« DIO『HOLY DIVER LIVE』(2006) | トップページ | BACKYARD BABIES『PEOPLE LIKE PEOPLE LIKE PEOPLE LIKE US』(2006) »

2006/04/25

MINISTRY『RIO GRANDE BLOOD』(2006)

 ポール・バーカーが抜け、完全にアル・ジュールゲンセンのワンマンプロジェクトとなったMINISTRY。約2年ぶり、ワンマン化から2作目となるこの「RIO GRANDE BLOOD」は、レーベルを「Sancuary」から「Megaforce」に移って初の作品となります。前作「HOUSES OF THE MOLE」が非常に攻撃的で、内容も反ブッシュ政権的なものだったこともあり、初期のファンからは「ここ数作のヘヴィ&ダーク路線よりはいいけど、ちょっとウルさい」なんて声も聞こえてきたほど、ド頭から攻めまくってました。あ、俺は嫌いじゃないですけどね(ただ、確かに前述のファンの気持ちも理解できるんだけどね)。

 んじゃこの新作はどうなってるのかというと‥‥前作を気に入ってるファンは、間違いなくこのアルバムも気に入ると思います。いや、もしかしたら前作以上に気に入るかもしれませんね。ジャケットもこれ、ブッシュですよね(苦笑)。そして、オープニング曲 "Rio Grande Blood" 冒頭での演説‥‥ブッシュ親子のことを相当嫌っているのは知っていましたが、ここまで引っ張るのはある意味尊敬に値しますわ。曲名とか見ても、そういう「怒り」を匂わせるタイトルが多いし。

 MINISTRYっていうと、やはり'90年前後から「PSALM 69」までが好きって人が多いかと思うんですよ。実は俺自身もそれに当てはまるわけで、特に2000年前後以降の作品ってあまり聴いてなかったんですよね。多分久しぶりに聴いたのが、ここ1~2作辺りからだったんですが‥‥確かにちょっと(いや相当か)変わってしまったとは思うけど、本質的な部分はあんまり変わってないのかなぁという気もして。ま、前作やこの新作辺りは、スラッシュギターと打ち込みドラムという「攻撃性」の部分に特化してる気はしますけど。バランス感がね‥‥よい意味で持ってたはずなんですよ、前述の頃は。ま、気づけばメンバーも減り、アルのワンマン体制ですからね。こうならざるを得ないのかな、とも思いますけど。

 あ、決してつまらないとか嫌いって言ってるわけじゃないですよ。むしろ自分の好みのサウンドだし、俺は気に入ってますよ。頭2曲の突っ走りっぷりはMINISTRY以外の何者でもないですしね。その後出てくるミドルヘヴィチューンもまた「らしい」曲ばかりだし。しかもただミドルのままで終わるんじゃなくて、途中でテンポアップする展開が入ったりで、結局は突っ走りっぱなし、みたいな。「PSALM 69」の攻撃的な部分が好きな人も、きっとこれなら気に入ってくれると思うんですけどね。

 今回、アメリカでも5/2にリリース予定のこのアルバムを真っ先に聴く機会を得て、こうやって紹介してるわけですが‥‥うん、楽しみにしていていいと思いますよ。なにやらこのアルバムのツアーでは、SLIPKNOTのジョーイ・ジョーディソンがドラムを担当するそうじゃないですか‥‥このアルバムにピッタリの人選だと思います。むしろSLIPKNOTのマスク&衣装を纏ったジョーイにバックを固めてもらって、アルにはフロントを陣取らせて。もうそれだけでさまになってるし。すっげー観たいなぁ、それ。どうやら日本にも9~10月頃には来てくれそうなので、ちょっと楽しみに待ちましょう。ポール・レイヴン(元KILLING JOKE)もツアーメンバーとして参加してるしね。



▼MINISTRY「RIO GRANDE BLOOD」(amazon:US盤UK盤

投稿: 2006 04 25 12:14 午前 [2006年の作品, Ministry] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62417/9754469

この記事へのトラックバック一覧です: MINISTRY『RIO GRANDE BLOOD』(2006):

コメント

コメントを書く