« 2015年4月のお仕事 | トップページ | ACCEPT『Objection Overruled』(1993) »

2015年5月 8日 (金)

Cheap Trickの私的ベスト10

最近思い出したかのようにCheap Trickを聴く日々が続いています(ただしYouTubeにて)。それで考えてみたんですけど、このバンドの場合オールタイムで個人的10曲を選んだらどうなるんだろうと……実際やってみたんですが、やはり10曲に絞ることは難しく、すでに70年代の時点で10曲を軽くオーバーしていました。

ということで、そこからオールタイムで20曲前後にまで厳選し、さらに絞り込まれた10曲をご紹介したいと思います。いやー、本当に難しかった!

1. He's A Whore

2. I Want You to Want Me

3. Surrender

4. Heaven Tonight

5. Dream Police

6. Just Got Back

7. I Can't Take It

8. Woke Up with a Monster

9. Anytime

10. Welcome to the World


以上ですが、結局似通った曲が並んでますね。そうでもないか。メジャーコードのバラードを意識的に外してしまったせいかも(が、「Woke Up with a Monster」「Anytime」に強いこだわりを出してみました。好きなんですよ、この時期のCheap Trick)。

ちなみに選外となったのは「The Ballad of T.V. Violence (I'm Not the Only Boy)」「Downed」「On Top of the World」「Voices」「Stop This Game」「If You Want My Love」「Never Had a Lot to Lose」「Can't Stop Fallin' Into Love」「You're All I Wanna Do」「Wrong All Along」「Perfect Stranger」「Sick Man of Europe」。多い。リアルタイムだと「The Flame」世代ですが、最初に聴いた曲は映画「トップガン」のサントラに収録されていた「Mighty Wings」でした。Cheap Trickっぽくはないけど、この曲も好きだなあ。

オリジナルアルバム1枚選ぶのは本当に難しいので、なんだかんだでよく聴くこのベスト盤を。1990年までのヒットシングルはほぼここで楽しめますので(個人的には「Magical Mystery Tour」のカバーがオススメ)。



▼Cheap Trick「The Greatest Hits」
(amazon:国内盤CD / MP3

投稿: 2015 05 08 04:35 午前 [Cheap Trick, 「私的ベスト10」] | 固定リンク