« 松浦亜弥コンサートツアー2004秋 〜松◇クリスタル◇〜@神栖町文化センター(2004年11月21日) | トップページ | 最後の夜 »

2004/11/23

とみぃ洋楽100番勝負(97)

●第97回:「Mother」 JOHN LENNON ('70)

 男なんて、多かれ少なかれ皆マザコンの気を持ってる。それはどんなに偉い奴だろうが、貧しい奴だろうが、自分の母親を大切に思わない男なんていないってことだよ。女性が父親に対して感じる愛情とは、また違った形の愛情なんだろうなぁ‥‥いや、俺は女性になったことないから、正直その違いはハッキリとは判らないけど。

 ジョン・レノンの、母親に対する愛情や想いというのは、ファンのみならず、ちょっとした洋楽ファンならご存知でしょう。そのジョンがBEATLES解散後に発表した、最初のアルバムの1曲目に収録されたのが、この "Mother" という赤裸々な叫び。本当の意味での「魂の叫び」なんですね、これ‥‥だから邦題の「ジョンの魂」というタイトルは、実は凄いピッタリなんですよ。勿論これ以外の曲に対しても言えることなんですが。

 あまりにストレート過ぎて、当時のBEATLESファンの中にはついていけなかった人もいたそうですが、BEATLES後しかしらない、BEATLESがいた時代をリアルタイムで知らない俺等からすれば、これ以降のジョンこそが我々がよく知るジョン・レノンなんですよね。そして、そんなジョン・レノンに俺は惹かれたわけなんですよ。

  俺はジョン・レノンにはなれないし、なりたいとも思わない。だけど、この曲から感じられる愛だったり喪失感だったり‥‥そういった感情は共感できるし、むしろしたいと思う。それは俺が男だからかもしれないけど。



▼JOHN LENNON「PLASTIC ONO BAND」(amazon

投稿: 2004 11 23 12:06 午前 [1970年の作品, John Lennon, 「100番勝負」] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62417/2042461

この記事へのトラックバック一覧です: とみぃ洋楽100番勝負(97):

コメント

コメントを書く