« ボーナスシーズンにボックスセット | トップページ | まだまだあるよ、ボックスセット »

2004/12/03

CINDERELLA『ONCE UPON A...』(1997)

というコーナーが「RADIO TMQ」にはあるんですが、これは「洋楽初心者に向けて、初めて聴くアーティストはとりあえずまぁベスト盤から手軽に入門して、活動歴の長いアーティストだとベスト盤が複数出てるので、どれから聴けばいいのかの手解きをしつつ、そこから続いてどのオリジナルアルバムに手を出せばいいか等のアドバイスをする、お節介な」企画でして。最初の頃は月イチ企画でアルファベット順にアーティストを紹介してたんですが(「A」はAEROSMITH、「B」はボブ・マーリー、「C」はCHEAP TRICK、みたいな)、10月からは番組が90分化したことで、毎回やれるようになったんですね。

 そこで、10月からはベスト盤の中から1曲と、続いてそのアーティストのその後(近況や、解散してるバンドの場合は解散後の各メンバーの動向)を紹介しながら最近の楽曲を流す等いろいろ工夫を加えて、どうにか「RADIO TMQ」の目玉コーナーのひとつにならないか?と試行錯誤を繰り返してる最中だったりします。

 でね。折角このブログが始まったことだし、ラジオも明日から再開するってことで、いっそのこと「ラジオで紹介したベスト盤を文字でも紹介したらどうか?」なんて思いつきましてね‥‥ま、まだ紹介してないアーティストでもいいわけですが。要するに、新コーナーですよ、「TMQ-WEB」の。スタートしていきなり完結してる企画(「とみぃ洋楽100番勝負」)とかあるんで、これから始める企画とかあってもいいじゃないか、と。まぁ「10年前」ってカテゴリも厳密には企画モノなんですけどね。

 さて。早速本日から不定期で始めるこのブログ版「ベスト盤イイヨネー!」。最初はいきなりCINDERELLAですよ。けどこれ、明日取り上げるわけじゃないのでご了承を。じゃあ何でいきなりCINDERELLAなのかといいますと、数日前にこのベスト盤「ONCE UPON A...」を購入してしまったからなんですよ。中古で。つい懐かしくなって。



▼CINDERELLA『ONCE UPON A...』(amazon


 俺が買ったのは海外盤よりも2曲(1st「NIGHT SONGS」からの "Night Songs" と "Push, Push")多く収録された日本盤なんですが、残念ながら現在廃盤みたいなので、上で紹介するのはUS盤です。まぁ基本的な代表曲はUS盤でも何ら問題ないので、これから聴こうって人はひとまずこれから手に取ってみてください。

 内容的には1st「NIGHT SONGS」から解散前の4th「STILL CLIBMING」まで、それぞれシングルカットされたりPVになった有名曲ばかりなので、ほぼ代表曲が揃ってるといえるでしょう。その他、映画「ウェインズ・ワールド」のサントラのみに収録された曲や、コンピ盤に収録されたジャニス・ジョプリンのカバー "Move Over" も入ってるし、更にはこのベスト盤前後に再結成したことによって実現した新曲 "War Stories" まで入ってるんだから、ホントこれ1枚聴けば問題ないかと、初心者は。

 けどね‥‥このバンドの本質を掴みたいなら、絶対にこの後に「LONG COLD WINTER」と、そして大ヒットには及ばなかったけど隠れた名盤の3rd「HEARTBREAK STATION」は聴いて欲しいなと。1stは時代の流れに合わせたHM/HR路線がメインになってるけど、やはりその後に「本当にやりたかった」ブルーズロック路線へと移行した2nd、そしてバックトラックだけ聴いたら単なるエアロやROLLING STONESフォロワーじゃねぇの?って程に激渋な3rdこそが、このバンドの本質なんですよね。ここに収録されてない2ndの曲にしろ3rdの曲にしろ、モロなブルーズも入ってたり、カントリーじゃねぇのそれ?みたいな曲まであるから、是非興味を持ったなら聴いて欲しい名盤の数々ですな。

 あ。最後に追記。2ndにはドラマーとしてかのコージー・パウエル先生が数曲参加しています。聴けば何となく判りますから、是非それ込みで聴いてみてくださいまし。



▼CINDERELLA『LONG COLD WINTER』(amazon

投稿: 2004 12 03 08:32 午後 [1997年の作品, Cinderella] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62417/2141987

この記事へのトラックバック一覧です: CINDERELLA『ONCE UPON A...』(1997):

コメント

コメントを書く