« 悲しいとき | トップページ |  メロン記念日『THE 二枚目』(2004) »

2004年12月 6日 (月)

QUEEN『A NIGHT AT THE OPERA』(1975)

「とみ宮」時代に執筆しておきながら、アップするチャンスがないまま現在に至る、というレビューが幾つかあるんですね。そして、「とみ宮」終了後に次サイト……まだこういう形で再開しようと決める前に、とりあえず書いていたレビューも少々あるんですわ。で、そういう浮かばれないレビューを紹介しようじゃないか、と。特にQUEENAEROSMITHTHE WiLDHEARTS関係のレビューに多いんです。

そのままアップできるものはそのまま、中には時間が経ち過ぎて多少手を加えたくなるものもあるので、そういうのは書き直したりして。そんな感じで時々アップしてこうかと思います。

というわけで、最初はQUEENのこの名盤から……。

QUEENが1975年にリリースした通算4作目のオリジナルアルバム。日本では『オペラ座の夜』という邦題で馴染みがあるかと思います。

一般的にQUEENのオリジナルアルバムでまず最初に手が伸びそうなのが、このへんのアルバムなのかな? 最近では某ドラマの影響で「I Was Born To Love You」がもてはやされてますが、やはりQUEENといえば「Bohemian Rhapsody」だ、というのは今も昔も変わらないですよね。良くも悪くも、QUEENというバンドのパブリック・イメージを決定づけた1曲。その名曲中の名曲を含むオリジナル作という以上に、彼らの音楽的キャパシティの広さ、クオリティの高さにただただ息を呑むり……そんなアルバムです。

1曲1曲を取り上げれば、ホントにいろんなタイプの楽曲が存在するんですよ。ストレートなハードロックだったり、アコースティックバラードだったり、ポール・マッカートニーを彷彿とさせるポップナンバーだったり、ボードビルっぽいオシャレな曲だったり、オペラ調の大作だったり。メンバー4人がみな、独立したソングライターというのもあるし、ベースのジョン・ディーコンを除く3人がリードボーカルを取れるという強みもある。そういう意味では非常にビートルズKISS的なんだけど、音楽面には本当に幅広い、いや、広過ぎる。ロックにこだわらない貪欲なミュージシャンシップとでもいいましょうか。それが時として仇になる場合もあるんですが、ハマッてしまえばもうこっちのもの。二度と抜けられないんですよね、この世界から。

ストレートなハードロック色が強かった1stアルバム『QUEEN』(1973年)、トータル性を重視したコンセプトアルバムだった2ndアルバム『QUEEN II』(1974年)、そこからさらに一歩踏み込んだ3rdアルバム『SHEER HEART ATTACK』(1974年)ときて、この4作目でQUEENはひとつの完成型を生み出すわけです。いや、それまでの完成型であるにも関わらず、さらに高みを目指そうとしてるんじゃないか。改めて個々の楽曲を聴くと、そう思えてなりません。だってアルバム1枚を通して表現してきた世界観を、1曲の中にすべて詰め込むことに成功してるんですから。

個人的には“「Bohemian Rhapsody」が入ってるオリジナル作”というよりも、“「You're My Best Friend」と「Love Of My Life」が入ってるアルバム”という認識のほうが強いかな。だって、「Bohemian Rhapsody」はベストやライヴ盤を買えば必ずといっていいほど入ってるしね。ま、それら全部をまとめて聴けて、さらに「Death On Two Legs」や「I'm In Love With My Car」といったハードロック・チューン、「The Prophet's Song」といった壮大なオペラチューンも聴ける。というか、散漫なようで非常に練られていて、アルバムとしてすんなり聴けちゃう1枚なんですよね。曲間が殆どない箇所が多いから、アナログだったらどこからどこまでが1曲なのか判らないこともあったんじゃないかしら?

とにかく。オープニングからラストのイギリス国歌「God Save The Queen」まで、じっくり味わってください。こんな優雅なアルバム、今の時代にはほとんどどお目にかかれないでしょうからね。



▼QUEEN『A NIGHT AT THE OPERA』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3

投稿: 2004 12 06 03:40 午前 [Queen1975年の作品] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: QUEEN『A NIGHT AT THE OPERA』(1975):

コメント

コメントを書く