« THE CRIBS@LIQUIDROOM ebisu(2007.10.25) | トップページ | MEGADETH『UNITED ABOMINATIONS』(2007) »

2007/10/27

THE HIVES『THE BLACK AND WHITE ALBUM』(2007)

前作「TYRANNOSAURUS HIVES」から約3年ぶりに発表される、通算4枚目のオリジナル・フルアルバム。実は……正直な話をすれば、前作ってあまりピンとこなかったんだよね。なんだろう、彼らに対してガツンとくるガレージロックを期待しすぎていたのかなぁ。そういうこともあって、ミドルテンポの曲が増えて、聴かせる要素が増えた前作に違和感を覚えたのかもしれないね。

そんなこともあり、しばらく自分の中で忘れ去られていたTHE HIVES。このひさしぶりの新作を聴いてまず驚いたのは、これまでの作品の集大成的な内容に感じられたこと。疾走感あふれるガレージロックから、前作の延長線上にあるミドルテンポのナンバー、さらには渋いブルーズナンバーやディスコチューンまで(!)、新たな要素も加えつつもこれまでの活動を総括するようなパワフルな作品に仕上がっています。

曲の制作やレコーディングはいろいろな国やスタジオで行われ、プロデューサーも複数導入。しかもその中にはファレル・ウィリアムズまで! ソウルやファンク、モータウン・サウンドといったブラック・ミュージックからの影響がこれまで以上に濃厚に表れていて、これぞガレージロックと言わんばかりの説得力を持ったサウンドを鳴らしています。まさに、タイトルに偽りなしといったところでしょうか。1曲1曲は独立した魅力を放っていて、アルバム通して聴いたらバラつきあるかなぁと思ってたけど、意外とそんな印象も受けずすんなりと聴けちゃう1枚。これはもう、THE HIVESとしての個性が勝っちゃってるってことなんでしょうね。

あと、モータウンなどのソウルミュージックからの影響という意味では、RAMONESとの共通点も改めて感じました。ていうか、アルバム中の数曲でペレ(Vo)の歌い方や歌声がジョーイ・ラモーンっぽくて、ゾクゾクしましたもん。

このアルバムを聴いた後に前述の前作を聴くと、あら不思議。これまたすんなり聴けちゃうんですよ。すべてはバランスなのかもしれませんね……そういう意味じゃ、これから聴いてみようという人にうってつけのアルバムかもしれません(まぁそれ以前にコンピレーション盤「YOUR NEW FAVOURITE BAND」に手を出すのは必須ですけどね!)。



▼THE HIVES「THE BLACK AND WHITE ALBUM」(amazon:US盤日本盤

投稿: 2007 10 27 12:01 午前 [2007年の作品, Hives, The] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62417/16883486

この記事へのトラックバック一覧です: THE HIVES『THE BLACK AND WHITE ALBUM』(2007):

コメント

コメントを書く