« ANTHEM『HEAVY METAL ANTHEM』(2000) | トップページ | 『ロッカーズ』オリジナルサウンドトラック盤(2003) »

2003/09/16

KORN『DID MY TIME (EP)』(2003)

'90年代のアメリカが生んだ『暗部』のひとつと言えるだろうKORN。そんな彼等も現在までにアルバム5枚リリース、とかなり順調に活動していて、早くもこの秋には初セルフプロデュース作となる6枚目のアルバムがリリース予定。それに先駆けてこの夏リリースされたのが、今回取り上げるシングル"Did My Time"。一部で(?)話題のアクション映画「トゥーム・レイダー」続編のテーマ曲として採用され、映画でも流れているようですね(日本公開はこれからなので、実際にどの辺りで流れているのかは判りませんが。ま、そもそも観に行かないと思いますが)。アメリカでは既にメガバンドのひとつとして数えられる彼等、前作「UNTOUCHABLES」ではそれまでのような難解さが薄れ、よりメロウで聴きやすく、更に爆音の壁も崩壊し、隙間すら伺えるスペーシーな側面すら見せる方向転換で我々を驚かせましたが、続くニューアルバムではどうなっているのか‥‥たった1曲で次のアルバムの方向性を占うのはちょっと厳しいとは思いますが‥‥

そう、このシングルには純粋な新曲はたった1曲しか入っていないんですよ。全3曲入りですが2曲はタイトル曲のバージョン違い、残る1曲もカバー曲ですから。そういった意味では本当にこれ1曲でアルバムの方向性は伺い知ることは出来ないと思います。しかしここで聴ける"Did My Time"という曲は、前作のサウンドプロダクションや方向性の延長線上にある作風と断言しても間違いではないでしょう。映画のサントラ用ということで最もポピュラリティの感じられる楽曲を選んだのだと思いますが、それと同時に「KORNらしいサウンド」を誇示する楽曲でなくてもいけないわけで。そういう意味では「今のKORN」を象徴する1曲と言っても過言ではないでしょう。ドラムサウンドは前作同様非常にタイトで、ギターリフにしても空間を埋め尽くすような類のものではなく、グルーヴ感はこれまで同様大切にしながらも非常に「隙間・空間」を重視したアレンジになってるように感じます。バックの演奏が強く自己主張していた初期の頃と比べると印象はちょっと薄くなっているんですが、その分歌(メロディ)が完全に前に出てきてるんですよね。勿論この辺の変化は3作目「FOLLOW THE LEADER」の頃から芽生えてきた変化・成長であり、前作で完全開花したといっていいでしょう。ということは、間違いなく次のアルバムでもこういった「空間を大切にしたグルーヴィーなバックにメロディアスなボーカル」といった方向性は間違いなく重視されてるようですね。

一方、カップリングとなるリミックスではデジロック寄りのバックトラックに差し替えられていますが、まぁこれが新しい方向性とは一概に言い切れないんですよね。というのもKORNは過去にもシングルではこういった類のリミックスは結構取り入れているので、これをアルバムに全面導入するとは‥‥まぁ多少は取り入れてるかもしれませんが、全面的にというのはないでしょうね。楽器隊は根っからのハードロック/メタル好きらしいですから(ということは、こういったエレクトロ方面を好んでいるのはジョナサン・デイヴィスなのか‥‥まんまGUNS N'ROSESと同じような構成だわ)。個人的にはリミックスの方が気に入ってるんですけどね、この曲。

で、最後が問題の1曲。かのMETALLICAの名曲、"One"のカバー。この5月にMTVで放送された「MTV ICON : METALLICA」という特別番組内でのスタジオライヴ音源をそのまま収録したもので、如何にもKORNらしい重厚なアレンジになってます。ま、基本的なアレンジは原曲のままなんですが、所々「ショートバージョン」化していて、例えばイントロが短かったり、途中の間奏やソロパートも短くされてる、最後の一番盛り上がるパート(テンポが速くなる後半部~ギターソロ)なんてバッサリ切られてるし。正しく「寸止め」な1曲。番組の構成上こういう尺になったのか(放送時間の関係でね)、それとも後半部を練習する時間がなかったのかは判りませんが‥‥どうせならフルバージョンで聴いてみたかったなぁ。そういえばKORNって以前もライヴで "Enter Sandman" をカバーしたことなかったでしたっけ? LIMPBIZKITにウェスが在籍してた頃はよく "Master Of Puppets" のカバーはやってたけど‥‥要するに「みんなMETALLICA聴いて大きくなりました」ってことですよね、うん。

‥‥というわけで、次作の参考になったでしょうか? いや、なりませんよね‥‥正直、俺にもどうなってるのか判りませんもの。まぁ‥‥この方向性を維持してくれていれば、間違いなく「悪い方向」には行かないと思いますが。どうせなら大袈裟なまでに聴かせるアルバムを作ってくれたら、いっそ初期の方向性を愛する俺としても諦めがつくんですが‥‥いや、今の方向性も嫌いじゃないですよ? ただね‥‥何か‥‥一時期のMETALLICAみたいじゃないですか、今のKORNって。正に「LOAD」や「RELOAD」をリリースした頃のね。そういう鬱屈をはね除けるような名作を期待してます!



▼KORN『DID MY TIME (EP)』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2003 09 16 12:00 午前 [2003年の作品, Korn] | 固定リンク