« 岡村靖幸『ビジネス』(2005) | トップページ | S2Hが帰って来るよ! »

2005/04/13

Berryz工房『1st 超ベリーズ』(2004)

 Berryz工房について考えることが非常に多いわけですよ。

 いや、すっげー難しいこととか考えてるわけじゃなく。かといって、納得いかない!とかいちゃもんつけたいわけでもなく。なんだろう‥‥ある意味ではハロプロのファン‥‥ヲタにとって、Berryz工房ってのは一種の「踏み絵」みたいな存在なんじゃないか‥‥なんて考えたこともあってね。それはどんなにメロディが親しみやすくて、非常に(ハロプロとしては)高品質なアレンジを施された、売る気マンマンな楽曲を目の前にして、けどそれを歌うのが小学生という現実を突きつけられる、みたいなね。それまでモーニング娘。に中学生がドンドン増えていくことにあーだこーだ言ってた人達からしたら、許し難い現実でしょうし、ただでさえいい年齢した「大の大人が((c)石川梨華)」中学生や高校生の集団(=ハロプロ)に熱を上げてる中に突如として現れたハロー!プロジェクト・キッズ、その中から誕生したBerryz工房。しかも今やモーニング娘。や松浦亜弥以上に作り手側が熱や力を入れているように感じられる、そんな親しみやすいポップなシングル曲を連発してくる‥‥中学生や高校生相手に「ロリコン」呼ばわりされてもおかしくないのに、今度は小学生‥‥ロリコンを通り越して「犯罪者」呼ばわりされてもおかしくない現実。ま、そりゃそうでしょう。

 でも‥‥

 悲しいかな、そんなポップな楽曲に耳を奪われてしまい、今日に至る俺。今のところ、Berryz工房のメンバー8人の判別もつかないし、メンバーの名前だって半分も言えないような状況なわけですが、音源がリリースされれば必ず購入してる。それが俺にとってのBerryz工房なわけ。

 俺が前のサイト(とみ宮)を辞めた時、残念ですみたいなメールを結構いただいたんですが、その中で最も「このアルバムのレビューが読みたかった」って声が多かったのが、実はBerryz工房の1stアルバム「1st 超ベリーズ」なんですね。

 そりゃね、書こうとは思ってたんですよ。けどね、タイミング悪かった。本当に。

 んで、このブログ始める前にも「まず最初に取り上げよう」とか考えていたんですが、開始から約4ヶ月、未だに取り上げていないという‥‥まぁ昨年末以降にリリースされた他のハロプロ系のアルバム群が非常に良作揃いで、それについて書いておきたかったから後回し、ってのがあってさ。んでいろいろ書いたんだけど。でも気づいたら、未だに書いてないという。

 正直な話をしちゃうと、やっぱりのめり込めないのね、アイドルとしては。単純に楽曲は好きなんですよ。「とみ宮」時代も1stシングル "あなたなしでは生きてゆけない" を俺なりにかなり絶賛したつもりだし、その後のシングル‥‥ "ファイティングポーズはダテじゃない!" を初めて聴いた時も「なんでこういう曲を松浦にあげないのよ!」とか複雑な気持ちになったし、全シングルの中では最もクオリティーが低いと思うけど、それでもポップでキャッチーで、気づいたら鼻歌唄ってしまう "ピリリと行こう!" とか、全部俺なりに非常に好意的に受け入れてるんですよ。そりゃ、この歌詞にこのこのメロディにこのアレンジにこの歌声じゃなきゃいけない、ってのは頭で判ってるんですよ。

 それでも『アイドル』として見ちゃうと‥‥全然惹かれないんですわ。

 じゃあ『音楽』として評価しようとすると‥‥う〜ん‥‥正直そこまで他のユニットよりも秀でてる部分があるとも思えないし。「ベリ工ならではの○○」みたいなのも特に感じられないし、現時点では。けどそれは単に俺がベリ工の魅力に気づいてないだけ、見逃してるだけかもしれない。「なんだよとみぃ、全然判ってないね!」って言われてもいいよ、今は。後になってその魅力に気づくかもしれないし、一生気づかないまま、「やっぱり俺的にはベリ工はアイドルとしての魅力は‥‥」って思い続けるかもしれない。今はこうだけど、将来はどうなるか判らないしね。そういう意味でのフラットさは常に持っていたいとは思ってます。

