« MINISTRY『RIO GRANDE BLOOD』(2006) | トップページ | THE VIBRATORS 『PUNK : THE EARLY YEARS』(2006) »

2006/04/26

BACKYARD BABIES『PEOPLE LIKE PEOPLE LIKE PEOPLE LIKE US』(2006)

 BACKYARD BABIES、本領発揮といったところでしょうか? 多分ここ数年「あと一歩なんだよなぁ‥‥」と嘆いていた人、アメリカナイズされた(いや実際にはされてないんだけど)3rd「MAKING ENEMIES IS GOOD」や4th「STOCKHOLM SYNDROME」を駄作扱いしてた奴ら。みんなこの5thアルバムを聴いて、何を思うんだろうね。ま、せいぜい毒づけばいいんじゃないかな。

 スタジオアルバムとしては約2年半ぶり、間にライヴアルバム「LIVE LIVE IN PARIS」を出しているので、そんなに時間が経っているような気はしないですね。インターバル的には前作の時と同じなんですが。あと前作の時は「SONIC MANIA」で来日したり、その後単独公演でも来日してるから、余計そんな気がするのかも。ていうか、そんなことはどうでもいいですよ。

 ともかくこれは、2006年を代表する1枚に決定ですよ。ええ。

 かつてドレゲンが参加したTHE HELLACOPTERSでの盟友、ニッケ・アンダーソンが今回プロデュースを務めたこのアルバム。悪いわけがない。作風としては前作/前々作にあった音圧(装飾)を取っ払って、とにかく根っこにある「芯」が出るまですべてを削ぎ落としたかのようなロウ(生)なサウンドが印象的で、人によっては軽く聴こえてしまうかもしれないけど(実際、自分も最初聴いた時の印象が「軽いなぁ〜」だった)、何度も聴き込んでいると、これが必要不可欠なものなんだと理解できます。ていうか、これこそがBYBの持ち味じゃん、てね。

 あと、ニッケが絡んでるからってのも大きいんだろうけど、ここ数作のTHE HELLACOPTERSにも通ずる「枯れ」の要素が増えてる。枯れたとか書くとあまり良い印象がないかもしれないけど、実はその逆で、こういうのって自然に表出させること自体が難しいし、積み重ねて来たものが自然と出てるだけなんだよね。まぁBYB自体がすでに20年近く活動してるバンドなわけで、これまでの「テンパリ振り」とはひと味違った要素もここに来て引き出されてるかな、と。これは新しいプロデューサー=ニッケとの共同作業が大きく作用してるんでしょう。

 もうひたすら吹っ切れた感が強い楽曲。ド頭から突っ走り、中盤で聴かせる曲、先の「枯れた」感を存分に味あわせてくれるバラード、そしてAC/DCも真っ青なミドルチューン、さらに疾走、爆走、疾走‥‥みんな、こういうのを待ってたんじゃないの? 確かにここにあるサウンドは2nd「TOTAL 13」とは違う。ていうか、同じことに何の意味があるわけ? あれにこだわり続けてる心の狭い人(という言い方を敢えてさせてもらうね)を置いてけぼりにして、BYBは常に前進し続けてたわけでしょ。勿論、その方向性については人それぞれ感じ方だったり好みはあるだろうけど、少なくともこの5作目「PEOPLE LIKE PEOPLE LIKE PEOPLE LIKE US」(最高のタイトルだな!)はあの頃とは別の次元に到達しちゃってるし。どっちが上でどっちが下とか、そういう問題じゃなく、このアルバムは純粋にロックンロールアルバムとして優れてると思います。もうこれ以上、言葉は必要ないでしょ? あとは聴くだけ。聴けばいいよ。丁度日本盤も出たところだし。

 俺はこのアルバム、スウェーデン盤が入荷した4/17からひたすら聴き続けて、すでに10日近く経っちゃってるわけですが‥‥BYBのアルバムでここまで聴き込んだの、久し振りだよ。もちろん今までのアルバムも大好きだったけど、これはドンズバっていうか、自分の趣味に一番近いから。あー、あとは来日だけだね。これをライヴでどう再現するか‥‥ってこのままなんだろうね。多分一番ライヴに近いサウンドだと思う。だからこそ、すっごい楽しみなんだけど。


 
▼BACKYARD BABIES「PEOPLE LIKE PEOPLE LIKE PEOPLE LIKE US」(amazon:US盤EU盤日本盤

投稿: 2006 04 26 12:10 午前 [2006年の作品, Backyard Babies, LOUD PARK] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62417/9756251

この記事へのトラックバック一覧です: BACKYARD BABIES『PEOPLE LIKE PEOPLE LIKE PEOPLE LIKE US』(2006):

コメント

コメントを書く