« 今年の年末 | トップページ | ZIGGY『VICISSITUDES OF FORTUNE』(2004) »

2004/09/23

とみぃ洋楽100番勝負(35)

●第35回:「Bullet The Blue Sky」 U2 ('87)

 U2の大出世作となった「THE JOSHUA TREE」の4曲目に収録されている、シングルにもならなかった1曲。けど俺にとっては非常に重要な曲なんですよね。

 「THE JOSHUA TREE」といえばまず "With Or Without You" でしょうかね。そして "I Still Haven't Found What I'm Looking For" といったシングルヒット曲が『アルバムを代表する曲』なんでしょうね。いや、それは間違いない事実ですよ。実際俺もそれらの曲が大好きだし、人に薦める時はそれらの曲名を挙げますからね。

 けど‥‥俺にとっては‥‥この時期‥‥'80年代中盤から'90年代に突入するまでのU2というのは、非常に重苦しくて、時に宗教色さえ強く感じさせる、そんなシリアスなバンドだったわけですよ。まぁ、「WAR」辺りからその片鱗は十分ありましたけど。

 そもそも「THE JOSHUA TREE」って言葉自体が、そっちですからね。

 そして‥‥反米感情みたいなものが強く表出し出したのも、この頃かなぁ。"Bullet The Blue Sky" っていうヘヴィな曲もその流れにある1曲と言えますよね。この渋いながらも魅力的な1枚の中でも、特に印象深いのはこの曲なんじゃないかな。これが "With Or Without You" と "Running To Stand Still" の間に挟まれている。それによって更に曲自体の「ヘヴィさ」と曲本来が持つ「重さ」を際立たせてるように映ります。

 そして‥‥初めてU2のライヴを観た横浜アリーナで、この曲を聴いた時の衝撃‥‥それがね。本当に忘れられないのよ。詳しくは映画「RUTTLE & HUM」、そして同名アルバムでのライヴテイクをご覧&お聴きください。

 凄くまっすぐで生真面目なバンド、U2。だからこそ‥‥その反動からきた'90年代のU2には腰を抜かしたわけよ。そして‥‥だからこそ信用できたんだよね、「人」として。



▼U2「THE JOSHUA TREE」(amazon

投稿: 2004 09 23 12:00 午前 [1987年の作品, U2, 「100番勝負」] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62417/1906403

この記事へのトラックバック一覧です: とみぃ洋楽100番勝負(35):

コメント

コメントを書く