« THE HIVES『THE BLACK AND WHITE ALBUM』(2007) | トップページ | OCEANLANE@SHIBUYA-AX(2007.10.28) »

2007/10/28

MEGADETH『UNITED ABOMINATIONS』(2007)

アルバム自体はリリースされてすぐに買ったんだけど、今でもしょっちゅう聴いてます。ここ数作の中では一番聴き込んでるアルバムですね。で、このアルバムを聴いた感想を以前mixi日記に書いていたので(だったらなぜこっちにアップしない!?という話ですが……)、それを若干修正してこちらに掲載したいと思います。今読み返しても、まったく同じ感想ですしね。

+ + + + + + + + + +

いろんなところで言われてるように、かなり過去の名盤と呼ばれるアルバムに並ぶ作風に仕上げられてますね。例えばオープニングの「Sleepwalker」なんて3rd「SO FAR, SO GOOD...SO WHAT!」の延長線上の作風といえるし、「Washington Is Next!」は「RUST IN PEACE」の頃を彷彿させる。その他のミドルテンポの曲なんかも「CRIPTIC WRITINGS」の頃みたいだし、名曲「A Tout Le Monde」をLACUNA COILのクリスティーナとデュエットバージョンでリメイクしてみたり。目新しさは皆無だけど、'90年代以降のファンの誰もが思い浮かべる『MEGADETH像』を忠実に再現したアルバムといった印象ですね。

'80年代からのファンって、恐らくデイヴ・ムステインのヒステリックなボーカルだったり、複雑な展開を持つスラッシュメタル・サウンドや鬼気迫る作風(悪く言えば完全にラリッて狂ってたようなイメージ)を、無い物ねだりとわかっていても求めちゃうと思うんですよ。俺も一時期はそうだったし。前作「THE SYSTEM HAS FAILED」は駄作とは言わないけど、デイヴのソロアルバムなのかなぁという印象が強かったしね(実際バンド形態ではなく、デイヴ+スタジオミュージシャンの形態で制作されたものだし)。そういう観点からすると、これは「まだまだでしょ?」な1枚かもしれない。でも、「CRIPTIC WRITINGS」の頃と比べればよっぽど健全だし、いい意味で「ロックしてる」作品だと思うんだけどなぁ。僕はMEGADETHというバンドには散々裏切られてきたという思いがあるので、去年の「LOUD PARK 06」で15年ぶりくらいにライブを観るまでは本当にいい印象がなかったんですよ。でも、そんな僕でも「Washington Is Next!」にはやられたし、「Sleepwalker」やその他の曲を純粋にかっこいいと思ったわけです。

多分、聴き手によって、MEGADETHに何を求めるかで評価が大きく変わる1枚だと思います。それは間違いないですね。

このアルバムを聴いてから、自分の中でスッポリ抜けてた「THE WORLD NEED A HERO」や「THE SYSTEM HAS FAILED」を聴き返すと……意外と「聴ける」んだですよね。そういう意味では、この新作はうまい落としどころを見つけさせてくれるアルバムなのかもしれません。

以下、全アルバム私的レビュー(2015年10月)に執筆したものから抜粋。

* * * * * * * * * *

ムステイン、グレン・ドローヴァー(G)、ショーン・ドローヴァー(Dr)、そして元White Lion、Black Label Societyのジェイムズ・ロメンゾ(B)という布陣で制作された、新生MEGADETHにとって真の復帰作。

このメンツで2006年10月に初開催された『LOUD PARK 06』にも出演し、その際には本作に収録される「Washington Is Next!」も披露しており、4thの曲調を彷彿とさせるこの新曲を会場で聴いて「新作は期待できる!」と確信したものだ。

作風的には前作のノリに近いが、過去の総括というよりはより限定された、2nd〜4thあたりの世界感を今の布陣、今の音で構築した印象が強い。6thアルバム収録の名バラード「A Tout le Monde」をリメイクし、Lacuna Coilの女性シンガー、クリスティーナ・スカビアとのデュエットで歌い上げた「A Tout le Monde (Set Me Free)」という異色作もあるが、全体的に硬派なイメージの強い本作を携えて、MEGADETHが再びシーンに舞い戻ったという強い印象を与えるに十分な1枚だと断言できる。



▼MEGADETH「UNITED ABOMINATIONS」
(amazon:>輸入盤CD国内盤CD

投稿: 2007 10 28 12:05 午前 [2007年の作品, Megadeth] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62417/16883805

この記事へのトラックバック一覧です: MEGADETH『UNITED ABOMINATIONS』(2007):

コメント

コメントを書く