMANIA』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 1999 05 11 07:58 午前 [1983年の作品, Def Leppard] | 固定リンク