« QUEEN『A KIND OF MAGIC』(1986) | トップページ | HELLOWEEN『KEEPER OF THE SEVEN KEYS -THE LEGACY』(2005) »

2005/11/02

AEROSMITH『ROCKIN' THE JOINT』(2005)

 AEROSMITHの公式ライヴアルバムって実は3枚しか出てないんじゃないかな。個人的には「CLASSICS LIVE」って余り公式盤って認めたくないんだよね。実際1枚目の方はレコード会社が勝手に出したものだし(2枚目はメンバーが関わったそうだけど、あの音の悪さはどうしようもなく、公式盤とは認めたくないって気持ちが強くてさ)。となると‥‥'78年の「LIVE BOOTLEG」、'98年「A LITTLE SOUTH OF SANITY」に続く通算3作目の公式ライヴアルバムとなるのが今回の「ROCKIN' THE JOINT」だという認識で今後いきたいと思います(誰に対する表明だよ)。

 去年「YOU GOTTA MOVE」という、同年春のライヴを収めたライヴDVD(正確にはライヴドキュメンタリー+おまけライヴCD)が出た後だけに、「またライヴ盤関係?」という声も多いだろうけど、今回収録されているライヴは前々作「JUST PUSH PLAY」に伴うツアー時の音源。2001年末にラスベガスの小規模小屋で行われたスペシャルライヴの模様をCD1枚に収めたもの。「へっ、1枚ものなの!?」とリリース情報が発表された時、ファンなら誰もが疑問に思ったはず。当然ながら、エアロのライヴって2時間、下手したらそれ以上あるはずで、この日のライヴだって相当数の楽曲が演奏されたはず。しかし、アルバムに収録されているのは12曲。しかも1曲目はスティーヴン・タイラーのMCなので、実質11曲。今時11曲しか入ってないライヴアルバムなんて買う奴いるの!?ってくらいに懐疑的だったんだわ。日本盤には更に2曲のボーナストラックが収録されてるから、トータル13曲に繰り上がったけど、それでも‥‥6〜7曲は足りないよね?

 けど、このライヴ盤にはそれを補う「おまけ」が付いていて‥‥同日の模様を収めたライヴDVDが付いてるのですよ!(US盤はDUALDISC、日本盤は別添DVDとしてそれぞれ収録。但し日本盤のみ初回限定なのでご注意)おお、そっちがメインになるのか!!‥‥思ったのものの、実はこっちも「たった」4曲しか入ってないという、ホント「おまけ」以外の何ものでもないわけで(日本盤には更に2曲追加収録されて計6曲になってるけどさ)。一応CDに収録されなかった曲も入ってるから、ちょっと得した気分にはなるけど‥‥正直、こんなの聴いたって悶々とするだけだよファンは!

 実際に聴けば演奏のクオリティは高いし(特にジョー・ペリーとブラッド・ウィットフィールドのギターはハンパなく凄い!)、収録された曲も'70年代の曲が殆どで、ライヴアルバムには初収録となる "No More No More" とか "Seasons of Wither"、"Big Ten Inch Record"、更には8分以上にも渡る名カバー "Rattlesnake Shake" なんかも収録されてるので、それなりに聴き応えはあるのね。勿論ファン以外にもアピールする "Walk This Way" や "Draw The Line"、更には最大のヒット曲 "I Don't Want To Miss A Thing" のライヴ音源も入ってるので、これからエアロかじろうって人にもそれなりにアピールする、かも。

 '80年代〜'90年代前半の‥‥所謂「PERMANENT VACATION」「PUMP」「GET A GRIP」からの大ヒットシングル曲を完全排除し(ていうか正直聴き飽きたし。でも日本盤ボートラには唯一 "Livin' On The Edge" 収録)'70年代の、およそ代表曲とは呼べないようなマニアックな曲を多めに入れたのは評価に値するんだけど、やはり物足りない。当時の新作「JUST PUSH PLAY」の曲もたった2曲しか入ってないし(実際には "Jaded" や "Just Push Play" 等、もっとプレイしてるはず)‥‥正直何故この時期に、こんなにも中途半端な「コレクターズ・アイテム」を発表するのか、理解に苦しみます。

 が‥‥これって、結局はUSツアー用にリリースしたかったんだろうね。ご存じの通り、エアロは昨年7月の日本公演を最後に、長期間の活動休止に突入、何時まで休むとかそういったアナウンスが一切されてなかったんだよね。ところがこの春にジョー・ペリーが久し振りのソロアルバムをリリースした際に「もうすぐエアロとして動く」とコメントし、この秋から小規模ながらUSツアーをすると発表、その後新作のレコーディングに入ることが明らかになったわけで‥‥ただツアーするんじゃなくて、その「いいわけ」を作りたかったのかなぁ、と。バンドとしてではなく、レコード会社としてね(多分「出そう」って言い出したのはレコード会社の方でしょう)。そんな気がするよ。

 今度のツアー、ファンからの人気投票で「アルバム丸ごと、曲順通りにライヴで聴きたい作品」を集ったことから、古めのアルバムがライヴで完全再現される可能性がある‥‥だからこういう選曲('70年代の曲多め)なのかなぁ、と。単なる憶測ですけど。

 けどまぁ‥‥悪くないですよ。悪いわけがない、今のエアロが。第二次絶頂期、まだ続いてますからね。ホント、凄いバンドだよ。呆れるくらいに。



▼AEROSMITH『ROCKIN' THE JOINT』
(amazon:日本限定盤日本通常盤US盤DUALDISC


【AEROSMITH ディスクレビュー一覧】
『AEROSMITH』(1973)
『GET YOUR WINGS』(1974)
『NINE LIVES』(1997)
『JADED EP』(2001)
『JUST PUSH PLAY』(2001)
『HONKIN' ON BOBO』(2004)
『ROCKIN' THE JOINT』(2005)

【AEROSMITH ライブレポート一覧】
2002年2月2日@東京ドーム
2002年2月3日@東京ドーム

投稿: 2005 11 02 08:24 午後 [2005年の作品, Aerosmith] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62417/6860445

この記事へのトラックバック一覧です: AEROSMITH『ROCKIN' THE JOINT』(2005):

コメント

コメントを書く