« APHEX TWIN『RICHARD D. JAMES ALBUM』(1996) | トップページ | 松浦亜弥『T・W・O』(2003) »

2003/04/09

THE MAD CAPSULE MARKETS『010』(2001)

  2年前の丁度今頃、俺は「OSC-DIS」のレビューを書いたんだけど‥‥あの頃、まさかこんなことになるなんて正直この俺ですら考えてもみなかった‥‥そう、THE MAD CAPSULE MARKETSの2002年欧米諸国での大活躍のこと。2001年夏に今回紹介する「010」をリリース後、『SUMMER SONIC』等の夏フェスに出演し、秋からは全国ツアー。と同じ頃にヨーロッパにて前作「OSC-DIS」が『PALM PICTURES』という新興メジャー・レーベルからリリースされ、同時に何枚かのシングルも切られ、「ケラング!」等ではかなり高い評価を得たよう。そうこうしてる内に2002年5月‥‥忘れられない出来事が起こるわけですよ。そう、あの『OZZ FEST』イギリス公演に出演が決まるんです。しかもメインステージに。OZZY OSBOURNEは勿論、SLAYERやSYSTEM OF A DOWN、TOOLといった米英を代表するヘヴィ/ラウド・ロック勢と肩を並べてライヴを行ったんですよ。しかもそのライヴが好意的に受け入れられてしまう。更に彼等はヨーロッパ諸国にてクラブサーキットを行い、これも各地で大成功。その後、アメリカでも「OSC-DIS」がリリースされ、ショートツアーも行ったそうです。そして2003年春。オリジナル新作リリースの予定もないまま、再び彼等はヨーロッパへと旅立っていき、夏には6年振りに『FUJI ROCK FESTIVAL』に帰ってくる(予定。現時点では公式発表はまだですが)‥‥マッドのようなバンドなら海外で受け入れられるのも時間の問題だろうと思う好意的な気持ちと同時に、日本のバンドが海外で成功を収めるなんて夢また夢というネガな気持ちもあったわけで、そういう意味ではマッドはまず第一ラウンド完全勝利と言っていいのではないでしょうか?

  というわけで、現時点では日本のみでのリリースとなっている、彼等にとって10作目となるオリジナルアルバム「010」。これが既に2年前のアルバムだというんだから、時が経つのは早いよなぁ‥‥ってことは、「OSC-DIS」なんて既に4年前ってことか‥‥だよな。シングル「MIDI SURF」がリリースされたのが、このサイトがスタートした頃だったんだから。確か初期の掲示板でチョロQ付き限定盤を話題にしたこと、あったし。そんな2年前のアルバムなんですが、こうやって改めて今聴いても全然古さを感じさせない(当たり前か)。いやむしろ、2001年には早過ぎたアルバムだったんじゃないか!?なんて思えるくらい。だって俺、当時はこのアルバムをそんなに高く評価してなかったんですよ。さすがに超名盤「OSC-DIS」の後となるアルバム、しかも先行シングル"CHAOS STEP"と"GAGA LIFE."は共にマッドらしい、優れた名曲だったこともあり、期待が高すぎたってのもあったんですね。で、いざ手にしたこのアルバムを聴いて‥‥ちょっとだけ肩透かしを食らったのを今でも覚えてます。なんつーか、常にアッパーというアルバムではないんですね、前作と比べると。それを「変化」「進化」と取るか「煮詰まり」「歩止まり」と取るかでまた評価も変わってくるわけで‥‥シングル2曲が前作を更に押し進めた作風だっただけに、延長線上にある作品だというのは判るんですが、どうしても馴染めなかったんですよ。

