« This One's For Rock'n'Roll 〜HANOI ROCKS解散に寄せて | トップページ | 聴くだけで泣ける曲 »

2009/07/16

続・「アンチノブナガ」ってどんなバンド?

さて、約4年半前に書いたこのエントリーが今でもGoogle検索で上から2番目(1番はHIGH and MIGHTY COLORのWiki)にくることに驚きを隠せないとみぃです。だってさ、オフィシャルサイトよりも上だからね……。

そうなんですよ。2009年に入ってアンチノブナガが活動再開したんですよ。冗談みたいなホントの話なんです。ご存じのとおり、ハイカラからボーカルのマーキーが寿退社し、つい最近新ボーカルHALCAが加入したんですが、そのボーカルが決まるまでの間(ってわけでもないのかな)残された男性陣5人=元アンチノブナガ組がついに“本当にやりたいこと”に再び着手した、と。いや、ハイカラもやりたいことだとは思うんですが(いろんな事情はあるだろうけど、それはこの際忘れます。その辺についてはまた別の機会に書きますが)、やっぱりこれなんでしょうね。

というわけで、彼らはこの春に都内でひさしぶりのライブを実施しました。その事実を知ったのは、ライブが終了した翌日でした。もっと早く言ってよ! 何をしてでも観に行ったのに。で、彼らはその会場で新曲の入ったデモ音源も販売したようで。実はですね、その音源の一部がaudioleafに公開されているんです。オフィシャルサイトでまもなくデモCDの通信販売も行われるようですが、まずはこの試聴音源を聴きながら話を進めましょうか。

「DECIDE」と題されたこのデモCDには、3曲の新曲が収録されています。まずはタイトルトラックですが、これがイントロからしてハイカラとは違う。IRON MAIDENかよっつーくらいにメロディアスなツインリードから始まって、いざ歌に入ると……キタキタキターッ!デス声ですよデス声。シャウトしまくり。なんというか、以前のコンピレーションアルバムに入っていたなんちゃってLINKIN PARKよりも整合感を増したというか、普通にカッコいい曲なんですよね、「DECIDE」。この5年近くの間に何があったんでしょうか……言うまでもないか(苦笑)。

続いて「INSTINCT」。リフだけだと普通のメロディアス系HMなんだけど、途中から加わるブラストビート、デス声、ハイカラで養ったラップ調ボーカル。コーラスパートでは普通に歌ってるし……これ、ハイカラでやってもいいじゃん。

そして3曲目「MY WAY」。一瞬METALLICAの「St.Anger」かと思いましたが、これも上記2曲と同じ流れにある曲かな。ここまで聴いてみて思ったのは……メロウなパートを女性Voに変えるとあら不思議、ハイカラに……なるような、ならないような。

ちょっとね、嬉しくなっちゃいましたよ僕は。「アンチノブナガ界隈の第一人者」と周りから呼ばれ(主に身内に)、その気になっていた人間からすると、今回の復活は盆と正月が同時に来たようなものなんです。ごめんなさい言いすぎました。盆だけにしておきます。とにかくそれくらいうれしかったんですね。

ハイカラが晩夏から本格的に再始動するから、またしばらくはアンチノブナガを観ることはできないのかもしれないけど、よくよく考えてみたらハイカラとアンチノブナガはある意味同じバンドであり、表裏一体の存在なのかもしれません。そういう意味では、新たなスタートを切るハイカラのほうも目が離せないというか……これがね、本当に目が離せないことになりそうなんです(それはまた別の機会に)。

オフィシャルサイトが出来上がったとき、「あーMySpaceでもやればいいのに、アンチノブナガ」と思っていたんですが、audioleafでこうやって新曲を試聴できるようになって、もっと世の中的にアンチノブナガの認知度が上がって、「MUSIC JAPAN」あたりに出る日が来る……ことはないのかもしれないけど。「LOUD PARK」に出ることもないと思いますが、彼らには地道に頑張ってほしいと心の底から祈っております。本気で。この4〜5年、大変な思いをしてきたんだしさ。

というわけで、今後も当ブログではアンチノブナガを積極的に応援していきたいと思います。

投稿: 2009 07 16 02:06 午前 [HIGH and MIGHTY COLOR] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62417/45646227

この記事へのトラックバック一覧です: 続・「アンチノブナガ」ってどんなバンド?:

コメント

コメントを書く