« 後藤真希『マッキングGOLD①』(2003) | トップページ | THUNDER『BACK FOR THE CRACK (EP)』(2002) »

2003/02/28

FLASHCUBES『LIVE IN JAPAN -RAW POWER POP-』(2002)

自分が足を運んだライヴがたまたまライヴアルバム、あるいはライヴビデオとしてリリースされたってことが過去何度かありました。しかもそれがアリーナクラスの会場じゃなくて、小さいライヴハウス程度のハコだったりすると、尚更嬉しかったりするんですよね。ここ最近で思いつくところだと、THE WiLDHEARTS「TOKYO SUITS ME」('98年10月24日の赤坂ブリッツ公演)とか、ナンバーガールの記録シリーズ緑盤での水戸公演とか。他にもあるんだろうけど、今は思い浮かばないや。特にワイハーのライヴ盤は思い出深い公演だったこともあって、何度も聞き返してはあの日のライヴを思い返してみたりしてました(再結成してしまった今となっては、単なる記録の断片でしかないのかもしれないけどね)。

そして今回、ここに新たに1枚、大切な「記録」、いや「記憶」が加わることになりました。2002年5月18日(土)。場所は下北沢シェルター。そう、あの日俺が観たFLASHCUBESのライヴがアルバムになったのです。本来なら'02年後半に初のオリジナルアルバムをリリースのはずだったのでは‥‥ま、こうやってボーナスみたいなアルバムがリリースされたんだ、もうそれだけで嬉しいよね。

で、そういう「自分が参加したライヴの記録」っていう面を排除して、このアルバムを語ってみますと‥‥40歳越えたオヤジ共が何故、この時期に再結成したのか。シングル2枚しかリリースしてなかったバンドがどうして来日出来たのか。その理由がこのアルバムに全て詰め込まれています。もうね、全然オッサンぽくないのよ。パワーポップの草分け的存在なんて言われてるらしいけど、そんなのお構いなしにハードな演奏を聴かせてくれる。勿論、メロディやコーラスは甘すぎる程にポップ。けど、演奏は録音状態もあってか、かなりハード。いや、実際あの場にいた俺でさえも、他の共演バンド(日本のFIRESTARTERやSAMANTHA'S FAVOURITE等)よりもハードだと感じていたし。最初メンバーを見た時、腹の出かかった(いや、実際に出てたメンバーもいたけど)オッサンばっかで、正直全然期待出来なかったんだけど、もうね、音楽は見た目じゃないな、と猛烈に反省しました。そりゃルックスいいに越したことはないけど、この音だけ聴いたら「どこぞのパンクバンドだ!?」ってみんな思うはずだし。それくらい活き活きしてて、激しいサウンドなのね。

曲の良さは折り紙付き。殆どの楽曲が編集盤「BRIGHT LIGHTS」からの曲なんだけど、遊び心満載でカバーも結構やってくれてたのね。例えば知ってる人は知ってるFLAMING GROOVIESの"Shake Some Action"、最近マイケル・モンローもカバーしたEDDIE & THE HOT RODSの"Do Anything You Wanna Do"、RAMONESの名曲"I Wanna Be Sedated"、そしてニック・ロウの"Heart Of The City"の4曲。後半2曲は一番最後にメドレーでやってたので記憶に残ってるんだけど、前者2曲は原曲を知らなかったので(いや、EDDIE & THE HOT RODSのは知ってるな。けど当日やったの全然記憶に残ってなかった/汗)あれだけど‥‥全然違和感なし。オリジナル曲だけでも十分ライヴやれるだけの曲数あるはずなのに、敢えてカバーをこれだけやるってのに驚いたと共に、奇跡の来日が実現して喜んだ俺ら以上にメンバーがこのライヴを心底楽しんでいたんだな、と再確認。つうか、上手いバンドはカバーやらせるとセンスっつうか、その実力が端的に表れるよね。特にパワーポップ系のバンドは面白いカバーやってることが多いしね(TEENAGE FANCLUBとかJELLYFISHを思い浮かべてみて)。

全15曲。メドレー分もカウントしても17曲。全部で50分程度‥‥って、当日そんなに短かったっけ!? ギタートラブルとかあって結構間が空いたりしたし、CD聴く限りでは曲間を出来るだけ短く編集してるし、MCも殆ど削られてるから、余計短くなったんだろうけど‥‥ライヴレポに俺、約90分くらいかな!?とか書いてたのに、実際はそんなにやってなかったってことになるんだわ‥‥だってあの日やった曲、削られてないもんね?(多分)ということは、それだけ充実した、内容の濃いライヴだったってことなのでしょう。

当サイトでも度々取り上げる「パワーポップ」というキーワード。オリジナルと言える存在であるBADFINGERとかRASPBERRYSとか、既に解散している歴史的グループをまず聴くのもいいでしょう。けど、こうやって再結成して細々と活動してるグループがいることもお忘れなく。若くてルックスのいいモダンなバンドが持てはやされる時代ではあるんだけど、やっぱり「2003年はオヤジのロケンロー」がブームになると断言した俺としては、このFLASHCUBESのライヴ盤をイチオシしたいと思います。だって、俺の声が(多分)入ってるとかそういうの関係なしに、本当に素晴らしいロックンロールアルバムなんだもん。パンク好きも、パワーポップ/ギターポップ好きも、そしてハードな音を好む人も皆、これを聴いて何かを感じて欲しいな。

そして、今年こそリリースされるであろうオリジナル・フルアルバムと、来るべき再来日に向けて、もっとFLASHCUBESの名前を世に知らしめて行きたいなぁ、と考えながら、このアルバムを爆音で毎日聴いていきたいと思います。



▼FLASHCUBES『LIVE IN JAPAN -RAW POWER POP-』
(amazon:国内盤CD

投稿: 2003 02 28 07:16 午後 [2002年の作品, Flashcubes] | 固定リンク