« BON JOVI『LIVE FROM LONDON』(1995) | トップページ | BON JOVI『CRUSH』(2000) »

2000/05/07

BERNARD BUTLER JAPAN TOUR 2000@赤坂BLITZ(2000年2月27日)

バーニーの動く姿は昨年のフジロックで初めて目にした。不幸な事に、SUEDE時代の彼の勇姿はブラウン管の中でしか目にする機会はなかった。何故か‥‥まぁタイミングが悪かったのだろう。結局最初の来日にしか同行してないわけだし。一昨年の単独来日にも足を運んでいない。何故なら、彼のファーストアルバム『PEOPLE MOVE ON』を聴いたのが、彼が帰国した後だったからだ。けど、「次は絶対に!」っていう風にはならなかったのも、また事実。やはり全ては99年のフジロック3日目だ。本人は「調子が良くなかった」と言ってたそうだが‥‥「じゃあ、絶好調のステージはどんな事になってんだ!?」ってくらいに良かったんだけどなぁ、俺にとっては

以前、掲示板でだったか他のアーティストについて書いた時だったかは忘れたが、俺は'90年代を代表する英国3大ギターヒーローとして、元KULA SHAKERのクリスピアン・ミルズ、MANIC STREET PREACHERSのジェームズ・ディーン・ブラッドフィールド、そしてバーナード・バトラーの名前を挙げていたはずだ。いや、もしかしたらバーニーではなく、元STONE ROSESのジョン・スクワイアだったかもしれない。まぁジョンは厳密には80年代末期に登場してるので、ここに入れるべきではないかもしれない。(活躍したのは90年代だから、まぁいいか?)この際、クリスピアン、ジェームズ、バーニーの3人に正式決定させてもらうよ!(笑)彼等の共通点は、①ボーカリスト兼ギタリストである、②リズムギターだけでなく、リードを取らせても天下一品、③スタイルが非常に70年代的、だという事である。多少こじつけの感もなきにしもあらずだが(苦笑)そういう事である。何で俺が彼等を愛するかが、この辺から伺えるかもね?

さって、前置きが長くなったが、1週間前になって急遽決定したライヴ行き。タダ観とはいえ、やっぱり交通費をかけて行くわけだから、それなりのものを見せてもらわないとね?(笑)そんな気持ちで開演時間10分前に会場に到着。インビテーションカードがかなりの数出回っていたと聞いて「そんなに客、入ってないのかな?」と少々不安になったものの、いざスタートしてみれば8割強は入ってたんじゃないの?って印象を受けた。同じ時期に来日してるOASISやPRIMAL SCREAMに食われただの、噂だけはいろいろ耳にしたが、ファン層って被ってないんじゃないの? 唯一、イギリス人ってだけじゃないか、共通項って? むしろジェフ・バックリーや、俺がバーニーの新譜を聴いた時の第一印象として挙げたカナダのロン・セクスミスあたりのファンが足を運んだんじゃないだろうか?(事実、客入れBGMでは両者の曲がかかっていた)そして勿論、SUEDEのファンもね?

ステージ上のメンバーは前回、前々回と変わっておらず、新作もこのメンバーで作られたそうな。その傑作『FRIENDS AND LOVERS』を中心に進行したライヴ‥‥文句なしっ! これ以上、何て言えばいいのさ!?へっ、「こんなのレビューでもレポートでもない!」だって!? 当たり前じゃんか!(爆)いいんだよ、これで。

歌が上手い、ギターも上手い、ルックスがいい、元人気バンドのメンバー‥‥欲しい要素は全て持っている。でも、彼がステージ上でアピールするのは最初の2項目だけ。それも「これでもかっ!」って位にアピールするのではなく、ごく自然に、下手したら地味ぃ~な位にしかアピールしない。なのに聴き手の心の中にしみ込んでくる。「感情に訴えかける音楽」とは正にこの事だろう。時に情熱的に、時に優しさで包み込むように、時に聴いてるこっちまでが悲しくなる位にブルージーに。彼の歌・プレイは正直であり、そして繊細だと思う。だからこそ、それが聴き手にダイレクトに伝わるのだ。

そんな彼の感情が更にダイレクトに伝わったのが、アンコールでのアコースティックセットだった。噂には聞いていたが、こんなにも素晴らしいものだとは‥‥バーニーよりも先走って、お客がキメのパートを唄ってしまう一幕もあったが、それは御愛嬌。そういうのはライヴならではのものだ。微笑ましいじゃないか?(これが嫌!って感じるのなら、家でCDでも聴いてればいい、自分の思い通りに。あの場ではあれは全くうざったく感じなかったな、俺は。それにあれはある種お約束みたいなもんなんでしょ?)

バーニー自身は勿論だが、その彼を支えるバンドのメンバーもまた素晴らしかった。波長が合っているのか、それとも彼が指示してその通りにプレイしてるだけなのか‥‥いや、違うな。間違いなくそれだけの実力を持った強者ばかりだと思う。

きっと彼のやってるような音楽は頂点に立つ事はないのかもしれない。けど、なくなってはいけないタイプの音楽である。ジャンル的にこれを「ブルーズ」と呼ぶには多少語弊があるかもしれないが‥‥こういう音楽こそが、現代における「ブルーズ」なのではないだろうか? エリック・クラプトンだったと思うが、彼はこう言った。「ブルーズとはプログレッシヴな音楽だ」と。そう、型としてのブルーズは保守的かもしれない‥‥けど、これをブルーズの発展系と呼ぶ事は出来ないだろうか?

彼はこの先もずっと、こういうジャンルの音楽を奏でていくだろう。是非そうして欲しいものだ。そして、急激にではなく、地味ぃ~に成長していって欲しいものだ。それが彼にはぴったりだと思うから。ショービズ界の波に巻き込まれず、独自の歩幅で活動していって欲しいものである。


<セットリスト>
01. Friends And Lovers
02. You Must Go On
03. Cocoon
04. You Just Know
05. Change Of Heart
06. I'd Do It Again If I Could
07. It's Alright
08. No Easy Way Out
09. Let's Go Away
10. What Happend To Me
11. Autograph
12. Not Alone
—ENCORE—
13. My Domain (Acoustic)
14. Woman I Know (Acoustic)
15. The Sea (Acoustic)
16. Stay
—ENCORE—
17. More Than I Thought

投稿: 2000 05 07 12:00 午前 [2000年のライブ, Bernard Butler] | 固定リンク