« つまり、こういうこと? | トップページ | とみぃ洋楽100番勝負(6) »

2004/08/24

BUMP OF CHICKEN『ユグドラシル』(2004)

 ひと通り聴いた感触として、


  「難産だったろうな‥‥」


という印象を受けました。

 別に前作から2年半も間が空いたから、とかそっちを言ってるんじゃなくて、表現者として非常に苦しんだ1枚だったんじゃないかな、と感じたのね。アルバムの作風がこうだから、とか、コンセプトがこうだから、とか、いろいろ思う事はあるけど、個人的にはこういう作品が大好き‥‥というか、すっげー共感する部分が多いから、すんなり入って行けるんだよね。

 ミスチルでいえば「深海」。

 ゆずでいえば「トビラ」。

‥‥って全部トイズじゃんか。苦笑

 いや、久し振りに「アルバムとして」楽しめるバンプの作品集だと思いました。もっと聴き込んでいろいろ味わってみます。

 12月の幕張、とりあえず申し込もうかな。それまでには演奏もっと上手くなってるといいね!



▼BUMP OF CHICKEN『ユグドラシル』
amazon

投稿: 2004 08 24 11:08 午後 [2004年の作品, BUMP OF CHICKEN] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62417/2019246

この記事へのトラックバック一覧です: BUMP OF CHICKEN『ユグドラシル』(2004):

コメント

コメントを書く