« 「第4回ハロプロ楽曲大賞2005」とみぃの場合。 | トップページ | 11月24日、エリック・カーを偲んで。 »

2005/11/24

FEEDER@SHIBUYA-AX(11/8)

 実はFEEDERのライヴって何度も観る機会あったはずなのに、今回初めて観たんですよ。フジロックで2度程チャンスがあったはずなのに、何故かスルーしてて。いや、実は音源自体も1stをリアルタイムで聴いた後、全然耳にしてなくて‥‥クラブとかではシングル曲とか耳にしてるはずなのに、全然『入って』こなくて。それがたまたま、この秋にNHKで放送された「トップランナー」にベースのタカ・ヒロセがゲスト出演した回。この時のトークや、更にはFEEDERのスタジオライヴを観ていろいろ感銘を受け(とにかく最近の曲が良かった!)、慌てて最新作「PUSHING THE SENSES」を買ってきて‥‥土下座したくなったね。まさかこんなに良いアルバムだったなんて。ど真ん中だもん、俺自身の。どことなくMANICS辺りと同じ空気感を感じるなー、やっぱりメンバーを欠いてしまった後の作風ってこうなるのかな、とか勝手に思いこんでたら、どうやらソングライターのグラントはウェールズ出身なんだそうで。ロンドンのバンドだと思ってたから、すっげー意外だった(1stは輸入盤だったから解説も何もないし、全然知識なかったんだよね)。その後はもう、芋蔓式に他のアルバムを全部揃えていって‥‥大後悔しまくりですよ、何でもっと早くに彼等とちゃんと向き合ってこなかったのかな、って。いや、けどこのタイミングだからこそだったのかもね。過去のアルバムを聴いたら、実は知ってる曲が幾つかあって、それはそれでクラブとかで耳に入ってはいたのね、と改めて実感。やっぱりいい曲作るバンドは強い。

 そんなわけで、単独公演に勇んで行ってきました。イヤー素晴らしかった! なんつーか、新作のイメージからは程通り、非常にアグレッシヴな演奏でね。オープニングこそ新作での優雅な世界観を表現してたけど、その後は大ヒット曲の応酬で。終始上がりっぱなしですよ。聴かせる曲ではじっくり聴かせ、上げ上げの曲では勢いで突っ走る、そして初期のポスト・グランジ的ナンバーでは静と動を見事に使い分けたメリハリの利いた演奏で楽しませる。うあーっ、こんなに素晴らしいバンドだったのかよ、こいつら。ホント、ライヴ観てる間、恥ずかしくなってきたもん自分自身が。ゴメンナサイ、ゴメンナサイって謝りたい気持ちでいっぱいだったね。

 出来たてホヤホヤの新曲("Burn The Bridges" ってタイトルらしい)も披露、これもなかなかの出来で、早くも次のアルバムに期待しちゃったり。けどさ‥‥兎に角どの曲も良くて。暫く聴いてなかった1stの曲もね、"My Perfect Day" とか "Descend" とか、演奏がもの凄いことになってて。鳥肌立てまくってた。

 アンコールラストでは恐らく東京のみだろう客のステージ上げ("Just A Day" の時、タカさんが「セキュリティーには通してあるから、2〜30人上がっておいでよ」といって、結局50人くらい上がって、一緒に合唱してた。感動してか泣きながら歌う男の子の姿が印象的だったなぁ)もあり、まぁ賛否あるみたいだけど、あれはAXみたいな(今回の日本ツアーでは一番)デカいステージだからこそ成し得た「おまけ」というか。まぁテレビ用のサプライズ企画だよね(年末にBSだかCSのフジテレビで放送されるらしい)。俺も走ってステージに向かおうと思ったら、身体のデカイ男性陣に何故かブロックされ、結局上がれなかった‥‥嗚呼。

 とまぁ‥‥そういうサプライズもありつつ、終始笑顔で楽しませてもらいましたよ。ドラムのマークが以前SKUNK ANANSIEで観た時とは別モノのプレイをしてたのも興味深かったし(どうも機嫌が悪かったようですね、メンバーとのアイコンタクトもなく、ひたすら力任せに叩きまくってたし)、グラントの表現力にも目を見張るものがあったし。なんつーか‥‥またひとつ、大切なバンドに出会ってしまったような気がしましたね。

 悲劇を乗り越えたバンドは強いですよ。一見メソメソしてるようなイメージがあるものの、実はそれを乗り越えるだけの強靱な精神力を持ってるだけあって、ステージではもの凄いタフだったりするんだよね。もしかしたら、そういうところにも俺は惹かれたのかもね。勿論曲の良さもだけどさ。次来日したらまた観に行くし、今度はフジロックでも見逃さないよ。


   [SETLIST]
   01. Feeling A Moment
   02. shutter
   03. Come Back Around
   04. Insomnia
   05. Buck Rodgers
   06. Just The Way I'm Feeling
   07. Tender
   08. Pushing The Senses
   09. Bitter Glass
   10. Pilgrim Soul
   11. High
   12. Burn The Bridges(新曲 )
   13. My Perfect Day
   14. We Can't Rewind
   15. Waiting For Changes
   16. Descend
   17. Godzilla
   --ENCORE--
   18. Tumble And Fall
   19. Seven Days In The Sun
   20. Just A Day



▼FEEDER「PUSHING THE SENSES」(amazon:日本盤UK盤

投稿: 2005 11 24 12:30 午前 [2005年のライブ, Feeder] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62417/7254752

この記事へのトラックバック一覧です: FEEDER@SHIBUYA-AX(11/8):

コメント

コメントを書く