« 現在発売中の「TV Bros.」でメタル特集を執筆しました | トップページ | GUNS N' ROSESが大阪公演で3時間以上にわたる熱演を繰り広げたらしい »

2009年12月16日 (水)

「Double Titans Tour In Japan Vol.2 : brutal truth vs CONVERGE」@Shibuya O-EAST(2009/12/15)

年の瀬のめっちゃ忙しい時期ではありましたが、無理をしてでも行きたい組み合わせのライブだったので……いや、確実にCONVERGEのライブが観たかったので、気合いを入れて行ってきました。

いやいや……気合いを入れてというのも嘘だな。そこまで気合い入ってなかったかも。アルバム「AXE TO FALL」は今年のベスト10枚に入るくらい聴きまくってるけど、いざライブとなるとフラットな気持ちで。過剰な期待をしないでライブに臨みました。だって、会場に着いたの開演10分前とかだし、そこまでドキドキワクワク感も感じられないほどに切羽詰まってたから。

トップバッターはCONVERGE。いやぁこれが本当にすごい。アルバム以上というか……とにかく各メンバーのパフォーマンスの力量、演奏力、カリスマ性、すべてがすごい。1時間にも満たない短いライブだったけど、十分すぎたし、本当にお腹いっぱいになった。こんなライブひさしくなかったなぁと。


<SET LIST>
01. Plagues
02. No Heroes
03. Bare My Teeth
04. Reap What You Sow
05. Cutter
06. Worms Will Feed / Rats Will Feast
07. Axe To Fall
08. Eagles Become Vultures
09. The Broken Vow
10. Drop Out
11. Hope Street
12. Bitter And Then Some
13. Last Light
14. Dark Horse
15. Heartache
16. Hellbound
17. Concubine
-encore-
18. Wolverine Blues


続いて演奏したBRUAL TRUTHですが……完璧すぎるCONVERGEの後では分が悪すぎるというか、いろんな意味で粗が目立ってしまう。なんていうか、オールドスタイルすぎるというか。もともとカオティック・コアとか呼ばれてるCONVERGEと、元祖グラインド・コアBRUTAL TRUTHの食い合わせが良いのか悪いのかという問題もあるわけですが。確実に言えるのは、10数年前の自分はこのBRUTAL TRUTHのサウンドにしびれてたんだよな、と。あの当時はこれが最高にかっこよかったし、これ以上はないとさえ思ってた時期もあった。けど時は流れ、いろんなジャンルの音楽が登場し、いろんな音楽が融合されていった。CONVERGEのサウンドなんてハードコアやエモ、メタル、プログレ、とにかくいろんな要素がまざって完成したスタイルだと思うんです。つまり、CONVERGEにとってはBRUTAL TRUTHってルーツのひとつなわけ。そりゃ確実に不利ですよ。

最初は牧歌的だなぁと感じていたBRUTAL TRUTHですが、最終的には「これはこれで伝統芸能としてありなのかも」と思うようになり、ライブが終わる頃には半分笑いながら彼らのパフォーマンスを楽しみました。

それにしても、CONVERGEのあのステージの完璧さは何だったんだろう。ライブが終わった後、頭が悪いくらいに「最強!」とか叫んでたけど、本当にそういう表現しか浮かばないくらいに強烈なライブだった。しかも、大きいステージが似合うパフォーマンスというか。このバンド、まだまだ天井知らずなくらいにデカくなっていく気がするなぁ。

いやいや、年末に本当に強烈で最高なライブを観ることができて。いい年越しができそうです。



▼CONVERGE「AXE TO FALL」(amazon:日本盤US盤

投稿: 2009 12 16 02:34 午前 [2009年のライブ, Brutal Truth, Converge] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62417/47033654

この記事へのトラックバック一覧です: 「Double Titans Tour In Japan Vol.2 : brutal truth vs CONVERGE」@Shibuya O-EAST(2009/12/15):

コメント

コメントを書く