« BON JOVI『7800° FAHRENHEIT』(1985) | トップページ | Mr.Children『NOT FOUND』(2000) »

2000年8月 2日 (水)

THE WiLDHEARTS『P.H.U.Q.』(1995)

'95年5月(日本は6月)にリリースされた、THE WiLDHEARTSのオリジナル・フル・アルバム2作目。恐らく彼等の人気を決定づける事となった、記念碑的作品ではないだろうか? 英国ではシングル"I Wanna Go Where The People Go"のトップ20入り(16位)の煽りを受け、アルバムは初登場6位という快挙を成し遂げた。また、この年の10月にはいよいよ初来日を果たし、今や伝説と化している。だって、解散を決意して乗り込んだ異国の地で、こんなにも大歓迎されるなんてメンバーは誰一人として思っていなかったはず。それを切っ掛けに再び彼等はバンドとして活動することを決意し、その日本に対しての感謝の気持ちともいえる"Weekend '96"をプレゼントした(この曲の中間部には、その日本公演でのシンガロングがそのまま収録されている。つまり俺の声が聴けるという訳だ/笑)。バンドとしては最も不安定な時期だったものの(考えてみれば、レコーディング直前にギターのCJをクビにして、3人編成で録音されたものだし)、音楽的には最も充実していた時期に作られた楽曲達がこのアルバムと、それと前後して発表された「FISHING FOR LUCKIES」に収められている。

「FISHING FOR LUCKIES」のレビューでは『大作や実験作を「FISHING~」に、ポップな小楽曲を「P.H.U.Q.」にと分けた』と書いたが、いざ改めて聴き直してみると、意外とそうでもないかな?という気がしてきた。「P.H.U.Q.」というアルバムには13曲収録されているが、クレジットやCDプレイヤーのカウンターを見ないで聴いていると、どこからどこまでが1曲なのか判らなくなる時がある。つまり、このアルバムは組曲形式を取った楽曲が数曲あるのだ。あるいは次の曲へのイントロダクションとでも言えばいいだろうか? "Baby Strange"~"Nita Nitro"の流れは正にそうだし、"Cold Patootie Tango"~"Caprice"もそうだろう。また、聴き方によっては"Jonesing For Jones"のエンディングから"Woah Shit, You Got Through"のイントロに繋がっているようにも聞こえる(まぁこれは組曲とは言い難いが)。「FISHING~」の楽曲を公式に発表する事をレコード会社に拒まれた件から想像するに、大作を嫌うレコード会社対策の為に、わざとイントロ部となる部分を1曲としてカウントしたのではないだろうか? けど、当時のライヴではそれぞれの曲を演奏する時、導入部を省いてたんだよなぁ‥‥やっぱり意味はないのか? 深読みし過ぎか? 何はともあれ、こういう形態の楽曲が収められているのはこのアルバムだけだし、時期的にもこの頃だけのようだ。非常に興味深い。

それにしても、"I Wanna Go Where The People Go"や"Just In Lust"といったポップなシングルナンバーや、BAY CITY ROLLERS meets METALLICAな印象の"V-Day"といったポップなナンバーが頭に並んでいるせいか、「ポップなWiLDHEARTSの代表作」というイメージがあるのだが、実はかなりヘヴィな楽曲が多い。恐らく「ENDLESS, NAMELESS」を別とすれば、最もヘヴィな内容ではないだろうか? 「FISHING~」と同時期に書かれ録音された楽曲が並んでいるので、これら2枚は対として考える事が出来るが、この時期というのが正にそういう「リフとリフとで組み上げられていく、ヘヴィな大作」を信条としていたのだろう。それまで以上にその点が強調されているように感じる。そう考えると、彼等は「更にヘヴィに、もっとヘヴィに」というのがエスカレートして、「ENDLESS, NAMELESS」までたどり着いたのかもしれない。あれがWiLDHEARTSの最終形だとは思わないが、この「P.H.U.Q.」や「FISHING~」はそのプロトタイプだったのかもしれない。

初来日公演や翌年の再来日では、このアルバムからの楽曲が中心となっていたので、やはり思い入れという点ではこのアルバムが一番強い。ジンジャーがステージ中央にあのレスポールを持って現れ、"I Wanna Go Where The People Go"のイントロを弾き始めた、あの鳥肌が立った瞬間は今でも忘れられない。あの瞬間に彼等は俺にとって大切なバンドに決定したのだから。

最後に余談だが、このアルバムタイトル、どうやって発音するのだろう?という声をよく耳にする。え~皆さん。「P.H.U.Q.」でしょ‥‥「PH」って「ファ」って読むでしょ? この際「U」は無視して最後の「Q」が「キュー」だから‥‥ねっ、判ったでしょ?(笑)タイトルなんて意味なくていいんですよ♪



▼THE WiLDHEARTS『P.H.U.Q.』
(amazon:海外盤CD

投稿: 2000 08 02 06:24 午後 [1995年の作品, Ginger Wildheart, Wildhearts, The] | 固定リンク