« BUCKCHERRY『15』(2005) | トップページ | 「RADIO TMQ」#35、29日24時から放送! »

2005/10/28

AC/DC『STIFF UPPER LIP』(2000)

 昨日BUCKCHERRYを取り上げたせいか、その後急にAC/DCが聴きたくなって。特に古い作品じゃなくて、ここ最近‥‥'90年代以降のスタジオ作ばかり聴いてて。とはいっても1990年の「THE RAZOR'S EDGE」以降は1995年の「BALLBREAKER」と2000年の「STIFF UPPER LIP」の3枚しかリリースしてないんですけどね。5年に1枚の計算か‥‥そうこうしてるうちにみんなドンドン老いていくというのに‥‥

 2000年に「STIFF UPPER LIP」をリリースして以降、ツアーや単発のライヴは結構やってたんですよね。チャリティーだったり、ホールクラスでの限定ライヴだったり、ROLLING STONESのオープニングアクト(!!)だったり、と。んでその時のツアーにはそれこそ約20年振りの来日公演(2001年2月)も含まれていたわけですが。勿論俺も行きましたし、その時の模様はとみ宮にライヴレポ書きましたしね。自分の中でも生涯忘れられないライヴの1本となったあの日から、早くも5年近く経とうとしてます。アルバムリリースから数えれば、来年の3月で丸6年‥‥なのに一向に「新作完成!」の知らせが届かないのはどういうことなんでしょう?

 AC/DCはこの5年の間にそれまで所属した「Elecktra / eastwest」から新たに「Sony」へと移籍してます。過去のアルバムやビデオ(DVD)の大半が再発され、店頭で彼等の作品にお目にかかる機会は確かに増えたものの、それら全部持ってる身からすると‥‥う〜ん‥‥あ、「FAMILY JEWELS」DVDは良かったですけどね、うん。

 ま、そんなわけでこの「STIFF UPPER LIP」が現時点での最新作となるわけですが‥‥久し振りに聴いたけど、やっぱりいいね。いや、基本的に俺はAC/DC全作品肯定派だけどさ、それにしてもその前の「BALLBREAKER」はちょっと厳しかったから。悪い作品ではないんだけど、総じてミドルチューン中心、しかもユルいまま進むのがね、さすがにリピートする機会は少ないですね未だに。'90年代以降の作品は時代を象徴するようなプロデューサーを迎えて制作していたこともあって(「THE RAZOR'S EDGE」はBON JOVIやAEROSMITHでお馴染みブルース・フェアバーン、「BALLBREAKER」はかのリック・ルービン)まぁ悪くはないけどちょっと欲張り過ぎ?みたいな印象も受けたりしたんですが、昔馴染みのジョージ・ヤングがプロデュースしたこの「STIFF UPPER LIP」は適度な緊張感とユルさがバランスよく詰め込まれていて、非常に聴きやすいんですね。あと、作風的にも'70年代後期から'80年代の、所謂往年の時代を再現しようとしてる風にも受け取れるし。年齢的にはかなり厳しいはずのブライアン・ジョンソン(Vo)もかなり頑張ってるし、アンガス・ヤングのギターも相変わらず唸りまくってるし、復帰2作目となるフィル・ラッドのドラムも前作以上にタイトだし、ボトムを支えるクリフ・ウィリアムズ(Ba)とマルコム・ヤング(Gt)のコンビネーションも相変わらず気持ちいいし。要するに、いつも通りのAC/DC節がこのアルバムでも全開だ、と。ホントそれ以上の言葉は要らないですよね。

 多分‥‥来年前半にはリリースされるだろう新作も、きっとこの延長線上にあるはずだし、変わりようがないはずだし。最高にイカすリフとカミソリみたいなシャウト、タイトなリズム隊とザクザクしたリズムギター、そして唸りまくるギターソロ‥‥それさえあれば、AC/CDは安泰なのです。RAMONES亡き今、もはや『ワンパターンの良心』はAC/CDだけなのですよ。だからこそ、頑張って欲しいのです、新作が楽しみで楽しみで仕方ないのです。

 ま‥‥聴いたら聴いたで、「うわっ、また同じリフ使ってる!」とか「この曲、前にも聴いたことあるような‥‥」って呟きまくるんですけどね、恐らく。それでもオッケーなのがAC/DC。もはや国宝ですよ、ロックンロールの。



▼AC/DC「STIFF UPPER LIP」(amazon:日本盤US盤UK盤

投稿: 2005 10 28 09:24 午後 [2000年の作品, AC/DC] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62417/6708792

この記事へのトラックバック一覧です: AC/DC『STIFF UPPER LIP』(2000):

コメント

コメントを書く