« OCEANLANE@SHIBUYA-AX(2007.10.28) | トップページ | 気になる記事紹介 »

2007年10月30日 (火)

OCEANLANE『Castle In The Air』(2007)

不勉強ながら、ちゃんとアルバムを聴くのはこの作品が初めてです。もちろん存在は知っていたし、試聴とかもしたことありますよ。ただ、腰を据えてジックリ聴いてみようと思ったのはこれが初めて。仕事を離れて、普通に音楽ファンとして初めてちゃんと聴いてみたわけですが……いいね、これ(笑)。いや、冗談抜きで。多分彼らのファンには「何をいまさら……」って言われるだろうけどね。

実はシングルの「Walk Along」だけは前もって聴いていて、「お、なかなかいいじゃん」と感じてたわけです(それこそ、何をいまさらですよね?)。まぁ僕自身があまりエモとかあの手の路線を積極的に聴いてこなかった(海外のバンドは聴くようにしてたけど、日本のバンドにまで手が回らなかったというのが本音です)というのもあるし、やっぱり……もっとこう、エモコア寄りのバンドなのかな?という意識があったんですよ。いや、それ以前に聴いていた数曲にはそういう曲はなかったんだけどね。先入観って怖いね。

オール英語詞で、エモーショナルなメロディ&バンドサウンド。しかし、そんな中にも透き通るような透明感がつねに存在している。そこがとても日本人的というか、日本人ならではの個性だと思います。彼らは海外からも高く評価されているようですが、それもうなずける話だと思いました。海外のエモバンドとは確かにちょっと違うもの。日本人がいかにも好みそうな要素がタップリ詰め込まれていて、逆に海外の人からみればそれが特異なスタイルに映る。感じ方は違うのかもしれないけど、良いバンドには違いない……うん、本当に気持ちよいサウンドを持つバンドですね。

これを聴いたら、他の2枚も聴きたくなるわな普通は。昨日観たライブもかなり素晴らしかったし、これは個人的にかなりのお気に入りになりそうな予感です。



▼OCEANLANE「Castle In The Air」(amazon:日本盤

« OCEANLANE@SHIBUYA-AX(2007.10.28) | トップページ | 気になる記事紹介 »

2007年の作品」カテゴリの記事

OCEANLANE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OCEANLANE『Castle In The Air』(2007):

« OCEANLANE@SHIBUYA-AX(2007.10.28) | トップページ | 気になる記事紹介 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