« 「Musical Baton(ミュージカル・バトン)」 | トップページ | POISON『POISON'S GREATEST HITS 1986-1996』(1996) »

2005/06/14

THE MARS VOLTA『FRANCES THE MUTE』(2005)

 2005年前半は本当に面白い、且つ素晴らしい作品に恵まれた年だったと思います。特にこの4〜5月辺りのリリースラッシュはもの凄いものがあったし、そこで連発された作品の数々がホントに素晴らしかったもんだから、こちらとしても毎週リリースされる作品達と自分の財布の中身とのにらめっこの連続でしたよ。

 そんな名作ラッシュ、今年はこのアルバムのリリース辺りからスタートしたんじゃないでしょうか。少なくとも俺にとっては「今年最初の名盤決定」だったように思います、このアルバムとの出会いは。いや‥‥アルバム聴く前にライヴ観ちゃったから、余計にそう感じたのかもしれません。

 今や『元AT THE DRIVE-IN』なんて形容詞はいらないだろう、THE MARS VOLTAの2ndアルバム「FRANCES THE MUTE」。日本では本国アメリカより約1ヶ月も早くリリースされました。これは2月上旬に来日し「SONIC MANIA」に出演するため、こういう措置を取ったんでしょうね。ま、結果としてはそれが吉と出たように思いますが‥‥ネット上ではソニマニでの彼等の勇姿、及び単独公演を観た数少ない人達からの絶賛の嵐に、みんな心動かされたんじゃないでしょうか。かくいう俺も、アルバムを買ったその日に彼等のライヴをソニマニで初めて観て、噂以上に凄いことになってたもんで、本気で身震いしましたよ。1st「DE-LOUSED IN THE COMATORIUM」は俺的にも2003年を代表するアルバムの1枚と認識していたし、そのサウンドを聴けばライヴが如何に凄いかが想像に難しくなかったわけですが、まさかここまでとは‥‥もうね、ライヴ中ノるとかそういう身動きが全く取れず、約50分の間、微動だにできず、ただただステージ上のバンドを凝視するのみでしたもん。それくらい衝撃的だったんですよ、生のTHE MARS VOLTAは。

 今回のアルバムは前作以上に入り組んだ複雑な作りになっていて、例えばCD自体は5曲としかカウントされてないんですが、その総収録時間は約77分にも及ぶ異常事態になってます。内1曲、シングルカットされた "The Window" のみ5分ちょっとの小楽曲なんですが、それ以外の4曲のトータルが72分‥‥おかしい、明らかにおかしい! しかもラストの超大作 "Cassandra Geminni" に至っては32分半ですからね! こんなに長い曲をアルバムに入れちゃうのは、自分が思いつく限りではDREAM THEATERくらいしか思いつかないわけですよ、現役のバンドの中では。

 でさ、勿論それだけ長いと1曲の中では歌パートよりも楽器パートの比重が高くなってるんだけど、これもまた全然飽きさせない構成になっていて。非常に強弱/明暗を使い分けたアレンジで、その辺は1stよりも更に拍車が掛かってるように思います。なんというか‥‥アルバムという計算された場なんだけど、まるでスタジオライヴでも聴いてるかのようなインプロビゼーションの応酬‥‥実際のレコーディングではPro-Toolsを駆使してるようですけどね‥‥正に古き良き時代の「プログレッシヴ・ロック」といった印象です。勿論ただのプログレで終ってませんよ。そこにはいろんな要素がある。LED ZEPPELIN的な色だったり、サンタナ的な色だったり、'70年代末のパンク色だったり、'80年代のニューウェーブ色だったり、'90年代以降のオルタナ色だったり‥‥そういったロックの歴史全てを呑み込み、THE MARS VOLTAというフィルターを通すと‥‥こういう非常に判りやすいんだけど複雑なサウンドになるんだろうなぁ、と。

 何だろ‥‥とにかくカッコいいの一言なんだけど、それだけで終ってないのもまた事実でして。ホントのところ、彼等のサウンドなりライヴなりって、暴れたりして楽しむよりも、目を瞑ってじっくりと楽しむものなのかもしれないね‥‥いや、目を瞑っちゃだめだ、セドリックやオマーの鬼気迫るパフォーマンスを楽しめなくなるからね。ライヴじゃそれだけは止めておこう。

 とにかく。AT THE DRIVE-IN時代も歴史に残るんじゃなかろうか!?と思わせる名盤を作っておきながら、すぐに解散。そして新たに作ったTHE MARS VOLTAでは、これまでにリリースした2枚のアルバムどちらもが歴史的名盤だったりするんだから‥‥セドリックとオマー、本当に凄い奴なんだろうなぁ。SYSTEM OF A DOWNの例もあるけど、これからは純粋なアメリカ人には作り出せない、こういった特異なサウンドが時代を作り上げてくのかもしれないね。



▼THE MARS VOLTA『FRANCES THE MUTE』
(amazon:日本盤US盤

投稿: 2005 06 14 01:04 午前 [2005年の作品, Mars Volta, The] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62417/4546218

この記事へのトラックバック一覧です: THE MARS VOLTA『FRANCES THE MUTE』(2005):

コメント

コメントを書く