« 正しく「Oh My God」ですな。 | トップページ | 「RADIO TMQ」#23、2/5(土)24時から放送! »

2005/02/03

DEAD ENDというバンドを知ってますか?

DEAD END、当時の貴重なライヴ映像付のベスト盤リリース(BARKS)

 にしても、何故この時期にDEAD ENDのベスト盤なのか、と。例えばL'Arc-en-Cielが大ブレイクしてた頃、あるいは初期の黒夢がライヴでカバーしてた頃に再評価されて‥‥なら判りますが。そもそも、そういう時期にDEAD ENDを語るのはやはり時代遅れと捉えられてましたよね。俺自身、未だに大好きなバンドですし、生涯出会ってきた日本のバンドの中でも5本の指に入る程好きだし、バンドをやる上でも非常に影響を受けた存在なんですよ。

 DEAD ENDはこれまでに1枚、1997年という微妙な時期にベストアルバム「ALL IN ONE」をリリースしています。



▼DEAD END「ALL IN ONE」(amazon


 ここには今や入手困難なインディーズ盤「DEAD LINE」からの楽曲や初期ソノシートに収録されていた楽曲等4曲、ビクター〜BMGへの移籍という微妙な時期にリリースされたシングル曲 "BLUE VICES"(オリジナル・アルバム未収録)や、事実上最後の作品となってしまったシングル曲 "GOOD MORNING SATELLITE"(共にシングルは廃盤)といった貴重な楽曲も収録された、個人的には悪くない1枚だったんですよ。まぁ確かに足りない曲が多いですけどね‥‥それでもこのベスト盤、今でもよく車の中で聴く機会が多いですね。勿論、オリジナルアルバム4枚が最強なわけですけどね。

 そして、新しいベストアルバム。どうやらこちらのファンサイトで実施した「究極のベスト盤が欲しい」というアンケートがレコード会社(BMGファンハウス)に影響を及ぼしたみたいですね。凄いことです(結果はこちら)。

 完全にこの結果が採用されたわけではなく、あくまで「参考程度」として最終的に選ばれた16曲。「ALL IN ONE」にも入っていたインディーズ時代の "Spider in The Brain" も "Perfume of Violence" も入ってます。「ALL IN ONE」に入ってなかった "PHANTOM NATION" や "DEAD MAN'S ROCK"、"Psychomania" 辺りはアンケートの力が効いてるんですかね(けど "DECOY" とか "NIGHT SONG" は入ってないのか。あ、特典DVDには "DECOY" のライヴが入ってるようですね)。

 今回一番の目玉は‥‥やはり "WIRE DANCER" の復活ですかね。これ、シングル「BLUE VICES」(今回のベストにも収録)のC/W曲としてアルバム未収録だったんですよ。勿論、現在シングルは廃盤なので、これまでは2枚組ライヴ盤「DEAD END」(現在は2枚別々のライヴ盤としてリリース。「〜LIVE ACT 2〜」に収録)でのライヴテイクでしか新参ファンは堪能できない1曲だったんで、これはちょっと嬉しいんじゃないですかね? まぁ‥‥未発表曲は難しい、か。メンバー4人の許可がなきゃいけないだろうしね(特にMORRIEは‥‥)。

 最近、ギターのYOUはひと昔前と比べてかなり積極的に音楽活動を行っていて、昨年は河村隆一のアルバムやツアーに参加してました。ドラムの湊は未だにいろんなところでセッションマンとして活躍してるようですし、以前はmachineや相川七瀬のバックでベースを弾いてたCRAZY COOL JOEは‥‥やはりポツポツとサポート業をやってるようですね。そしてMORRIE‥‥昨年、清春のソロアルバムにギターで参加してましたよね。最後にソロアルバムが出たのが1995年‥‥10年前です‥‥そろそろ‥‥ねっ?

 先日リリースされたL'Arc-en-Cielの新曲 "Killing Me" を初めて聴いた時、思い浮かべたのはやはりDEAD ENDでした。「もしあのままDEAD ENDが続いていたら‥‥」考えるだけ野暮ですが、やはりラルクの進化を目の当たりにしていると、どうしてもね‥‥

 さてと‥‥改めて姿勢を正して、この新ベストを聴いてみることにしますか‥‥



▼DEAD END「∞(INFINITY)」(amazon

投稿: 2005 02 03 12:30 午前 [DEAD END] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62417/2787483

この記事へのトラックバック一覧です: DEAD ENDというバンドを知ってますか?:

コメント

DEAD ENDは86年ごろ目黒の鹿鳴館でのGIGに2回ほど行きましたね。
当時のドラムはTANOでした。
幻のアルバム"DeadLine"を後輩に譲ってしまったことに今でも後悔しています。
インディーズ時代の荒々しさが好きでした。

投稿者: ko (2005/02/05 0:02:04)

私はリアルタイムでは知らないんですけど、
後追いで聴くようになって好きになりました。
確かになぜ今になってDEAD ENDなのか分かりませんが、
こうして貴重な音源が聴けるのは嬉しいですよね。

ちなみに、昔バイトしていたレンタル店に「Dead Line」があったので、
店長に許可をもらってレンタル落ちにして100円で売ってもらいました。

投稿者: ソニー豆 (2005/02/06 8:46:11)

レスが遅くなって大変申し訳ありませんでした。

>koさん
初めまして。
何だかいい時期にDEAD ENDを観てますねぇ。
俺なんてラストしか観てないですからねぇ(しかも当時は
あれがラストになるなんて思ってもみなかったけど)。
「DEAD LINE」は当時テープでしか持ってなくて、
その後近所のレンタル店で発見してMDに落として、
それをずっと楽しんでたんですよ。
2~3年前にヤフオクで意外と安く(5,000円以下)CDを
手に出来たんで、今はそれを聴いております。
歌詞を含め、あの時代特有の荒々しさってのは、あの作品で
しか味わえないものですよね。
このバンドはアルバム毎にスタイルが変化していく様が
格好良かったなぁ、と個人的には思っております。

>ソニー豆さん
ホント、何でこの時期なのかなぁと思ったら、
今年でインディーズで音源を出してから丁度20年らしいので、
恐らくそれも関係してるのかもしれませんね。
にしても当時の映像を含め貴重な音源等がこの時代に
目に/耳にできるのは、ファンとしても有り難いことです。
そういえばこのアルバムって、当時は結構レンタル店にも
置いてありましたよねぇ。少なくとも俺が住んでた地域の
近辺のレンタル店にはかなりの頻度で置いてありましたね。
今でも置いてる店とかあるのかなぁ‥‥

投稿者: とみぃ (2005/02/18 9:03:24)

コメントを書く