« 「AIN'T IT FUN」Vol.1、無事終了! | トップページ | 後藤真希『スッピンと涙。』(2005) »

2005/07/06

LOST IN TIME『蛍』(2005)

 LOST IN TIMEの曲を聴くと、いつも『青』を思い浮かべる。広大な空の『青』、果てしない海の『青』、夜明け前の、夜空と朝日が混ざり合った狭間の『青』、炎の中に見え隠れする『青』、デニムの『青』、青春の『青』、ブルーズ(Blues)の『青』‥‥物質的なものだけじゃなくてその状態や心境までもを表現する色、青。彼等の曲を聴くといつでもそんなような、日常のいろんな事柄を思い浮かべる。

 そしてLOST IN TIMEのアルバムやシングルの写真には、そういった『青』を基調としたものが多い。濃厚の差や使用の度合い・違いはあれど、必ずどこかしらに存在する色。だから彼等の音楽を聴くと必ず『青』という色を思い浮かべるのかもしれない。

 LOST IN TIMEという若いバンドも、確かに青臭さの残る、等身大の音を鳴らすバンドであり、そしてそんな彼等の奏でる音や発せられる言葉に人々は耳を奪われるだけでなく、その心まで奪われてしまう。人によっては彼等の言葉が合わない人もいるだろう。でも、少なからず‥‥何か引っかかる『言葉』があるんじゃないか。そんな言葉によって思い浮かべる『情景』があるんじゃないか。

 それが俺にとっての『青』なんだと思う。

 LOST IN TIME待望のニューシングル、「蛍」がリリースされた。幸いにも俺は先週末に行われた東京での単独公演(恵比寿リキッド。この日の感想については後日じっくり書く予定)にて先行で手に入れることができた。当日のライヴでもタイトル曲の "蛍" やカップリング曲の "はじまり" (この日のライヴの1曲目はこの曲だった)を聴くことができた。だからCDで聴いた時も、その時の光景やその瞬間に感じたことをすぐにでも思い出せた。同日夜、俺は自分主宰のDJイベントで買ったばかりのこのCDから "はじまり" をかけた。この曲を選んだ理由は単純に「これからイベントが始まる」という意味だけでなく、この曲の中にある「君との始まりを歌おう」という歌詞がライヴで最初に聴いた時にズシンと響いたから。『君』はこの俺でもあり、そしてイベントに参加してくれたスタッフ・DJのことであり、そして当日来場してくれたお客さん全員のことでもある。この曲をかけた時の俺の心境は、正にそんな感じだった。

 先にネットラジオで耳にしていた "シャボン玉" といい先の2曲といい、珠玉の名曲が揃ったシングルとなった「蛍」。やはり等身大で人間臭くて、そして『青』を感じさせる歌/詩/メロディ。ライヴを観て、更にこれらの曲が俺の心の奥の方にまで響いている。強さも弱さも、優しさも汚らしさも。そんなものを全部抱えて、人間はこの先も生きて行く。時にはそういったことを忘れたり、失ったり、隠したりすることもあるだろう。そういう時にこそ、俺はLOST IN TIMEの曲と向き合いたい。もし、この先彼等の曲が俺の中で響かなくなったら‥‥きっとその時は、そういったものをどこかに忘れてきてしまったんだろう。

 自分自身と向き合うこと、そしてLOST IN TIMEと向き合うこと。このシングルを聴いて、今後彼等の曲と向き合うことが自分の人生にとって必要不可欠な要素となってしまったことに気づいた。その予感はあったけど、先日のライヴとこのシングルが決定打となった。

 また大切なバンドがひとつできてしまった。

 ありがとう。



▼LOST IN TIME「蛍」(amazon

投稿: 2005 07 06 11:07 午後 [2005年の作品, LOST IN TIME] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62417/4858113

この記事へのトラックバック一覧です: LOST IN TIME『蛍』(2005):

» 奇跡は起きなくても ベガとアルタイルが会う 今夜は from ++黄昏メルトダウン++
最近は、ココとかココとかココを仕事の合間に見ているpingです、どうも。 6日のニキをUPしました。 今年上半期の音楽生活を振り返る質問、「2005年上半期 MUSIC LIFE!」に参加してくださって、有難うございます。こんな時に仕事がテンパリジョナサンなもので、お礼のコメントやらが追いつかない状況なのですが、いそいそと拝見しにお伺いしますので、その際は宜しくお願いします。 そうそう、01.の「メガネが似合うと思うミュージシャンを一人紹介してください。」は、「メガネを掛けてい... 続きを読む

受信: 2005/07/07 20:45:07

コメント

コメントを書く