« Kickstart My Heart! (5) | トップページ | 「RADIO TMQ」#25、5日24時スタート! »

2005/03/04

GUNS N' ROSES『THE SPAGHETTI INCIDENT?』(1993)

 さて。唐突に新コーナーというか新コンテンツを始めてみようかと思います。

 思えばこのサイト(ブログ)、一般公開以前に完了してるコンテンツ(「洋楽100番勝負」)とかあるんだよね‥‥で、ラジオ絡み以外で純粋な連載ものコンテンツって皆無なのね。ずっと考えてはいたんだけど、なかなかいいアイデアがなくてね。

 ところが数日前。急にあることを思いついたんですよ‥‥いや、思いついたとかそういうレベルじゃなくて‥‥単純に、2005年も2ヶ月過ぎてようやく今年の抱負が決まったというか。既に旧正月も終ってるって話ですよ、ええ。けどね、フェスの発表とかいろいろあって、そして2月には俺の根っことなるようなアーティスト達‥‥マニックスだったり元GN'R組だったりが来日して、今年に入ってからジンジャーがいろいろやらかしたり、MOTLEYが復活して新曲だしたり、HANOI ROCKSが新作出して来日しようとしてたり、日本でもZIGGYを取り巻く周辺が慌ただしかったり‥‥ロケンロールが素敵なことになってるんですよ、ええ。

 というわけで‥‥今年2005年の抱負は今更ながら‥‥


「ロックンロールと無理心中」

に決まりましたので、ええ。冗談抜きで。ただ心中するんじゃなくて、ロケンロールを道連れに、無理心中してやりますよ! それくらいの覚悟で今年は大晦日まで突っ走るつもりです。奇しくも今年はロック生誕50周年らしいですからね、景気いいじゃないですか! いや、まぁ今年限定とは言わずに、このまま死ぬまで爆走し続けたいですけどね!

 ってことで、新コーナー。単純に『こんなロケンロールを道連れに無理心中したい』と思わせるロック名盤/隠れた名盤/珍盤等を紹介する、単純に俺のオナニーです(ま、こういうことを書いて、ネット上にアップすること自体がそもそもオナニー以外の何ものでもないわけですが)。で、オナニーついでに、道連れにする相手もオナニーしてるような奴にしようじゃないか‥‥ってことで、記念すべき第1回はガンズのパンク・カバー集「THE SPAGHETTI INCIDENT?」に決定したわけです(すっげー強引だな)。

 1993年末にリリースされた、GUNS N'ROSESの企画アルバム。既に「USE YOUR ILLUSION 1&2」('91年)制作時に録音されていたパンク・カバー曲を、後々シングルかミニアルバムとしてリリースしようとしてたらしく、レコーディング中アクセル・ローズはラーズ・ウルリッヒ(METALLICA)に「何かいいパンク曲ない?」って探りを入れてたんだって。ま、ラーズもラーズで「他人に薦めるくらいなら、自分らでやっちゃえ!」ってことで "So What" とかやっちゃってましたけど。

 そんなEP用に数曲レコーディングしてたものに、ダフ・マッケイガンがソロで録音したものと、新たにレコーディングした非パンク曲を追加してフルアルバムに仕上げてしまったのが、これ。'91年春から約2年以上に渡って続いた長期ワールドツアーも終了し、その打ち上げというか後夜祭的な1枚と呼べるかもしれません。だから全曲カバー。しかもパンクばかり。それも有名バンドの、地味な曲ばかり。

 1曲目の非パンク、THE SKYLINERSの "Since I Don't Have You" は別として、その後に続くTHE DAMNED、U.K.SUBS、NEWYORK DOLLS、IGGY & THE STOOGES、THE DEAD BOYS、T-REX(SOUNDGARDENとのメドレー)、NAZARETH、MISFITS、SEX PISTOLS、JOHNNY THUNDERS、FEAR‥‥メジャーとマイナーの差がスゴイよね。まぁちょっとしたパンク好きなら全部名前は知ってるだろうし、曲も比較的手に入りやすいものばかりなんで耳に馴染んだものばかりなはず。なのにT-REXやSEX PISTOLSの曲はメチャクチャ地味なマイナー曲ばし、NEWYORK DOLLSも1stの方じゃなくて2ndからってがミソ。この中で一番メジャーっていったらTHE DAMNED "New Rose" とIGGY & THE STOOGES "Raw Power" くらいなんじゃないかな‥‥って思ってるのは、俺だけ?

 既に'92年頃から演奏されてたMISFITS "Attitude"(ダフのボーカル)や、'90年の「ファーム・エイド」でも確か演奏されたU.K.SUBS "Down On The Farm" 等、ライヴで馴染みの曲もあるので、ファンなら思わずニヤリとしちゃうんじゃないかな。

 あとダフのボーカル曲が多いのがいいね("New Rose"、"Raw Power"、"Attitude"、"You Can't Put Your Arms Around A Memory")。お遊びっぽいし、何よりもダフのラフな下手上手ボーカルを聴いてるとそれだけでパンクっぽく聴こえてくるし。あとスラッシュも歌ってるんだよね、"Buick Makane" で、アクセルとデュエットって形で。それこそ先に書いたような「後夜祭的お遊び」感が強いし。

 あとさ、ほら。"Ain't It Fun" でアクセルとマイケル・モンロー(HANOI ROCKS)がデュエットしてるでしょ。原曲を歌うスティヴ・ベイターズは'80年代半ば、ニューヨークでマイケル・モンローとルームシェアしてたっていう繋がりもあるし、アクセルはHANOI ROCKSに憧れて、自身のレーベルからHANOIの旧譜を再発したり、マイケルの "Dead, Jail Or Rock'n'Roll" PVでは遊びに来たアクセルが飛び入りしたり‥‥そんな『いろいろな結びつき』を感じさせる、強烈な1曲なんだよね。とにかくカッコ良過ぎ。

 ま、現在のアクセルは、そんなマイケルを脅威に感じて同じステージに立つ事を拒んでるようですが(2001年のサマソニの件な)。

 とにかく。GN'Rの所謂黄金時代の終焉を飾ったのが、このお遊びアルバムだったことは間違いないでしょう。そして、お遊びだったからこそ、オリジナルアルバムにない『緩さ』が感じられたり‥‥「GN'R LIES」と同じだよね、方向性は違ってるけど。

 パンクロックの名曲/迷曲をオナニー的にカバーして、アルバムにまでしてしまって、挙げ句の果てにシークレットトラックにチャールズ・マンソンの曲までカバーしてしまうという無防備振り。というかバカっぷり。やはり地獄に道連れしたいよ、アクセル・ローズくん。



▼GUNS N'ROSES「THE SPAGHETTI INCIDENT?」(amazon

投稿: 2005 03 04 12:23 午前 [1993年の作品, Guns N' Roses] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62417/3162176

この記事へのトラックバック一覧です: GUNS N' ROSES『THE SPAGHETTI INCIDENT?』(1993):

コメント

コメントを書く