« BON-BON BLANCO『だって、女の子なんだもん!』(2002) | トップページ | 藤本美貴 ファーストライブツアー2003春 ~MIKI①~@赤坂BLITZ(2003年2月16日 昼公演) »

2003/02/12

BON-BON BLANCO『愛のナースカーニバル』(2002)

  '02年12月リリースの、BON-BON BLANCO3枚目のシングル。相変わらずハイテンション、ハイクオリティです。が‥‥これ、一歩間違ってればボンブラ版「LOVEマシーン」になってたかも‥‥なんてことすら思ってしまう、ちょっと変わってて、それでいてポップでカッコいい楽曲。デビュー曲 "愛 WANT YOU!!" のクールさと、セカンドシングル "だって、女の子なんだもん!" のアイドル的な陽気さを併せ持った、非常に優れた1曲になってるんですね、これが‥‥アホっぽい「吸って~吐いて~吸って~吐いて~」ってコーラスが妙に気になって、気になり出すともう耳にこびり付いて離れないという、ねぇ‥‥(「ナース」→「聴診器」→「診察時の吸って/吐いて」ってことなんですかね、やっぱ?)Aメロ、Bメロ、サビ前半はかなりクールでファンキーな感じのマイナーチューンといった感じなのに、サビの途中でメジャーキーに転調して、アイドルポップ的な空気を強引に持ち込むんですよね。いや、そこがいいんですが。モー娘。 "そうだ!We're ALIVE" みたいな強引さ/暴力性は感じさせず、もっとスムーズに移行してく辺りに、作曲者(大島こうすけ)とアレンジャー(night clubbers名義)の力量/スマートさを強く感じます。

  一方カップリング曲 "We are B3~放課後編~" は、「ラララむ○んく~ん♪」という、ちょっと懐かしい某消費者金融のCMソングを思い出さずにはいられない、3コードのロックンロール調ナンバー。この曲、所々を初めてAnna以外のメンバーも歌ってる、ある意味記念すべき1曲。女子校生の日常を歌ったような内容の歌詞なので、全員参加ってとこなんですかね(いや、全員は歌ってないか?)。こういう曲を聴くと、ボンブラには是非サンタナ辺りをカバーして欲しいな、と思うんですが。ほら、こないだ出たアルバムで、女性シンガーをフューチャリングしてる曲があったでしょ? ああいうのをボンブラ風にリメイクして欲しいんですけどね。勿論、過去の有名なラテンナンバーでも可ですが。サンタナというと昔、森高千里がカバーしてたことがありましたが、もっとピッタリだと思うんですよね。問題は、肝心のサンタナのギターをどうするか?ですが‥‥(まぁこの際なくてもいいか、ギター)

  恒例のリミックスは、タイトル曲を更にDJリミックス風にした感じ。ちょっと一時期のCHEMICAL BROTHERSを彷彿させるリズムトラックが登場しますが、最近ありがちなハロプロ系のリミックスものよりは全然クオリティが高いし、時間がかけられてるし、何よりも愛情を感じるのね。この点がある/ないだけでも、かなり違いますよね。ただ「売ろう、ボンブラをブレイクさせよう!」っていう気負いだけじゃなくて、制作者側の遊び心も同じくらい感じるんですよ。少なくとも、一昔前のハロプロにもこういった「遊び心」、十分感じられたんですけどねぇ‥‥どこいっちゃったんでしょうか?

  早くもリリースされる次のシングルは、アニメのタイアップも付いたし、更にメディア露出(祝・Mステ初登場!)も増えるようですし、元々楽曲の完成度やパフォーマンスには定評があるだけに、ここで一気にブレイクしそうな予感ですね‥‥って俺、まだその4枚目のシングル "涙のハリケーン" を聴けてないんですが‥‥ま、問題ないでしょう。

  それにしても‥‥最近、ホントにボンブラ好きを公言する人、多いよなぁ‥‥ま、俺は後追いなんでデカイことは言えませんが。こうなると、早くアルバムが聴きたいですね。何か、ボツ曲だけ集めてアルバム作っても、かなりクオリティが高そうな気がするんですが‥‥。



▼BON-BON BLANCO『愛のナースカーニバル』
(amazon:国内盤CD

投稿: 2003 02 12 12:24 午前 [2002年の作品, BON-BON BLANCO] | 固定リンク