« ドレスコーズ『1』(2014) | トップページ | Nickelback『No Fixed Address』(2014) »

2014/12/12

Kix『Rock Your Face Off』(2014)

最近またKixとして活動してることは知っていたのですが、オリジナルアルバムとしては1995年の「$how Bu$ine$$」以来実に19年ぶりの新作という。その事実にも驚いたのですが、実際に聴いてみると音が何も変わってないことにも驚きました。まあ彼らの場合、劇的に変わられても困るわけですが。ぶっちゃけ、19年という時間の流れを感じさせない、いい意味で安心印の1枚です。

ただ、メンバーに関しては全員が黄金期のメンバーではなくて。メインソングライターだったベーシストのドニー・パーネルは再結成には参加しておらず、スティーヴ・ホワイト(Vo)がKix解散時に始めたバンド、Funny Moneyのマーク・シェンカーが加わっています。それ以外は代表作「Blow My Fuse」発売時のメンバーなので、問題ないのかもしれませんが(実際、プロデューサーも往年の彼らを支えたテイラー・ローズですし)。

実際、今作ではドニーに替わりマークがメインソングライターとして活躍しています。とはいえ、Kixの基本路線であるAC/DCライクな泥臭いロックンロールがズラリと並んでいるので、そこは心配ないわけですけどね。だけど、「Blow My Fuse」「Hot Wire」あたりに感じられた“ほんのちょっと洗練された印象”がなくなり、良くも悪くも開き直った感じが強いかなと。そういう意味では、よりAC/DC寄りなサウンド / 楽曲になったと思います。

なんて難癖付けましたけど、実際に聴くと“これぞKix”という、いかにもなロックンロール満載なので、最後まで何も考えずに楽しめますけどね。AC/DCが新作をリリースした今こそ、あわせて堪能したい1枚だと思います。日本盤は残念ながらリリースされてませんが、これを機に来日してほしいですね。



▼Kix「Rock Your Face Off」(amazon:輸入盤CD

投稿: 2014 12 12 03:17 午前 [2014年の作品, Kix] | 固定リンク