« 矢口真里『おいら -MARI YAGUCHI * FIRST ESSAY-』(2003) | トップページ | あぁ!『FIRST KISS』(2003) »

2003/10/28

ENUFF Z'NUFF『1985』(1994)

ENUFF Z'NUFFが1994年にリリースした企画アルバム。正式なオリジナル・アルバムではなく、これは1985年頃に録音されたデモ音源を編集して1枚にまとめたもの。メジャーデビューが1989年だから、それよりも4年も前ってことになるんだけど、これがかなり面白い音源集でして。メジャーデビュー後の彼等は時代のせいか('80年代中~後半、アメリカではハードロックがブームだった)かなり硬質でビッグプロダクションなアルバムを連発してきたけど、ここで聴ける音源は‥‥まぁインディーズ紛いのデモ音源ということもあってかなりチープなんだけど、楽曲の構成がまず違うのね。メロディの潤いや根本的な部分は既にこの時点で完成されてるといっていいんだけど、何せ曲調がハードロックというよりもパワーポップ色の方が強いというか。確かに現在にも通ずるハードな面もあるし、いかにもアメリカ人的な大袈裟な面も同時に存在するんだけど、ここではもっとルーツに忠実というか‥‥例えば彼等がインディーズシーンでのブレイクの切っ掛けとなった "Catholic Girls" なんて曲調とかドニー・ヴィの歌声がまんまエルヴィス・コステロなのね。他にもコステロを彷彿させる楽曲はいくつもあるんだけど、他にもCHEAP TRICKだったり、それこそBEATLESだったり。そういったルーツを臆面もなくひけらかしてるのがこのアルバム。実はこのアルバムが好き、っていうズナフ・ファンって結構いるんじゃない?

メンバーはさすがにリリース当時のメンツとは違い、ドニーとベースのチップ・ズナフは基本メンバーだからいいとして、ギターには'90年代中盤の彼等を支えた旧友・ジーノ・マルティノが、ドラムにはB・W・ボウスキーという人が参加してます。ま、ジーノに関しては「おいおい、こういう曲でそんなに弾きまくらなくても‥‥」とちょっと困ってしまう面もあるにはあるんですが、まぁそれも時代ってことで、ええ。基本的にはギターもそんなに歪んでないし(メジャー3作と比べてね)もっと温かみがある音がするんですよね。ドラムの音色も前作までにあった人工色は全くないし。ま、プロデュースらしいプロデュースがされてないってのも大きな要因なんでしょうけど。けどミックスに関しては一応一流所のクリス・シェパードが担当してるんですよね。だからちゃんと聴けるものに仕上がってるってのもあるんでしょうね。

アルバムはいきなりSMOKEY ROBINSON & THE MIRACLESの'70年のナンバー1ヒット曲、"Tears Of A Clown" で始まるんですが、この辺の遊び心もまた憎い。ギターソロを除いてですけどね(相変わらず弾き過ぎ)。余韻を引きずったまま名曲 "Catholic Girls" へと流れていくんですが、これが自然な感じでまたいいんですわ。またまたコステロっぽい "Day By Day"、絶対にジョン・レノンを意識してるであろうピアノバラード "No Second Time" ときて、イントロの泣きメロが印象深い "Hollywood Squares"(どう聴いてもコステロ!)、ちょっとCHEAP TRICK的かな?と思えなくもないポップロック "Fingers On It"、BON JOVI辺りの哀メロ・ハードロックを彷彿させる美メロ・マイナーチューン "Aroused"、これぞアメリカン!なハード・シャッフル "Marie"、典型的なアメリカンロック "I'll B The 1 2 Luv U"、アルバム中最もヘヴィな側面を持つ?メロディアスロック "Goodbye, Goodbye" で終わるかと思わせて、シークレットトラックとなるアコースティックナンバー "You Got A Hold Of Me" で終わる。約40分というトータルランニングも丁度いいし、とにかくメジャー3部作と違って気楽に聴けるのがいいですね。ここにはドラッグによるドンヨリとした重い空気もないし、サイケな色合いもないし、意図したヘヴィさもない。凄く自然体なんですね。自然体だからこそ、若気の至りでギターソロ弾きまくったり、聴いてて恥ずかしくなるような「まんま」な引用も登場する。けどそれは決して悪いことだと思わないし、むしろその後の「完成された」ズナフを考えると「これがあったから今があるんだな」と素直に思えるんですね。そういった意味で非常に重要な1枚ですし、むしろファーストから聴くよりもこのアルバムを最初に聴いた方がいいんじゃないか‥‥って思える程。ま、これから聴いちゃうと、その後のハードロック路線がちょっと歯がゆく感じるかもしれませんが‥‥

そうそう。丁度このアルバムの頃('94年)ってアメリカでもレコード契約がなくて、日本でアルバムを3枚(「1985」含む)リリースしてるんですよ。アルバムジャケットだけでなくリリースした時期とか順番も若干変わってくるんですね。一応今回はUSでのリリース順を参考にレビューで取り上げる順番を決めてます。ま、読む方としてはあまり関係ない話かと思いますが‥‥



▼ENUFF Z'NUFF『1985』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2003 10 28 06:46 午後 [1994年の作品, Enuff Z' Nuff] | 固定リンク