« MEGADETH『RISK』(1999) | トップページ | MEGADETH『THE WORLD HEED A HERO』(2001) »

2015/10/05

MEGADETH『CAPITOL PUNISHMENT: THE MEGADETH YEARS』(2000)

マーティ・フリードマン脱退後、アル・ピトレリが加入。しかし2ndから在籍していたCapitol Recordsから離れることになり、それまでの総括として発表されることとなった2000年発表の初ベストアルバム。

2nd『PEACE CELLS... BUT WHO'S BUYING?』(1986年)から最新作『RISK』(1999年)までのシングル曲/リード曲/MVが制作された楽曲から選ばれており、各アルバムから1〜3曲というバランス感。なぜか7th『CRYPTIC WRITINGS』(1997年)のみ3曲というのが謎の選曲だが、まあこんなもんだろうと。

本作の聴きどころはピトレリ加入後初の新曲「Kill The King」「Dread & The Fugitive Mind」が収められているところだろう。後者は続くオリジナルアルバム『The World Need A Hero』にも収録されることになるが、ここでしか聴けない(その後、2005年発売の新ベスト盤『GREATEST HITS: BACK TO THE START』にも再収録)前者も5th『COUNTDOWN TO EXTINCTION』(1992年)に入ってそうな普通の曲なので無理に手を出さなくてもいいかと。ちなみに輸入盤にはシークレットトラックとして「Capitol Punishment」という曲が入ってますが、なんてことはない、単なるメドレー曲。



▼MEGADETH『CAPITOL PUNISHMENT: THE MEGADETH YEARS』
(amazon:輸入盤CD

投稿: 2015 10 05 12:20 午前 [2000年の作品, Megadeth] | 固定リンク