« 「Happy Lives」@代々木公演屋外ステージ(2004年7月18日) | トップページ | FRF04総括 »

2004/07/27

DONAVON FRANKENREITER『DONAVON FRANKENREITER』(2004)

ジャック・ジョンソンの盟友ってことでここ日本でも紹介される機会が多いドノヴァン・フランケンレイター。実はジャック同様、プロサーファーとしても活躍してきた有名人で、このファーストアルバム以前にもインディーレーベルからミニアルバムを2枚程、リリースしていた過去があります。殆ど日本の市場には流通しなかったこのミニアルバム、昨年の朝霧JAMで初来日を果たした時、会場内で販売され完売しただけでなく、一部都内の外資系CDショップの店頭に並んだものの、すぐに売り切れるといった人気振り。局地的な人気を保っている証拠でしょうか。

実は俺、昨年の朝霧で彼を観てるんですが‥‥なんか能天気なアコースティックセットだったな、という記憶しかないんですよね。ま、朝イチだってってのもあるんでしょうけど、そこまで熱心に観なかったんですよ。後半、BONNIE PINKがゲスト出演したのにも気づかない程でしたし(後で知らされて「あーそうだったんだ」って思ったくらいですから)。

そんな俺が何故急にドノヴァンにハマったのかというと‥‥これはもう、完全にジャック・ジョンソンからの流れですね。ジャックのアルバムにドップリハマって、そこからG・ラヴへと流れ、そしたら知らない間にメジャーからリリースされていたドノヴァンのファーストUS盤を注文して‥‥届いてから毎朝、寝起きに聴いてるのはこればかりですね。

ジャック・ジョンソンよりもアッパーでポップ。それがドノヴァンの第一印象かな。アコースティック主体なんだけど、所々でエレピとかも入ってきて、またジャックのサウンドとは若干違うのね。昨年観たライヴではドノヴァンが歌とギターで、あとはもうひとり、パーカッションのメンバーがいるだけという構成。それで「ドノヴァン・フランケンレイター・バンド」と名乗ってたんだから‥‥

熱すぎない、適度な掠れ具合の声がまた心地よく、客演として参加しているジャック・ジョンソンやG・ラヴも彼等らしい個性を醸し出しつつも裏方に徹してドノヴァンの歌をより引き立てています。音の厚みは明らかにジャック・ジョンソンよりもある。ドラムとパーカッションが同時に鳴ってたり、更にエレキとアコギが2本重なってたり、そこにエレピやオルガンの音が被さるんだから。けど、それでいて「スカスカ感」もしっかり残ってる。この絶妙なアレンジはジャックのセカンド「ON AND ON」も手掛けたマリオ・カルダート・JR(過去BEASTIE BOYSにも参加していた)の手腕によるものでしょうね。

スキンヘッドのジャック・ジョンソン、髭モジャのドノヴァン・フランケンレイター。2者2様なんだけど、最終的にたどり着く地点は一緒という、ね。ホント、愛すべき奴ら、愛すべきアルバムですよ。

こうなると、俄然楽しみになってくるのがフジロック。一体このアルバムのサウンドをどういった編成で再現するのか。アルバム同様、トリオ+αな構成で再現するのか、それともまたふたりという最小編成で歌うのか。ま、どっちにしろ曲がいいんだし、あの環境で聴いたら‥‥イチコロに決まってるよね。



▼DONAVON FRANKENREITER『DONAVON FRANKENREITER』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2004 07 27 12:00 午前 [2004年の作品, Donavon Frankenreiter] | 固定リンク