« 「RADIO TMQ」#37 セットリスト | トップページ | MO'SOME TONEBENDER『Rockin' Luuula』(2005) »

2005/12/16

THE DARKNESS『ONE WAY TICKET TO HELL...AND BACK』(2005)

 今年2005年初頭、「MOK Radio」にちょいゲスト出演した際や年頭の「RADIO TMQ」で『2005年、期待するアーティストは?』との問いに、俺は真っ先にBON JOVIと答えたわけですが‥‥それじゃこのエントリーはここで終ってしまうので‥‥続いて名前を挙げたのが、今や英国を(いろんな意味で)代表するふたつのバンド、OASISTHE DARKNESSの名前を挙げました。共に本国のみならずアメリカで成功を収めた、ここ数年間では数少ないイギリスの『ロックバンド』ですし、そりゃ期待しますよね‥‥時期的に2005年には新作がリリースされることは判ってたし。

 OASISについてはこの際無視して(笑。彼等については12/23放送の「RADIO TMQ」にて改めて語りますのでお楽しみに!)、今回はTHE DARKNESSについて。

 彼等が最初登場した時、本国の人達でさえ「21世紀にこれかよ‥‥悪いジョークだな」って思ったであろうTHE DARKNESS。2003年当時に'70年代〜'80年代前半に流行ったハードロックを焼き直し、しかもボーカルはフレディ・マーキュリーばりの全身タイツ(キャットスーツ)をまとい、ファルセットを多用する。決してグッドルッキンなバンドじゃない、でも曲だけは最高にイカしててカッコ良かった。DEF LEPPARDやTHE WiLDHEARTSといったバンドが彼等を後押しし、気づいたらアルバムは本国で爆発的に売れまくり、それはすぐにアメリカにも飛び火し、余所者には厳しいあのアメリカで50万枚近いヒットを記録したのでした。勿論ここ日本でも初来日公演は即日完売し、2004年夏の「SUMMER SONIC」で再来日を果たすはずでしたが、直前にボーカルのジャスティン・ホーキンスの急病で来日中止。現在に至るまで再来日は果たされておりません。

 結局ニューアルバム制作に費やされたこの1年。ベーシストのメンバーチェンジがあったり、ジャスティンのソロ活動があったりしたものの、予定よりかなり遅れて何とか2005年中にリリースされた彼等の2ndアルバム「ONE WAY TICKET TO HELL...AND BACK」。予想してた以上の出来て、さすが待った甲斐があったなぁという作品に仕上がってます。

 基本的には1st「PERMISSION TO LAND」の延長線上にある作風であり、アルバムからの1stシングルである "One Way Ticket" を聴いても判る通り、前作を更に煮詰めたような濃い内容になってます。ただ、さすがに曲作りやレコーディング(更にはプロデューサー選び)に長い時間をかけたせいか、非常に考えて作られてるなぁといった印象がありますね。1stみたいな勢いで押す部分が幾分後退し、聴き手を引き込むようなメロディやアレンジを持った曲が増えてるように思います。ま、どのバンドにとってもヒットしたデビュー作の後の2ndアルバムというのはひとつの鬼門、慎重になる気持ちも判ります。実際、彼等もかなり苦悩したようですしね。

 でも、これはそんな生易しいアルバムではないですよ。特に後半に進むにつれて‥‥どんどんと濃くてドロドロした方向へと傾いていきます。勿論ポップでキャッチーなロックナンバー、メロウなバラードも用意されていますが、中盤‥‥ "Hazel Eyes" 以降からの流れは緊張感すら伴っています。決してコンセプトアルバムでもなければ組曲でもない。でも1曲1曲に関連性があるように聞こえてくるし、そう配置されてるように聞こえる。曲と曲との隙間が殆どない構成も功を奏してか、全てが繋がってひとつの方向へと突き進んでるように思える。2ndアルバムだからってわけじゃないですが‥‥最初アルバムを通して聴いた時、印象や作風は全く違うんだけど‥‥QUEENの2nd「QUEEN II」をふと思い浮かべました。QUEENにとってもあのアルバムはひとつの鬼門だったわけで、更に彼等のその後の個性を確立するために必要だった1枚なわけで。そういう意味では、この流れって非常に似てるよな‥‥と。そう思ったわけです。

 このアルバムは前作以上に万人に受け入れられるべき作品集だと思います。とにかく、中途半端なヒットはしないでしょうね‥‥思いっきりウケるか、全然ヒットしないか。そういう極端な印象を聴き手に与える、非常に優れた1枚だと思います。ホントいいアルバムであり、ホントいいバンドに成長したなぁ‥‥こういう音を待ってたんだよ、こういう『ブリティッシュロック』をね!



▼THE DARKNESS「ONE WAY TICKET TO HELL...AND BACK」(amazon:日本盤US盤

投稿: 2005 12 16 10:33 午後 [2005年の作品, Darkness, The] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62417/7654196

この記事へのトラックバック一覧です: THE DARKNESS『ONE WAY TICKET TO HELL...AND BACK』(2005):

コメント

コメントを書く