« Cocko『Cocko』(1996) | トップページ | Cocco『強く儚い者たち』(1997) »

2001/05/06

Cocco『カウントダウン』(1997)

  '97年3月に発表された、記念すべきメジャーファーストシングル。収録曲はアルバムにも収められている"カウントダウン"、"遺書。"、そしてアルバム未収録の"Way out"の3曲。アルバムを持っている人にとっては3曲目に商品価値があるかないかが決め手になると思うが‥‥買いだ。ギターのフィードバックをバックにCoccoの大絶叫からスタートする、滅茶苦茶ヘヴィで血生臭いこの曲、アルバム収録曲に引けを取らない。ブレイク部分がNIRVANAの某ヒット曲を彷彿とさせる辺りから、当時の根岸孝旨(プロデューサー)がどういう方向を目指していたかが伺える。とにかくこれ1曲の為に買っても損はしないと思う。

  当然、その他の2曲も名曲なわけで、あえてここで説明するまでもないだろう。彼女の初期衝動の代表的ナンバーといえる表題曲、そして大陸的な大らかなノリを持ったメロディアスナンバー"遺書。"は、最後のステージとなった昨年10月の武道館公演でも演奏された、Cocco自身にとっても大切な、そして彼女のその後のパブリックイメージとなった2曲なのだ。それにしても、この2曲がデビューシングルってのも、当時衝撃的だった。深夜の高速道路で俺は初めてこれらの楽曲と出会うのだが‥‥今でもあの時の衝撃は忘れられない。



▼Cocco『カウントダウン』
(amazon:国内盤CD

投稿: 2001 05 06 01:12 午前 [1997年の作品, Cocco] | 固定リンク