  既に2000年夏の『SUMMER SONIC』にて演奏されていたオープニングナンバー"INTRODUCTION 010"(ライヴでも1曲目に演奏されていた)や、新境地と呼べるであろうサイケな"雲 -kumo-"と"CHAOS STEP"、"GAGA LIFE."の4曲でイメージしたアルバム内容とはちょっと異なった作風で、例えば前作のような勢いで押すようなフットワークの軽さはここにはなく、どちらかというともっと絡みつくような、一音一音が重い印象を受けるんですね。アップテンポのシングル2曲にしろ、パンキッシュな"xxx can of this."にしろ、ポップな"FLY HIGH"にしろ。それよりももっとヘヴィなナンバー‥‥"COME."や"BIT CRUSHERRRR"、ヒップホップ色の強い"JAM!"、先にも挙げた"雲 -kumo-"、レゲエ+沖縄風リズム&メロを取り入れた"GOOD DAY"、イントロだけ聴くとYMOやKRAFTWERKみたいな"NO FOOD, DRINK, OR SMOKING"等、とにかくミドルテンポを基本とした、一音一音が重いビートが印象的な曲が多いんですよ。速い曲といっても前作での高速チューンとは違った、非常に人間的なテンポが中心で、そういった面を期待していた人にとっては確かに「物足りない」と言わせてしまう作風なのかもしれません(2年前の俺のように)。

  ところが、時間が経って改めてこのアルバムを聴いてみると‥‥全然悪くないわけですよ。「OSC-DIS」から4年も経ったというのがいい意味で関係してるのかもしれないし(逆に言えば、それだけ「OSC-DIS」のインパクトが強かった、2年経っても新鮮だったと言えるでしょう)、現在の音楽シーンがマッドに追いついたとも言えるかもしれない‥‥確かにこの2年でヘヴィ/ラウド・ロックの流れもだいぶ変わりました。あの当時でも異端な存在だったマッドは、現時点においても異端であり、尚かつその異端児が海外でも受け入れられつつある。そして2003年という現在において、果たしてこの「010」というアルバムを海外でリリースしたら受け入れられるのか‥‥非常に興味深いですよね。

  そういえば、珍しくカバー曲を収録してるのも海外を意識してのことなんでしょうか? 何故21世紀にKILLING JOKEの"WARDANCE"をカバーしたのか‥‥この点も非常に興味深い。更に、海外を意識しながらも、何故か日本語詞を含む曲が多い点(インストを除く12曲中6曲‥‥半数に日本語詞が含まれているんですね。ちなみに「OSC-DIS」は全12曲中5曲。比率的には殆ど変わりません。つうか、それだけ日本語が含まれたアルバムが欧米で好意的に受け入れられているってのが面白いですね)‥‥完全に「世界標準」ならオール英詞にするはずなんですよ。ところが彼等はこれまでのスタイルを変えずに海外で受け入れられている。もはや歌詞は関係ない、サウンドの格好良さが全てってことなんでしょうかね‥‥その辺を是非、欧米の方々に伺ってみたいものです。

  というわけで、長々とこのアルバムについて書いてみたわけですが‥‥確かに「OSC-DIS」は素晴らしかったし、今でも素晴らしいアルバムだと思っています。が、ここ数日この「010」を何度か聴いてるうちに‥‥こっちにまんまとハマってしまって‥‥もしかしたら、こっちの方が好きかも‥‥って思えるようになってきまして。即効性は確かに「OSC-DIS」なんですが、味わい深さとかスルメ度はもしかしたら「010」の方が高いのかも‥‥ま、要するに日本のMAD CAPSULE MARKETSは無敵だ、と。そういうことです。

  夏フェスで、更に成長したマッドに会えることを楽しみにしてます。何せ個人的にはまる3年振りの生マッドですからね! そして‥‥この「010」に続く新作を早く聴きたいな、と。2002年の経験を上手く活かしたアルバム、超期待してます。



▼THE MAD CAPSULE MARKETS『010』
(amazon:国内盤CD

投稿: 2003 04 09 12:00 午前 [2001年の作品, Mad Capsule Markets, The] | 固定リンク