« 最強コンビ、再び。 | トップページ | 気になる洋楽ニュースを »

2004/12/09

JOHN LENNON『ACOUSTIC』(2004)

 今年も12月8日が何事もなく、普通に過ぎていきました。特にここ2〜3年は、12月8日だからといって「彼」の曲を聴くとか、そういった儀式めいたことをしてきませんでした。既にそれ自体、前のサイトの最初の年に、彼に対する想いを全て言葉にしてしまいましたからね。まぁ多分意識してなかっただけで、実際には聴いてたんだろうけど、全然記憶に残ってないってことは‥‥それだけ、俺自身の中でも風化されちゃってるってことなのかしら。

 今年も12月8日が来ました。既に24年も経ってしまってるんですね。あともう7年もすれば、ジョンが亡くなったのと同じ年齢なのか。何だか凄く不思議な気分だな、それ。

 長年ロックを聴いていると、亡くなってしまったアーティスト達の年齢を、自分が超えてしまうという機会が何度も何度もあるわけで。特に30過ぎると、それはもうね‥‥大体、20代後半で亡くなってる人、多いじゃないですか。27才ってのが結構集中してるよね、カートにしろ、ジミヘンにしろ、ジャニスにしろ、ブライアンにしろ。もうジム・モリソンも、スティーヴ・クラークも超えちゃったんだな、自分‥‥そりゃ年取るわけだ。そして生き残った奴らも老けていくわけだわ。

 日本では9月に、欧米では11月になって、ジョン・レノンの新しい編集盤「ACOUSTIC」がリリースされました。文字通り、アコースティックな楽曲を集めたものなんですが、これが所謂「未発表デモ音源集」みたいな代物で、賛否両論なんですよ。ま、確かに「否」の声が多いの、判る気がする。だって、完全にホームデモがメインになってるし、しかも妙なエフェクト(全体にコーラス系のエフェクトをかけたような、音がゆらゆらしたイメージ)がかけられてるし。そりゃオノ・ヨーコがファンから批判されるのも無理ないわな。

 けどね‥‥いろんな意味で感慨深くもあるわけ。こうやってアコギ1本で歌われる、音質の滅茶滅茶悪いデモ並みの音源を聴いてると、まるでジョンが戦前のブルーズマン、例えばレッドベリーとかロバート・ジョンソン辺りと同じように思えてくるんだよね。そんな人達の、秘蔵音源発掘!みたいな編集盤を聴いてる感覚。ギター1本で一発録りってのもあって、余計にそう感じるんだわ。

 ここに収められた楽曲の殆どが、ちゃんとスタジオテイクで(それはまんまアコースティックだったり、あるいはバンド用にアレンジされて)オリジナル・アルバムに収録されてるものばかりだけど、個人的には新しい発見も幾つかあって。'60年代末〜'70年代のブルーズだったんだな、ジョンの歌は。けど「Blues=悲しい」歌だけじゃないんだよね、ジョンのブルーズは。愛に溢れてた。それがジョン・レノンなりの、新しい形のブルーズだったんじゃないかと。このどうしようもなくダメダメなアルバムを聴いていて、そういう風に思えてきて。そう思えたなら、このダメさ加減も急に愛おしく思えてきて‥‥それじゃダメなんだけどさ。

 多分このアルバム、年に何度も棚から引っ張り出して聴くようなアルバムじゃないと思う。これ聴くなら、何百回と聴いてるオリジナル作を進んで聴くもんな。けど‥‥こういう夜には、もしかしたらまた聴きたくなるかも。何となくそう思えた、12月8日から9日に日付が変わる夜なのでした。



▼JOHN LENNON『ACOUSTIC』
amazon

投稿: 2004 12 09 01:00 午前 [2004年の作品, John Lennon] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62417/2201063

この記事へのトラックバック一覧です: JOHN LENNON『ACOUSTIC』(2004):

» 聴いてない 第46回 ジョン・レノン from 言黙(ことだま)
1980年12月8日は、世界中のロックフ 続きを読む

受信: 2004/12/10 15:48:13

コメント

コメントを書く