« MEGADETH『ENDGAME』(2009) | トップページ | MEGADETH『SUPER COLLIDER』(2013) »

2015/10/07

MEGADETH『Th1rt3en』(2011)

さあ、いよいよ最終回です。今回はゼロ年代に発表した2作品(13th、14th)に加え、ムステインの課外活動として結成されたバンド・MD.45唯一のアルバム『The Craving』についても触れてみたいと思います。2年半ぶりのニューアルバムとなる15thアルバム『Dystopia』(ジャケットがHELLOWEENの新作みたい)は2016年1月発売。今週末に迫った「LOUD PARK 15」ではこのアルバムからの新曲もいち早く聴けるかもしれませんね。というわけで、最後の最後に新作に対する予想&期待も記しておきたいと思います。

エルフソン復帰後初のアルバムは、13枚目のアルバムということで『Th1rt3en(=Thirteen)』という安直なタイトル。さらに曲数もこれにちなんで13曲入りという、ここ最近のアルバムではかなり多いトータルランニング(60分近く)。

この中には既発曲のリメイク(「New World Order」「Black Sawn」「Millennium Of The Blind」)も含まれており、これによって内容が若干散漫になった気がしないでもない。何も今さらマーティ&ニック時代の曲を引っ張り出さなくても。とはいえ、冒頭3曲で連発されるスピードメタルチューンの並びは圧巻。全体的な雰囲気は前作『ENDGAME』の延長線上という印象。ここ数作はアルバムごとに若干違った作風にチャレンジするというよりは、前作をアップデートさせてMegadeth道を極める的なイメージがあるが、先のリメイク曲での水増しによりちょっと勿体無い印象の強いアルバムになってしまったかな。とはいえ、先のリメイク3曲も決して悪い曲ではないんだけど……。「Never Dead」みたいなガッツのある曲の後に聴き覚えのある「New World Order」が来ると、ちょっとだけ萎えるのも本音。全体的に「あと一歩」な1枚。



▼MEGADETH『Th1rt3en』
(amazon:国内盤CD / 輸入盤CD

投稿: 2015 10 07 12:00 午前 [2011年の作品, Megadeth] | 固定リンク