« DIFFUSER『MAKING THE GRADE』(2003) | トップページ | 「MAGIC ROCK OUT」@幕張メッセ(2004年3月20日) »

2004/03/20

THE GET UP KIDS『GUILT SHOW』(2004)

THE GET UP KIDS 約2年振り、通算4作目(レアトラック集は除く)のフルアルバム「GUILT SHOW」。前作「ON A WIRE」でR.E.M.等を手掛けるスコット・リットを迎えて「脱エモ」的路線へと進化していった彼らのスタイルは、この新作でも更に激化しているように感じます。

個人的にはセカンド「SOMETHING TO WRITE HOME ABOUT」で聴かせてくれた路線が好きだったりするんですが‥‥うん、これはこれで「アリ」かな、と。正直なところ、前作はあんまりピンとこなかったんですよ。なのにその延長線上にある新作は意外とツボだった。何故なんでしょうか?

今回のアルバム、初期の作品を手掛けるエド・ローズが再びプロデュースに当たってます。もしかしたら、そういった要素も少なからず彼らの作品作りに影響してるのかもしれませんね。しかし、そう簡単には「エモ」路線へ行ってたまるか!みたいな意地というか心意気も十分に感じられ、しかもそれが空回りせず上手く機能している。恐らく人間として、ミュージシャンとしてひと回りもふた回りも大きくなり、余裕が出てきたというのもあるんでしょう。とにかくバンド名通りのサウンドを体現していたファースト~セカンドの路線とは異なる‥‥いや、その路線を踏まえつつ、更に数歩前へ踏み出したイメージ。それがこの新作の印象ですね。

オープニング "Man Of Conviction" でのパンキッシュな疾走チューンに思わず仰け反ってしまい、「新作は原点回帰か!?」と一瞬思うものの、その後は前作にあったような非常に穏やかで和やかなギターポップを聴かせてくれます。最近のエモとは一線を画する、本当の意味での「エモーショナル」な『歌』と『演奏』を聴かせてくれる、それが今のTHE GET UP KIDSの魅力なのかな、と。残念ながらまだライヴを観る機会がないんですが(セカンドリリース後の来日公演を大阪で観れそうだったんですが、結局観れず終い。一昨年のフジロックでも何故か観なかったしね)、多分今の方が面白いんじゃないかな‥‥とこの新作を聴いて思いました。およそライヴ向きとは言い難いアルバムラストの流れ‥‥"Is There A Way Out" ~ "Conversation"、そしてボーナストラックながらも極上のエモーショナル・チューン "Like A Man Possessed" 等。とにかく濃くて深いエンディングで、本当に興味深い作風になってますよ。

前作でスコット・リットを起用した時、本気で「こいつらは次世代のR.E.M.になりたいんじゃなかろうか!?」って思ったんだけど、それもあながち間違ってないような気がしてきました‥‥特にこの「GUILT SHOW」という作品を聴く限りでは、彼らは順当にその道を進み始めたと言ってもよいでしょう。後は多くの人に聴く切っ掛けを与えるだけだ。FOUNTAINS OF WAYNEが昨年アメリカであれだけブレイクしたんだもん、THE GET UP KIDSだってチャンスさえあれば‥‥ねっ、そう思わない?



▼THE GET UP KIDS『GUILT SHOW』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2004 03 20 07:38 午後 [2004年の作品, Get Up Kids, The] | 固定リンク