« THE MAD CAPSULE MARKETS『CiSTm K0nFLiqT...』(2004) | トップページ | 可能性の道 »

2004年9月27日 (月)

とみぃ洋楽100番勝負(39)

●第39回:「Angel Of Death」 SLAYER ('86)

 高校に入学して最も嬉しかったのは、他所の中学から沢山の、いろんな趣味を持った人間が集まってくること‥‥つまり、その中には自分と同じような「好みの音」の人や、まだ自分が未開拓な世界を知っている人がいるってことですよ。

 THE SMITHSとほぼ同時期に、このSLAYERも高校で知り合った友達に聴かせてもらったんですよ。というかレコード借りたんだ。しかも相手は女の子で。その子からはQUEENSRHYCHEとか初期ANTHRAXとか守護神伝パート1の頃のHELLOWEENとか、いろいろ教わったなぁ‥‥一緒にHELLOWEENの初来日公演にも行ったもんな。

 という昔話はこっちに置いといて‥‥

 「とにかく速いよ、METALLICAより速いから!」というリコメンドをいただいてから借りたSLAYERの3rdアルバム「REIGN IN BLOOD」‥‥速い。確かに速いよ。けどさ‥‥メチャクチャ残虐だよね、音が。今まで聴いてきたスラッシュメタルってのは一体何だったの!?と思わせる程に、速くて暴力的で殺傷力抜群。だって歌い出しがいきなり「アウシュビッツ!」だもん‥‥そりゃ衝撃以外の何ものでもないでしょ?

 アルバム通しても30分に満たないんだよね、このアルバム。しかもラストの「RAINING BLOOD」が終わると、エンドレスで雨の音が。CDだと途中で切れちゃうんだけど、俺何も知らなくてさ‥‥ダビングしてる最中に寝ちゃって(寝るなよ)‥‥そしたら46分テープ、残り10分近く、ずっと雨と雷の音が入ってて、知らずにテープ聴いてチビりそうになったことあったっけ。

 全曲オススメだけど、やはり『スラッシュメタルの何たるか』を具体的に表現したという意味で、この "Angel Of Death" を最初に聴いて欲しいな。ほぼ同時期にデビューしたMETALLICAが、このアルバムと同じ時期に「MASTER OF PUPPETS」という大作主義/プログレッシヴな様式美を追求して、もうひとつの『スラッシュメタルの在り方』を表明したのが、非常に興味深いよね。



▼SLAYER「REIGN IN BLOOD」(amazon

投稿: 2004 09 27 12:00 午前 [1986年の作品, Slayer, 「100番勝負」] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62417/1936219

この記事へのトラックバック一覧です: とみぃ洋楽100番勝負(39):

コメント

コメントを書く