« 「RADIO TMQ」#52、29日24時から放送! | トップページ | 「RADIO TMQ」#52 セットリスト »

2006/09/30

EVANESCENCE『THE OPEN DOOR』(2006)

 1stアルバム「FALLEN」から3年半という時間が経ってしまったことにも驚きだけど、前作で大半の楽曲を手がけたベン・ムーディが脱退したにもかかわらずここまで前作からステップアップした作品を生み出せたのは、さすがだなぁと思います。そんなEVANESCENCE、現在はバンドという形を取っているようですが(いや、少なくともデビュー作の時点でもそういう触れ込みだったけど、現実的にはエイミーとベンの2人がメインだったよね)、今回も表ジャケットにはエイミーの姿のみ。これがバンドのコンセプトだと言ってしまえばそれまでですが、やはりエイミーさえいれば成り立つのが今のEVANESCENCEかな、という気が。

 ま、そんなことはどうでもいいんですよ……曲が良ければ。正直に書くと、最初先行シングルの "Call Me When You're Sober" を聴いたときは「あぁ、やっぱり前作は超えられないか。そりゃ曲書いた人間がいないし、前の焼き直し&水増しバージョンになってもしゃーないわな」と落胆したんです。悪くない、悪くないけど取り立てて素晴らしいとも言えない。そんな微妙な曲だなぁと。だけどアルバムを通して聴くまではその気持ちを押し殺して、とにかく全部聴いてみようと思ったわけ。

 で、ガーッと通して聴きました、アルバム。すでに何度となく聴き返してますが……いいんだよね、これ。個人的には前作よりも好き。前作はいわゆる「ゴシックなラウドロック」という枠に当てはめたかのような……まぁ産業ロック臭がプンプンしてて、人によってはまったく受け入れられなかったんじゃないかな。ところが今回はライブで聴くことができるようなヘヴィさが前面に押し出されて、それでいて全体としてのバランス感が優れている。いわゆる「トータルコンセプトのしっかりした」アルバムとして仕上がってるわけ。流れも良いし、とにかく聴き入ってしまうアルバムなんだよね。ただ、その分「これ!」という決めの1曲がないのも確か。"Bring Me To Life" や "Going Under"、"My Immortal" のような突出した出来の楽曲がね……"Call Me When You're Sober" は正直そこまでのナンバーだとは思わないし。だけどアルバムとしての出来は、前作以上の内容だと思うんだよね、不思議だね。

 彼ら(というか彼女)がこの2ndアルバムを「アルバム・オリエンテッド」に仕上げようとしたのかどうかはわからない。もしかしたらこれでも「全曲シングルとして切れる傑作」のつもりなのかもしれない。でも、残念ながら俺にとってはそういう作品ではなくて、アルバムでがっつり楽しむ作品集だなぁと。受け取り方は聴き手それぞれだから別にいいんだろうけどさ。俺は好きよ、想像してた以上の出来だったし。

 昨今、この手の「ゴスの要素が強いラウドロック」は腐るほどあるし、決してEVANESCENCEがその元祖ではないけど、やはりブレイクのきっかけをつくった先駆者としての意地を見せつけられた気がします。これはまたバカ売れするのかもね、アメリカで。だって前作以上に「アメリカの音」だもんね?



▼EVANESCENCE「THE OPEN DOOR」(amazon:US盤日本盤DVD付日本盤

投稿: 2006 09 30 12:10 午前 [2006年の作品, Evanescence] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62417/12086546

この記事へのトラックバック一覧です: EVANESCENCE『THE OPEN DOOR』(2006):

コメント

コメントを書く