« SBK『Figure it out』(2003) | トップページ | ELECTRIC SIX『FIRE』(2003) »

2003/10/02

BABY CHAOS『LOVE YOUR SELF ABUSE』(1996)

先日紹介したDECKARDというバンドが以前、BABY CHAOSという名前でイギリスにて活動してた時代のセカンドアルバムに当たるのが、この「LOVE YOUR SELF ABUSE」という作品集なんですが‥‥これがちと厄介な作品でして。最初は96年春に同タイトルでリリースされたこのアルバム、翌97年にはアメリカの「Atlantic Records」とのワールドワイド契約も決まり(それ以前は「East West UK」。レーベルメイトはTHE WiLDHEARTSでした)、収録曲を若干変更してアメリカやここ日本で再リリースされたのが今回紹介するフォーマット。とりあえず一番手に入れやすいのがこの再発盤だと思うので、まずはこっちから紹介してみようかと思ってます(ま、基本的にはどれも素晴らしいアルバムだと思うので、どれから聴いてもいいんですけどね)。

このアルバムは彼等が唯一ここ日本で発表することのできた作品で、結局DECKARD『STEREODREAMSCENE』に関しては日本はおろか本国イギリスでさえもリリースされなかったんだから‥‥そう考えるとこの『LOVE YOUR SELF ABUSE』という作品、非常に貴重なものとなるわけですが‥‥何でこれが当時大騒ぎされなかったのかが不思議で仕方ないんですよ。俺は彼等がTHE WiLDHEARTSと当時(97年頃)ツアーをしていたことからその名前を知ったんですが‥‥実はその音と接することになるのはもっと後で、彼等がDECKARDに改名してから暫く経った後。ずっとアルバムを探してはいたんだけど、なかなか見つからなくて。いや、俺の見つけ方が悪かっただけなんですが。唯一リリースされていたこの日本盤の中古を地元のCDショップで見つけた時の歓喜といったら。と同時に「こんな片田舎にも、俺と同じような音を求めてる奴が、少なくともひとりはいるんだ」と判ったのが大きな収穫だったわけで。ま、その辺の話はこっちの置いといて‥‥

DECKARDで彼等に魅了された人がそれと同じモノを期待するとちょっと肩透かしを食らうかもしれませんが、そのポップセンスは間違いなくDECKARDのそれと同等、あるいはそれ以上ではないかと個人的には思ってます。単純に趣味の問題になりますが、DECKARD以上にハードでパンキッシュな要素も含まれたBABY CHAOS時代の方が好みなんですね。特にこのセカンドアルバムではTHE WiLDHEARTSやTERRORVISIONといった同系統で括られることの多いバンド達とのツアー経験が良い方向に作用し、それらのバンドにも匹敵する内容になったのではないかと思っています。テンポ的にもアッパーな「She's In Pain」からスタートする点、そしてそれぞれの楽曲のエンディングと次の曲の頭の音がクロスフェードするという連続性、それによって伴う小気味良さ、DECKARDとは方向性の違った「モダンさ」等々、特筆すべき点は多いと思うんですが、やはり何よりも優れたメロディセンスと、それに乗せるボーカルの荒々しさ、ギターもDECKARD以上に暴れまくっている等、とにかく飽きさせずにガガーッと最後まで聴けてしまう内容。DECKARDがどこかじっくりと聴き込む的な要素を強く感じさせていたのと対照的に、こっちはより大音量で、大勢で騒ぐ為のアルバムといった印象を受けます。いや、だからこっちの方が荒くて劣るという意味ではなくて、より若々しいというか‥‥ま、THE WiLDHEARTS好きやパンキッシュなパワーポップ好きに大いにアピールする作品という意味ですよ。

このアルバムのリリースから既に6年、オリジナルバージョンから7年以上もの月日が経つわけですが、あの当時冷遇されたこの作品、THE WiLDHEARTSが再結成してウケる現在ならもっと高く評価されるんじゃないでしょうか。もし今、DECKARDがこのタイプのアルバムを発表したなら‥‥その彼等が今、この頃に比較的近い作風のアルバムを作っているという噂があります。この波に乗り遅れない内にリリースにこぎ着けて欲しいなぁ。だってこれだけの作品を作れる才能を持ったバンドなんだからさ。



▼BABY CHAOS『LOVE YOUR SELF ABUSE』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2003 10 02 12:00 午前 [1996年の作品, Baby Chaos, Deckard] | 固定リンク