« KULA SHAKER JAPAN TOUR 1999@Zepp Tokyo(1999年6月5日) | トップページ | JESUS JONES『DOUBT』(1991) »

1999/06/13

DEF LEPPARD『EUPHORIA』(1999)

「EUPHORIA」、買ってなくても試聴機などでもう耳にしたのでしょうか? それともラジオで耳にしたとか‥‥シングル曲 "Promises" は一般のラジオでもかかりまくってますからねぇ? その "Promises"、初めて耳にした時の感動‥‥あれはどうやって表現すればいいのでしょうか‥‥そう、初めて彼等の曲を聴いた時のあの感動。初めて "Photograph" をラジオで耳にした時の、あのドキドキ感‥‥そして、スティーヴ・クラーク亡き後の復活第1弾としてのシングル "Let's Get Rocked" を聴いた時の高揚感、あれに近かった気がします‥‥いや、それ以上だったかもしれないっス。最近でいうと、BON JOVIの新曲 "Real Life" を初めて聴いた時の爽快感‥‥別にハードロックにこだわるつもりはないけど、それでも「歌らしい歌」を聴いたのは、随分久し振りのことだったから‥‥最近のUKロックやオルタナバンドにはない『熱』や『熱さ』が存在するバンド‥‥AEROSMITHばかりに期待を背負わせてはいけないですよ!(もう歳なんだし!?おっと、失言) GUNS N'ROSESは、ああいう状態だし‥‥

それにしても、いいのか?こんなにいい曲書いちゃって!?ってくらいに感動したのは言うまでもない‥‥最近、毎朝このアルバムを(特に "Promises" を重点的に)聴きながら会社に通勤しているのだけど、いやぁ~この季節にはピッタリっすね? 本当に聴いてて気持ちいい。暑苦しくなく、それでいて軽すぎず‥‥どこを切っても金太郎飴のような『LEPPS印』の名曲揃い。さて、今回はロック史上稀に見る超ヒットアルバム「HYSTERIA」より後の作品、「ADRENALIZE」と「SLANG」が無視されて何故このアルバムが「HYSTERIA」に続く『3部作の完結編』と言われるのか? そして、本当に「ADRENALIZE」と「SLANG」は無視されるような作品だったのか?を踏まえながら、この「EUPHORIA」の素晴らしさを皆さんにお伝えしたいと思っております。

まず、僕自身はこの「EUPHORIA」を「HYSTERIA」に続く『3部作の完結編』、つまり「HYSTERIA」の続編だとは思っていません。むしろ「ADRENALIZE」と「SLANG」の続編だと考えています。至極当たり前の事ですが。音楽的に考えても、この2枚があったからこそ「EUPHORIA」は今の形に落ち着いたんだと思います。「ADRENALIZE」がメンバー達や最近のファンの間ではどのように評価されてるのか知りませんが、僕はあの当時も今も傑作の1枚だと考えています。確かに「PYROMANIA」や「HYSTERIA」と比べると質的に少し劣るかもしれません。ただ、あの当時の状況を考えてみると‥‥このアルバムがリリースされた'92年って、グランジ/ヘヴィロック1色だった頃ですよね? NIRVANAやPEARL JAMの大ブレイク、METALLICAが1,000万枚もアルバムを売ってしまう時代。それまで天下だったBON JOVIやDEF LEPPARDが大苦戦を強いられたのは言うまでもありません。この年の秋にリリースされたBON JOVIの4年振りの新作「KEEP THE FAITH」は結局、4位までしか上がらず、セールス的にも100万枚(当時)だったと記憶してます。ところが、このDEF LEPPARDの「ADRENALIZE」は何と初登場1位、セールス的にも300万枚近くを記録したのです。確かに前作と比べれば700万枚もの開きがあるわけですが、あれは別格ですから。マイナス材料の方が多かったのに(時代性、メインソングライターのスティーヴ・クラークの死など)これだけの記録を残した事は、驚きに値します。

「ADRENALIZE」の良かったところは、1曲1曲がコンパクトになったこと。3~4分台の曲が殆どで、日本盤を除く外盤では10曲入りで40分ちょっとだったのです。この辺りはちょっと時代を意識したかな?とも思いますが。ただ、短くなったからといってつまらなくなったのではなく、その分いろんな要素が1曲1曲に凝縮されるようになった気がします。そしてサウンド・プロダクション(音の作り/組み立て方)も少しづつラフ/シンプルになってきました。この辺も時代を意識してのことなのか、それともスティーヴの死を期に、何かを変えていこうと考えたのか‥‥

その後、'93年に過去の未発表曲とC/W曲で構成された企画盤「RETRO-ACTIVE」(全米8位)、'95年には初のグレイテストヒッツ・アルバム(新曲入り)「VAULT」(全米10位)という『過去の精算』を4年かけて行ったわけです。その間にも「ADRENALIZE」リリース直後にスティーヴの穴を埋める形でヴィヴィアン・キャンベルが加入し、'93年には現メンバーでの初来日公演もありました(僕が初めて観た生LEPPSはこの時でした)。過去にケリをつけるために、スティーヴ時代の音源‥‥音楽性を形として残し、その間に彼等は新メンバーと共に新たな道を模索していたのです。

