« La'cryma Christi『Lhasa』(1998) | トップページ | RAMMSTEIN『REISE, REISE』(2005) »

2005/10/13

La'cryma Christi『ZEUS』(2005)

 昨日に引き続き、La'cryma Christiのお話を‥‥ってクドい? 仕方ないでしょ、気に入ってしまったんだからさ。

 さて、旧譜の話を続けてもつまらないので(いや、やってる俺は楽しいけど)、現役バンドである以上は最新アルバムについても語っておきましょう。ぶっちゃけ、あの「Break Out!」から羽ばたいていったバンドで現在においてもメジャーシーンで活躍してるのって、このバンドとPIERROTくらいじゃないでしょうかね(ま、PIERROTの方がもうちょっと後にデビューってことになるのかしら)。メンバーの一人、KOJI(ギター)がこの春に脱退し、不動の5人からシングルギターの4人組バンドになってしまったLa'cryma Christi。しかしそんなマイナス要素をも撥ね除けるようなもの凄いアルバムを作っちゃったわけですよ。

 通算6作目のオリジナル・フルアルバムとなるこの「ZEUS」という作品集。先行シングルとして "CANNONBALL""Hot Rod Circuit"(泣きのツインリードソロが痺れる!!)、"yesterdays" がリリースされていましたが(これらは全て5人時代に録音された楽曲)、それらを聴いて旧来のファンは驚いたようですね。だって、それまで持っていたメランコリックな要素を排除した、男臭い直球HM/HR路線なんですからね。俺も過去のシングル曲のイメージがあったもんだから、初めてこのアルバムを聴いた時は度肝を抜かれましたよ。だって‥‥これ、普通にジャパメタしてるんだもん! アルバムオープニングの "AWAKEN" 〜 "Lay down" の流れは凄く自然で、いつ曲が切り替わったのかが判らない程にカッコいいミドルハードナンバーによる組曲。その後はひたすら攻めまくりの楽曲が続くわけですが(何せボーカルのTAKAがシャウトやスクリームしてるんですよ!)、特に凄いのが後半の流れ。シングル "CANNONBALL" から疾走メタルチューン "Don't tell me lies" へと流れ、更にその流れのまま突っ走り、途中でスロウダウンしてギターで泣かせまくるインスト "DRONE" から更に突っ走る "SAME OLD SHIT!"、そして感動的なパワーバラード "yesterdays" で閉めるという‥‥とにかく過去のイメージで聴くと腰を抜かしそうになりますよ、これは!

 俺はインディーズ盤〜3rdまでしか音源としては聴いてないし、その後のシングル曲ってのも全然知らないんだけど(それ以降露出が極端に少なくなったからね)‥‥一体2000年から今年までの間に何があったんだ!?ってくらいに音楽的に成長というか進化してしまっていて、最初は戸惑ったんですよ。しかもいきなりこのアルバムから彼等に入っていったから。で、実際このアルバム前後からそういった変化が顕著に表れ始めたようで、ファンの皆さんも俺同様に戸惑った人が多かったみたいですね。ギタリストがひとりになることでやむを得ずこういった方向へとシフトチェンジしたとも取れるし、かと思えば「それまでのアルバムでのうっすらと表出していた要素が、単にこのタイミングで色濃く出ちゃっただけ」と取ることも出来る。実際、そのメロディセンスやアレンジ、演奏のテクニック等は間違いなくあのLa'cryma Christiのままですしね。でも、シングルの時点ではまだ5人だったわけだから‥‥結局、自分達のルーツに正直になっただけなのかもしれないですね。何となくそんな気がします、この捻りのない直球っぷりを聴いてると。

 ボーカルに癖(ひっくり返るような高音)があるんで人によって好き嫌いがハッキリするタイプだと思うんですが、演奏は兎に角激ウマですよね。それは初期の、それこそインディーズ盤の時点で判ってたことですが、特に今回はそれまでリミッターをかけていたのを外しました的暴れっぷりなもんで、逆にここまでやられちゃうと清々しいというか気持ちいい。しかも純粋にカッコいいハードロックやっちゃってるし。それまでがQUEENやYESといったメランコリックでシンフォニック且つプログレッシヴなハードロック路線だったものが、今回はLED ZEPPELINやジミ・ヘンドリクスといったストレートでグルーヴィーなHR、更にはパワーメタル的な疾走感すら加わっているんだから(ヴィジュアル系によくあるタイプの速い曲とは訳が違いますよ今回!)。でもある意味ではオープニングの2曲なんてQUEENぽくもあるんだけどね(「INNUENDO」辺りのね)。

 えーっ、過去のイメージに囚われ過ぎて聴かず嫌いしてるハードロック・ファンの皆さん、聴くなら今がチャンスですよ。このタイミングでゼウスを名乗ってしまうアルバムですからね、ヴィジュアル系で片付けてしまうには勿体なさすぎますよ!



▼La'cryma Christi「ZEUS」(amazon

投稿: 2005 10 13 12:23 午前 [2005年の作品, La'cryma Christi] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62417/6374407

この記事へのトラックバック一覧です: La'cryma Christi『ZEUS』(2005):

コメント

コメントを書く