« THE WiLDHEARTS『RIFF AFTER RIFF AFTER MOTHERFUCKING RIFF』(2002) | トップページ | 中村一義『100s』(2002) »

2002/11/29

GRAPEVINE『another sky』(2002)

  GRAPEVINE通算5作目のオリジナルアルバムとなる「another sky」は、ある意味『最も「GRAPEVINE」らしいアルバム』になっていると思う。特に革新的なことをやっているわけでもなく、逆に時代に逆行してるようにも感じられる‥‥だけど、これだけ自信を持って「己の信じた道」を突き進み、そして深く表現することができるってのは尊敬に値するし、正直羨ましいよ。

  個人的には前作「CIRCULATOR」が地味だけど傑作だっただけに、それに続くオリジナルアルバムってことでかなり期待してました。勿論、この半年の間にリリースされたシングル曲"ナツノヒカリ"と"BLUE BACK"がこれまたすこぶる好調だっただけに、必要以上に期待してたんだなこれが。ところが‥‥いざ出来上がったアルバムを聴くと‥‥「‥‥へっ!?」って程に地味、地味、地味。前作よりも更に派手さが後退し(いや、前作だって決して派手ではなかったけどね)、もしかしたらこれまでのアルバムで一番地味かもしれない。確かにここ数作のシングルの中では一番アッパーな"BLUE BACK"なんかは派手な部類に入るだろうけど、音使いが地味‥‥いや、渋いのよ。

  「地味、地味‥‥」ってしつこい程に書きまくってるけど、この地味さ・渋さがいいのよ。楽曲的には確かに地味なタイプの曲が多い。けど、内容的にはこれまでの集大成に近いような作りになっているにも関わらず、過去の作品より高純度。演奏だけに耳を向けると、実はかなりテンションが高かったりするし。そういう意味では「地味」という言葉は不向きなのかもしれないけど‥‥けどね、ここで言う「地味」って、ある意味「唯一無二」と同意義だと思ってください。それくらい、誰にも真似できないレベルにまで到達してると思うのね、今のGRAPEVINEって。

  思うに今回のアルバム、ここまで高純度な作品集となったのには、外部ゲストを一切交えず、バンドのメンバー4人+前作のツアーにも参加したサポートキーボーディスト、そしてプロデューサー兼ベーシストの根岸孝旨(Dr.Strangelove)の6人で作られたからだろうな。腱鞘炎から復帰したベースの西原はまだ完全復帰とはいかず、曲によっては根岸やボーカル&ギターの田中がベースを弾いていたりするんだけど、基本的には気心知れたメンツで作った「ホームメイドなアルバム」という印象が強い。例えば前作ではキーボードやドラム/パーカッションにゲストミュージシャンを迎えたり、アルバムの殆どを西原抜きで制作していたりするし。通常なら「西原復帰したし、ここで一発気合いの入ったのを‥‥!」ってなるんだろうけど、そこはバイン。完全に肩の力が抜けきった、ホントに味わい深い1枚を作ってくれた。

  フォーキー且つブルージーでサイケな"マリーのサウンドトラック"からアルバムは緩くスタート。そのままアッパーな"ドリフト160(改)"~"BLUE BACK"と勢いをつけ、如何にもバインらしいファンキーな"マダカレークッテナイデョー"、男泣きバラード2連発の"それでも"~"Color"で前半戦終了。後半はバイン濃度が非常に高いミドルチューン"Tinydogs"~"Let me in ~おれがおれが~"から、俺の2002年夏のテーマソングとなった爽やかなポップチューン"ナツノヒカリ"へと続く。この曲が後半でいいアクセントになってるんだな、うん。そのまま如何にもバインらしい(ってその例えばっかだな俺)"Sundown and hightide"~"アナザーワールド"~"ふたり"でアルバムはしっとりと終了。これといった超山場を迎えぬまま、適度な高揚感と適度な潤いを我々にもたらし、50数分・12曲収録のこのアルバムは終了するんだけど‥‥そのままエンドレスでまた"マリーのサウンドトラック"に戻ってたりするんだよね。そういう意味では本当に飽きさせない、「かっぱえびせん」のようなアルバムだと思います、これは。

  GRAPEVINEというバンドは常に「自分達なりのブルーズ」を鳴らしてきたバンドだと思います。確かにバンドのタイプとしては「ブリットポップ/OASIS以降」なのかもしれません。しかし、今やブリットポップを通過して生き残った英国産バンドも数少なく、あのムーブメントに触発されて結成された日本のバンドも今では音楽性を変えたり姿を消してしまったり。そんな中、バインは劇的な変化や成長をすることなく、常にマイペースで等身大の自分達を表現してきました。ひとつの型を持ち、それをアルバム毎、ツアー毎に追求し、更に深い表現力・表現方法を身に付け、周りから地味だと言われながらもそれに相反するようなライヴを繰り広げる。セールス的には決して大成功しているとは言えないだろうけど、「バンド」という生き物としてみれば、ここまで成功している存在はそうはいないんじゃないでしょうか? ホント、羨ましいと思います。

  未だにこのバンドを「女子供がギャアギャア言う、アイドルバンド」という色眼鏡で見る洋楽信者が多いみたいですが、もうそんなのどうでもいいや。ホント、いいバンドがリラックスして作った、いいアルバムですよこれは。前作で彼等に入った人は更に気に入るんじゃないかな。ただ‥‥このアルバムを最高傑作とは呼びたくないな、俺は。なんていうか、これよりももっと凄いアルバムは彼等なら作れるんだろうけど、これよりももっと濃くて深いアルバムは、今みたいなリラックスの仕方じゃないと作れないんじゃないだろうか‥‥と思うのね。だから俺はこれを最高傑作とは呼びません。だけどこれまでの作品の中ではダントツで一番好きなアルバムであります。回りクドイ言い方だけど、そういうことでいいじゃない?



▼GRAPEVINE『another sky』
(amazon:国内盤CD

投稿: 2002 11 29 01:57 午前 [2002年の作品, Grapevine] | 固定リンク