そうして完成したのが「SLANG」('96年。全米13位)でした。これはかなりの実験作で、当時も今も問題作としてファンの間では語り継がれています。が、そんなに目くじらをたてる程、酷い代物ではなかったですよ? むしろ、このアルバムがなかったら今回の「EUPHORIA」はこういう形にならなかったし。つまり「SLANG」の実験性は今作にも受け継がれているのです。「SLANG」の特徴は、「ADRENALIZE」から始まった『曲のコンパクト化』に更に拍車がかかったこと。そして『同時代性』を更に音楽に取り入れ、それをLEPPSなりに消化してること。ドラムが機械的なサウンドから、より生に近い音に移ったこと。さらに、この辺からメンバーが個人で書いた楽曲が増えてきたこと。「ADRENALIZE」までは『チーム』として『バンド』として1曲を作り上げていったけど、「SLANG」以降、いや、「ADRENALIZE」からのシングルC/W曲以降、こういうメンバーが単独で書いた曲が増えていったと思うのです。これによって、メンバーひとりひとりの色が更に濃く浮き上がるようになりましたね? そういう意味でも新加入のヴィヴィアンが単独で書いた "Work It Out" が「SLANG」からの第1弾シングルになったのは、『新しいDEF LEPPARD』を全面に出しているな、って気がします(しかもかなりの冒険作だったし)。

けど、この実験はセールス的には大失敗に終わったんですよ。アルバムはアメリカでは当時50万枚。ツアーも5月末からアジア地区から始まるも、その年のクリスマスで終わっているはずです。つまり、これ以上プロモーション活動しても意味がない、とレコード会社やマネージメントは考えたわけです。悲しいかな、これが現実‥‥これは噂ですが、この音楽的実験の失敗によって、レコード会社は「次作は是非、従来の路線で‥‥」と迫ったそうです。大いにあり得る話ですが。多分、この新作「EUPHORIA」が『3部作の完結編』と呼ばれるのは、そうしたレコード会社の策略から始まったことだったのではないでしょうか? 確かにここ数年、'80年代を席巻したメロディアスなロックの復活が望まれているようです。例えば数年前に全盛期のメンバーで再結成されたJOURNEYのアルバム「TRIAL BY FIRE」はアメリカでいきなり3位まで上がるし、シングルもトップ20に入る大ヒットだったし。アメリカでは近年、'80'sハードロックバンドのCDがまた売れているようですし、ラジオでもそういうのを中心にかける専門局が大当たりしてるそうです。これを聞いたLEPPSのメンバーは大いに燃えたそうです。「俺達がやらずに誰がやる!?」と‥‥時代がそういうものを求めるなら、開き直ってやろうじゃねぇか? でも、俺達なりに'90年代の解釈でやらせてもらうぜ!って感じで‥‥

さて、この「EUPHORIA」ですが、最初に言った通り、あくまで「ADRENALIZE」「SLANG」の流れをくむ作品なのです。勿論、作曲チームに'80年代の名パートナー、マット・ラングを迎えたこともあり、『~3部作』を彷佛させる楽曲が多いのも確かです。特に "Promises" なんてその最も顕著な例ですし。でも、あの頃と違うのは、やっぱり『楽曲がコンパクト』だという事。本当に3分台前半の曲が多くて、日本盤でもボーナストラック入れて14曲で53分だよ!? 「HYSTERIA」なんて12曲で62分だよ!? あれはあれであの時代に合ってたんだよね?

嬉しかったのは、ハードな叙情詩的ナンバーの復活。そう、 "Paper Sun" のこと。このナンバーのある/なしで、僕的には受け止め方が変わってきます。嬉しかったですよ、この曲聴いたときは。こういうのってある種、スティーヴの色だったはずなのに、『引き出しのひとつ』として今回改めて披露してくれたこと。しかも過去の亜流になってないです‥‥"Promises" と "Paper Sun" 、この2曲だけで僕はノックアウトされましたが。そして実験的要素‥‥ "All Night" におけるブラックテイストを臭わせるダンスチューン、 "Goodbye" みたいなバラードも「SLANG」を通過しなけらば書けなかったでしょう。こういう曲が「PYROMANIA」や「HYSTERIA」に入ってたら、間違いなく浮いてたでしょう。これらの曲が全く浮く事なく収まっているのは、その他の曲も間違いなく「ADRENALIZE」~「SLANG」の流れをくんでいるからです。そう、「SLANG」での実験は決して失敗ではなかったのです。今となっては『過渡期』だったのかもしれません。サウンド・プロダクション的にも『~3部作』よりも「ADRENALIZE」に近い、いや、それ以後ってことなんでしょうね? とにかく、僕には『後ろ向き』とか『過去の焼き直し』には思えないんです。'90年代最後にきていよいよ、集大成的作品が完成したかな?と思っています。

僕らのようにブレイク時からLEPPSを知る人間にとっては、このアルバムは『ちょっと(掴みが)弱いかな?』と感じるアルバムかもしれません。確かに思春期に聴いたアルバムの方が印象は強いでしょうから‥‥でも、判っててもあえて声を大にして言いたいです‥‥


最高傑作だぜ!? てめぇら、聴きやがれ!!



▼DEF LEPPARD『EUPHORIA』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 1999 06 13 08:07 午前 [1999年の作品, Def Leppard] | 固定リンク