« 「RADIO TMQ」#23、放送終了! | トップページ | 思い入れと感じ方 »

2005/02/14

「アンチノブナガ」ってどんなバンド?

 以前こちらのエントリで紹介したHIGH and MIGHTY COLORについて、「その後どうなったの?」とか「聴いた感想聞かせてください!」という反響が意外に多くて、正直俺としてもビックリしてます。意外とメタルファン、というか元メタラー辺りからの反応が良くてさ。現役のメタラーの皆さんがどう思ってるのかは知りませんが、確かに現在日本のヒットチャートにこういったハードロックやヘヴィメタル的なサウンドを持つバンドが上位入りすることは殆どないので、そりゃ期待したくなる気も判ります。

 でですね。あのエントリを書いた日、早速シングル「PRIDE」を買って帰ったんですよ。と同時に、Amazonの方でハイカラ以前の「アンチノブナガ」時代の音源が収録されているというオムニバス盤の存在も知り、そちらも注文しましてね‥‥今日は「ハイカラ完結編」ってわけじゃないですが、両方を聴いた感想を書いていこうかと思います。

 まずハイカラ「PRIDE」。タイトルチューンに関しては前にも軽く感想書きましたが、適度にポップでギターも思ったよりもヘヴィじゃないんですよね。ソロも簡単なプレイっていう印象が強く、ヘヴィメタル的なプレイ面での派手さは皆無かな、と。その反面、シンセや同期するシーケンス音が派手で、如何にもJ-POPといった装飾が施されてます。個人的にはストリングス系のシンセ(あるいは生ストリングス)が入った、メロウな曲が好きなので、この曲の後半、ギターソロ明けのパートの壮大さが非常に気に入ってます。ちょっとシンフォニック・メタルっぽいかな?なんて思ってね。

 この曲さ、男性ボーカルで歌い上げたら立派なHM/HRだよね? タイプは違うけど‥‥正直エリック・マーティン辺りが歌っても全然通用するよな、と。ポップソングとしても、そしてロック(HM/HR)としても十分通用する作りになってるなと感じました。

 カップリング曲の内、"光るカケラ" もヘヴィメタリックな要素が強い1曲なんだけど、歌だけ聴いてるとEVERY LITTLE THING辺りと同じものを感じますね。ホント、歌メロだけ聴くと普通のJ-POPなんですよね。バックトラックのヘヴィさはそれなりなのに。そういう意味ではHM/HRというよりは‥‥やはりLINKIN PARK以降かな、と。

 そして最後の "all alone" なんですが‥‥個人的にはこれが一番好き。イントロだけ聴くと思わずLINKINやEVANESCENCEか!?と思ってしまうザクザクしたギターが小気味いいバラード調ヘヴィロック。が、曲が進むにつれてメタル色がどんどん強く感じられて、特に中盤の男性ボーカルのラップパートがデス声での絶叫に変わる辺りで、思わず小さくガッツポーズ取っちゃいましたからね。その一瞬にARCH ENEMY辺りからの影響を感じちゃいましたよ(ホントは違うかもしれないけど)。うん、この曲は素直にカッコいいです。

 確かに普段メタルものばかり聴いてる耳にはヤワかもしれませんが、こういう音が(タイアップの影響とはいえ)チャートの上位に数週居座るという状況がね、もう面白くて。ORANGE RANGEの弟分的に捉えられがちですが、出所は全然違うわけですから、一緒くたに語って欲しくないなと思いますよ。こりゃ確かにアルバム楽しみだわ。



▼HIGH and MIGHTY COLOR「PRIDE」(amazon


 んで、それから数日後に、今度はアンチノブナガの音源が届きまして。ORANGE RANGEがインディーズ時代に在籍した沖縄のレーベル「Spice Records」から2003年6月にリリースされたオムニバス盤なんですが、ここに6組のバンドが各2曲ずつ楽曲提供してるんです。アンチノブナガも "Hate you!" と "meaning" という2曲を提供していて、どんなヘヴィメタルを聴かせてくれるのか‥‥と期待いっぱいでCDを聴いたわけですよ‥‥

 ‥‥えーっと‥‥

 これ‥‥ただのヘヴィロックじゃん。ただのモダンヘヴィネスじゃん。


 orz


 確かに要所要所からはヘヴィメタル的な要素を感じるんですが、基本的にはメタルというよりもラウド系。ボーカルも歌い上げるというよりも、ラップメタル的なもの。一応歌詞は全部英語みたいなので、サマにはなってるけどね‥‥時にデス声が入ったり、普通にメロディを歌い上げたり、ラップっぽくなったり‥‥まぁヒップホップに影響受けてバンド始めました、というよりは、LINKINはその類のバンドから影響を受けました的な音かな。

 そういう意味では、メジャーに行って更に「ホントにやりたい事」に近づいてるのかな‥‥歌がちゃんと唄える女性ボーカル入れて、男性ボーカルの方はそれまでと同じ方法で何ら変わらず。この辺のインタビュー読むと、あーやっぱり「周りにも同じようなバンドが沢山いる」と感じてたんだな、と。それが本心なのか「言わされてる」のかは別として‥‥

 とにかく。この音楽性の変更は歓迎すべきものだと思います、ええ。

 頑張れ、HIGH and MIGHTY COLOR。



▼「沖縄2003 〜沖縄の六傑(ロケッツ)〜」(amazon

投稿: 2005 02 14 01:49 午前 [2005年の作品, HIGH and MIGHTY COLOR] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62417/2918823

この記事へのトラックバック一覧です: 「アンチノブナガ」ってどんなバンド?:

コメント

コメントを書く