 んで‥‥実はこの1stアルバムも、非常に良いアルバムだとは思っていても、周りが言う程傑作だとは思ってなくて。その辺も今までこのアルバムについて書くことを躊躇してきた原因のひとつなのかな、とか思ったりもするんですが。って俺、躊躇してたのか? ‥‥いや、うん、確かに躊躇してたのかもしれない。それは世間が『モーニング娘。の「セカンドモーニング」やタンポポの「TANPOPO 1」、松浦亜弥の「ファーストKISS」にも匹敵する傑作』と騒げば騒ぐ程、俺の中でどんどんわだかまりみたいなのが大きくなって、その「そこまで傑作か?」という疑問を口にすることを躊躇してしまう‥‥そんな感じだったのかな、と。いや判んないけど。

 確かに1曲1曲は優れてるし、アルバムとしてもいろんなタイプの曲が揃ってて非常にバラエティ豊か。過去のハロプロ・ユニットのアルバムと比較しても、ここまで充実した1stアルバムは確かになかった(既出シングル曲の寄せ集めであるメロン記念日の1stアルバムは除く)。そこに付け加えられた "あなたなしでは生きてゆけない" のリミックスも、初期ハロプロのテーマ曲 "Hello!のテーマ" のカバーもかなり良い出来だと思う。でも‥‥何だろ、何かが物足りないんだよね。いや、悪い作品ではないし、むしろかなり良い出来ですよ。ここ1〜2年の間にリリースされたハロプロ系アルバムの中でもかなり上位に位置する作品集だと思ってますよ。でも‥‥

 多分ここまでくると、それって単に趣味の問題なのかもしれないね。俺がこのアルバムを買って、まず聴く前にブックレットのクレジットを見たのね。バックトラックを誰がアレンジし、誰が演奏に参加してるのか、とか。で‥‥全部打ち込みなんだよね。所謂「生音」‥‥バンドサウンドが一切ないわけ。そう‥‥ここなんじゃないかな、俺的に引っかかってる点って。他のハロプロ系アルバムで必ず1曲は入ってるその手の生音系が一切ない。そこがずっと引っかかってたんだと思うのね。

 いや、そこまで拘ってるわけでもないよ、バンドものに。バンドものじゃなくても、バンドもの以上に素晴らしい名曲は沢山あるわけだし。実際、ベリ工にはこういった打ち込みものが合ってるとは思うのね。作り手側も聴き手(本来聴いて欲しい層=低年齢層)を意識したアレンジにしてるとは思うし、と同時にある一定年齢以上の音楽ファンも惹き付けるような音作りをしてるんじゃないかとも思うのね。

 そう考えると‥‥やっぱり2ndなんじゃないかな、と。恐らくこの夏にはリリースされるであろう2ndアルバムにはそういったアレンジの曲も少なからず収録されると思うのね(実際、このアルバム以後のシングル収録曲には生音ものもあったしね)。実際、その後のシングル曲の充実振りを見れば、間違いなくこの1stよりも濃くて素晴らしい内容になるでしょうし。

 先日リリースされた最新シングル "スッペシャル ジェネレーション" で念願の初トップ10入り(7位)を果たし、早くも6月には新曲をリリース予定のBerryz工房。何やら大きめなタイアップが付くという噂もありますが‥‥となるとアルバムは7月頃か? 丁度前作から1年って感じかな。



▼Berryz工房『1st 超ベリーズ』(amazon

投稿: 2005 04 13 12:30 午前 [2004年の作品, Berryz工房, ハロー!プロジェクト] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62417/3678210

この記事へのトラックバック一覧です: Berryz工房『1st 超ベリーズ』(2004):

» ここんとこのハロプロ作品が良いのです from サヨナナ
 今年に入ってからの……いや、昨年末からのハロープロジェクト関連のアルバム作品がすこぶる良い。どれも予想を裏切る良作に仕上がっていて、ホントうれしい限りなんだよね。  昨年末ってのはモーニング娘。の『愛の第6感』ね。前作がイマイチだったので心配だったんだけど……...... 続きを読む

受信: 2005/04/14 21:17:39