« CLAM ABUSE『STOP THINKING』(1999) | トップページ | FIGHT『WAR OF WORDS』(1993) »

2001/11/12

GiNGER『I'M A LOVER NOT A FIGHTER EP』(2001)

THE WiLDHEARTSを本当に、しかも全盛期のメンバーで復活させてしまったジンジャー。今後もSILVER GINGER 5と平行して活動していき、両者とも作品をリリースしていく予定だという。どういう線引きで作品を作り分けるのかが非常に興味深いところに、更にソロ名義で12ヶ月連続で、毎月3曲の新曲入りシングルをリリースし続けるという馬鹿馬鹿しさを越えて「おいおい、大丈夫かよ!?」と心配さえしたくなる企画を発表した。3月末にオフィシャルサイトで公式発表し、何とか6月にはこの1枚目のシングル「I'M A LOVER NOT A FIGHTER」が手元に届いたわけだが‥‥いきなり何ですが、これを書いてる2001年11月上旬の時点で、未だに2枚目のシングルが手元に届いていないのですが‥‥(苦笑/とりあえず現時点で、11月中にはリリースされる予定となっているのだが‥‥)

楽曲は勿論このシングル・プロジェクトの為に書き貯められた、純粋な未発表新曲。プロデュースにはジンジャー自身が当たり、ミックスは何故かメタル界の大御所エンジニアであるクリス・タンガリーディスが担当。だからといってその音がメタリックというわけではなく、どちらかというと生々しい感じ‥‥SG5の『Well-Produced』とも、ワイハーのゴリゴリとも違う、ガレージポップっぽい感触。楽曲のタイプがそれっぽいこともあって、非常にマッチしてると思う。

レコーディングメンバーには、ベースにSG5のジョン・プール、ドラムにはワイハーのスティデイ、コーラスに同じくワイハーのCJが参加している(タイトル曲のサビで如何にもなコーラスがそれっぽい)。しかも次のシングルにはCJはギタリストとしても参加しているそうだ‥‥ってそれって、単にダニー抜きのワイハーじゃないか!? ダニーはいろいろと「個人的な」事情で参加できないだけなのか??‥‥嗚呼(涙)

タイトル曲はどことなくPOSIES辺りを彷彿とさせる、ジンジャーにしては珍しい直球パワーポップ。サビにくると如何にもジンジャーなメロディーをかましてくれるのだが‥‥イマイチ地味な印象が強い。ベースラインを追えば、確かにSG5のアルバムにも共通する、あのウネウネ動き回るベースだし、ドラムもスティディらしい力強いビートを刻んでいる。2曲目"Don't Let Me Die Lonely"はビートルズ・チックなバラードで、サビや間奏ではツェッペリンを彷彿とさせるリフが登場したり、3曲目"Thailand Uber Alles"はモロにジンジャーといったポップロックなのだけど‥‥どうも盛り上がりに欠ける。早い話が「地味」なのだ。では「地味」の原因は何か‥‥間違いなく、ジンジャーの書くメロディーラインそのものだろう。決して駄曲ではない。けど名曲とも呼べない。平均点以上なのだが、ここにはSG5や、CLAM ABUSEにもあったあのきらびやかなポップ感が希薄だ。勿論、これはこれでいい味を出してるし、俺的にはありかな、とも思える。しかし、何故に無理してまでソロ名義で、しかも自身にムチ打つように12ヶ月連続、計36曲もの完全新曲を発表しようと考えたのだろうか?

これは憶測でしかないが‥‥もしかしたらジンジャー自身が今現在、スランプに陥っているのかもしれない。SG5以降、ジンジャー自身がそれに気付いてしまったのかもしれない。ということは、ワイハー復活は「過去の偉業を辿る」作業であり(実際復活ワイハーとしてはまだ新曲は1曲もないようだし)、12ヶ月連続シングル発表は「リハビリ」なのか‥‥おいおい、一体天才ジンジャー様はどこへいっちまったんだ!?勿論、ここに収録された3曲は、並のロックバンドの曲と比べれば平均点以上の出来だろう。けど、我々ジンジャーのファンは彼に「平均点以上」程度のものは望んでいない。常に最高、その1点しか見えていないはずなのだ。

既に世に出回ってしまった以上、この現実を受け入れるしかない。このシングル以降、公式な新曲はまだ1曲もリリースされていない。もしかしたら第2弾シングルのリリースが遅れているのは、スタジオが取れないとかワイハーが忙しいといった理由ではなく、単に納得がいくモノが出来ていないだけなのでは‥‥なんて勘ぐりたくなってしまう自分が、ちょっと嫌だったりする(苦笑)。けど、ファンという生き物は悲しいもので、「並だ、平均点だ」と言ってるこれらの3曲でもずっと聴き続けていると愛着が湧いて、しまいには「‥‥意外といい曲じゃん?」と思えてくるのだから、たちが悪い(苦笑)。いや、マジな話、パワーポップ好きを自称する方でまだワイハーに手を出していないって人に、このシングルを聴いて欲しいかも‥‥意外とハマッたりして。

とにかく、続く第2弾、第3弾‥‥何なら第12弾まで猶予を持って期待してみようじゃないか?(苦笑)



▼GiNGER『A BREAK IN THE WEATHER』(同シングル収録曲をすべて収録)
(amazon:海外盤CD

投稿: 2001 11 12 07:55 午後 [2001年の作品, Ginger Wildheart, Wildhearts, The] | 固定リンク