« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016/10/21

LADY GAGA『JOANNE』(2016)

派手で人工的。これが自分のレディ・ガガに対するイメージだった。決してネガティブな意味ではなく、ポップミュージックを第一線で届け続けるエンターティナーに対する賞賛であり、初めてライブを観たときもジーン・シモンズ言うところの「Larger Than Life」を地でいく表現者なんだと納得した。少なくとも2013年作『ARTPOP』までは。

トニー・ベネットとのコラボ作『CHEEK TO CHEEK』を挟んで発表された今作は、「ガガ、人間回帰。」のタタキ文よろしく非常に生々しさに満ちた作品集だ。人工甘味料を排除し果汁100%で勝負する、そんな心意気をモダンながらも音数が減ったサウンドと自叙伝的な歌詞から強く感じる。

今年30歳になった彼女にとって節目の1枚でタッグを組んだのがマーク・ロンソンというのも、この音を聴いて納得。方法論や向かう先は異なるかもしれないが、聴き終えた後の感触がどこか宇多田ヒカル『Fantôme』に似たものがあるのは偶然だろうか。好みの作品だけに、この「ありのまま感」が今のアメリカでどう評価されるのかを見守りたい。


※このレビューは同作リリース時に『TV BROS.』に掲載されものを一部修正して掲載しております。



▼LADY GAGA『JOANNE』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2016 10 21 12:00 午前 [2016年の作品, Lady Gaga] | 固定リンク

2016/10/14

TWO DOOR CINEMA CLUB『GAMESHOW』(2016)

「Kitsuné」から現レーベルへの移籍後、EPの発表はあったもののフルアルバムは『BEACON』から4年ぶり。前作は英米でも好成績を記録し、ここ日本でもサマソニや単独来日などで話題になったので当時聴きまくったが、そんなに時間が経っていたとは。そういえば今年のサマソニでたまたま彼らのステージを観た際に、思わず「懐かしい…‥」とつぶやいてしまったのも記憶に新しい。

そんな彼らの新作、過去2作のイメージを引き継ぎつつ、よりファンキーでグラマラスになった印象を受けた。どこかニューロマンティック的というか、80年代中盤のMTV世代にマイケル・ジャクソンやマドンナ、プリンス、ポール・マッカートニーが一世を風靡した、あの煌びやかな時代を踏襲しつつ、単なる焼き直しではなく現代的な感性で再構築した、どこか懐かしくて新しい音。ただキャッチーなだけではなく、そこかしこに毒を孕んだ中毒性の高いダンスポップ/ロックは、映画『シング・ストリート』を最近観た自分にはストレートに響くものばかり。アラフォー世代にこそ手に取ってほしい1枚かも。


※このレビューは同作リリース時に『TV BROS.』に掲載されものを一部修正して掲載しております。



▼TWO DOOR CINEMA CLUB『GAMESHOW』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2016 10 14 12:00 午前 [2016年の作品, Two Door Cinema Club] | 固定リンク

2016/10/03

2016年10月のお仕事

2016年10月に公開されたお仕事の、ほんの一例です。随時更新していきます。
(※10月31日更新)


[紙] 10月31日発売「BUBKA」2016年12月号にて、欅坂46小林由依×鈴本美愉インタビュー、守屋茜インタビューを担当・執筆しました。(Amazon

[WEB] 10月26日、Hi-STANDARD「ANOTHER STARTING LINE」特設サイトにてオフィシャルインタビューVol.1が公開されました。

[WEB] 10月25日、「楽天エンタメナビ」での連載「乃木坂46公認コラム『のぼり坂』」にて「桜井玲香&若月佑美W主演 舞台『嫌われ松子の一生』レポート」が公開されました。

[紙] 10月22日発売「BRODY」2016年12月号にて、欅坂46「21人の革命ドキュメント」にてメンバーインタビューなど取材協力いたしました。(Amazon

[WEB] 10月20日、「リアルサウンド」にて公開された欅坂46のコラム「欅坂46は“全員フロント経験者”型グループへ? 3rdシングル選抜メンバーに寄せる期待」にコメントを提供しました。

[紙] 10月19日発売「TV Bros.」2016年10月22日号にて、TWO DOOR CINEMAS「GAMESHOW」の大枠レビューを担当・執筆しました。(Amazon

[WEB] 10月18日、「Red Bull Japan」オフィシャルサイトにて「Red Bull Live on the Road 2016 FINAL STAGE」レポートが公開されました。

[WEB] 10月18日、「Qetic」にて「Red Bull Live on the Road 2016 FINAL STAGE」のレポート「優勝決定!日本最大級のロックコンテスト、今年のバンド300組の頂点に立ったのは…!?」が公開されました。

[WEB] 10月16日、「リアルサウンド」にてGREEN DAYに関するインタビュー「グリーン・デイは日本でどう地位を築いた? 元名物A&R井本氏が明かすバンドの軌跡と現在地」が公開されました。

[WEB] 10月15日、「リアルサウンド」にてMIYAVIのライブ評「MIYAVIのフィーチャリスティックな世界 “NEW BEAT, NEW FUTURE”ツアーファイナルを観た」が公開されました。

[WEB] 10月12日、「NIKKEI STYLE」にて「秋元康が明かす 欅坂46と乃木坂46が向かう先」(「日経エンタテインメント!」2016年10月号掲載分)が公開されました。

[WEB] 10月8日、「リアルサウンド」にてCRAZY N' SANEのコラム「ラウドロックシーンの新星、CRAZY N' SANEとは何者? 『KNOTFEST』出演にかかる期待」が公開されました。

[WEB] 10月8日、「リアルサウンド」にてHi-STANDARDのコラム「Hi-STANDARD、突如リリースの新作はどう広まった? “フラゲ日”以降の盛り上がりを追う」が公開されました。

[紙] 10月5日発売「TV Bros.」2016年10月8日号にて、ドレスコーズ志磨遼平×奥浩哉対談、BON IVER「22, A Million」の大枠レビューを担当・執筆しました。(Amazon

[紙] 10月4日発売「日経エンタテインメント!」2016年11月号にて、乃木坂46白石麻衣インタビューを担当・執筆しました。(Amazon

[WEB] 10月3日、「NIKKEI STYLE」にて「KinKi Kids いつ聴いても古びない楽曲の秘密」(「日経エンタテインメント!」2016年10月号掲載分)が公開されました。

[WEB] 10月3日、「リアルサウンド」にて公開されたLittle Glee Monsterのライブ評「Little Glee Monsterはホールツアーを経てどのように成長した? 武道館に向けた課題と期待」にコメントを提供しました。

[紙] 10月3日発売「別冊カドカワ 総力特集 乃木坂46 vol.3」にて、西野七瀬インタビュー、伊藤万理華インタビュー、樋口日奈インタビュー、鈴木絢音インタビュー、衛藤美彩&渡辺みり愛対談、中田花奈連載企画、プレイリスト企画(井上小百合、星野みなみ)を担当しました。(Amazon

投稿: 2016 10 03 07:38 午前 [「仕事紹介」] | 固定リンク